安永正道 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】地下構造物の施工に用いる仮設杭(中間杭や桟橋杭など)について、埋戻し後の仮設杭上側部分の撤去が容易な、地下構造物の施工方法を提供する。【解決手段】仮設杭2は、下側鋼材21と上側鋼材22とに分割されていて、下側鋼材21の上端部に設けた嵌合受け部(エンドプレート25、ずれ止め鋼材26)に上側鋼材22の下端部を嵌合させた上で、下側鋼材21と上側鋼材22とを添接板23...

    地下構造物の施工方法

  2. 【課題】覆工板や桟橋杭、中間柱を必要としない地下構造物の施工方法を提供する。【解決手段】施工領域を囲むように地中に山留壁1を構築する。そして、前記山留壁1内の施工領域を平面視で並列な3つの領域に分け、1領域ずつ順番に施工(掘削及び躯体構築)する。例えば、先ず第1領域A1を床付面まで掘削し、当該領域A1の躯体を構築する。次に第2領域A2を床付面まで掘削し、当該領域A2の...

    地下構造物の施工方法

  3. 【課題】地中に打設された基礎杭の杭頭部補強構造のより合理的な構築方法を提供する。【解決手段】地中に打設された基礎杭2と、基礎杭2の杭頭部の上方に構築される基礎構造体(例えば基礎スラブ4)とを連結し、かつ、基礎杭2の杭頭部を補強する杭頭部補強構造3を構築する方法は、基礎杭2の杭頭部を露出させるように地盤Gを掘削することで地盤Gに掘削凹部20を形成する掘削凹部形成工程(S...

    杭頭部補強構造の構築方法、及び、型枠

  4. 【課題】 貯油タンク100を囲むように設けられ、平面視で直線部と角部とを有する鉄筋コンクリート造の防油堤1の構築方法を提供する。【解決手段】 断面が逆T字状又はL字状のプレキャストコンクリートピース(PCaピース)10を、間隔をあけて配列し、PCaピース10、10間に場所打ちコンクリート50を打設する。ここにおいて、直線部同士のPCaピース10、10間は、場所打ち...

    防油堤の構築方法、及び、防油堤構造

  5. 【課題】周辺地下水位より深い位置に地下躯体(基礎スラブ)を構築する場合に、ウェルポイントを上手に利用して、地下水位を低下させつつ、掘削、及び、コンクリート造の躯体構築を行うことができる、地下躯体の施工方法を提供する。【解決手段】施工領域(躯体構築のための掘削予定領域)内に、複数のウェルポイント10をそれぞれのライザー管11と共に平面視で格子点状に配置して、複数の並列な...

    地下躯体の施工方法

  6. 【課題】 防液堤などのPC造の壁体を合理的に構築する。【解決手段】 前記壁体の内側の表面をなすように、横方向及び縦方向鉄筋を内包するプレキャストコンクリート製の内側パネルピース11を設置する。内側パネルピース11のコンクリート打設空間側に、接合治具14に支持させて、横方向及び縦方向シース管13X、13Yを設置する。前記壁体の外側の表面をなすように、横方向及び縦方向...

    壁体の構築方法

  7. 【課題】 地中連続壁の合理的な構築方法を提供する。【解決手段】 バケット式掘削機を用い、3ガット分の先行エレメント用の溝11を掘削する(工程A〜C)。このとき、バケット式掘削機により掘削された平面視で両端に外側に凸の湾曲部を有する溝を、その両端の湾曲部の角部を削り落として、平面視で矩形状の溝に整形する(工程B)。整形された先行エレメント用の溝11にコンクリートを打...

    地中連続壁の構築方法

  8. 【課題】コンクリートが流れる配管の閉塞の発生を抑制する。【解決手段】コンクリートの打設方法は、コンクリートが流れる配管20内にピグ35を挿入すること、配管20内を流れるコンクリートによってピグ35を配管20内にて移動させること、及び、配管20に設けられたピグ移動停止手段40(例えば蓋体41)によりピグ35の配管20内での移動を停止することを含む。ピグ移動停止手段40(...

    コンクリートの打設方法

  9. 【課題】地下水位が掘削予定深度より低い場合に、効率的かつ安価な山留構造を提供する。【解決手段】親杭3は、地盤の地山側と掘削側とを仕切るように所定の間隔で、複数配置される。通常の木製あるいは鋼製の横矢板に代えて、土木シート、帆布、炭素繊維クロスなどの布材4を用いる。布材4は、隣り合う親杭3、3間に帯状に張り渡され、親杭3の掘削側の面に布材固定具20により固定される。布材...

    山留構造、及び、山留構築方法

  10. 【課題】地下調節池において地下水対策を施す。【解決手段】地下調節池1は、例えば河川2からの水を貯留可能な内部空間10bを有する地下躯体10と、地下躯体10内の水を地下躯体10の外部に排出する排水設備20と、地下躯体10の内外を貫通するように地下躯体10に設けられて、地下躯体10の周囲の地下水を地下躯体10内に導く地下水導入管(ドレーン管27)と、地下水導入管に流入する...

    地下調節池

  11. 【課題】 ソイルモルタル山留壁内の芯材の上部を施工後に安全に撤去する。【解決手段】 山留壁用の芯材は、下側芯材11と、下側芯材11の上端部に隙間Cを空けて下端部を相対させた上側芯材12と、下側芯材11と上側芯材12とに跨がる形で配置される添接板13と、添接板13の下部と下側芯材11とを固定する第1の固定手段(15、16)と、添接板13の上部と上側芯材12とを固定す...

    山留壁用の芯材、及び、上側芯材の撤去方法

  12. 【課題】 ソイルモルタルが充填された山留壁用の溝1内への芯材3の挿入を容易とする。【解決手段】 芯材3は、H形鋼からなり、その先端部は、フランジ11、12が無く、ウェブ13のみで構成される。そして、フランジが無い先端部のウェブ13の側部両端面13a、13bは、それぞれ、先方に向かって内方に傾斜している。従って、先端部のウェブ13は、先細りとなるようにウェブ幅が狭め...

    山留壁用の芯材、及び、その設置方法