安井基泰 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】フィルムに破れがなく耐熱性、層間接着強度に優れる多層離型フィルムの提供。【解決手段】離型層(X)、中間層(Y)、耐熱層(Z)の少なくとも三層を有する多層フィルムであって、離型層(X)が、極限粘度、融点、密度等の所定要件を満たす4−メチル−1−ペンテン(共)重合体(A)及び極限粘度、融点、分子量分布、密度等の所定要件を満たす4−メチル−1−ペンテン共重合体(B)...

  2. 【解決手段】カルボジイミド基と反応する基を有するポリオレフィン(a)とカルボジイミド基含有化合物(b)との反応物であるカルボジイミド変性ポリオレフィン(A)、プロピレン系樹脂(B)、エチレン系樹脂(C)、ならびに4−メチル−1−ペンテンに由来する構造単位60モル%以上99モル%以下、および4−メチル−1−ペンテン以外の炭素数2以上20以下のα−オレフィンに由来する構造...

  3. 【課題】被着体に対し適度な粘着強度を示し、高温下でも、被着体からの浮きや剥離が起こりにくい積層フィルムであり、該積層フィルムを被着体から剥離する際には、容易に剥離でき、かつ、被着体への粘着層残りが起こりにくく、さらに、高温下でも、被着体との積層体の反りを抑制できる積層フィルムを提供すること。【解決手段】基材層(A)と粘着層(X)とを含む積層フィルムであって、該積層フィ...

  4. 【解決手段】プロピレン系重合体(A)、エチレン系重合体(B)、および4−メチル−1−ペンテンに由来する構成単位を60モル%以上99モル%以下、及び4−メチル−1−ペンテン以外の炭素数2以上20以下のα−オレフィンに由来する構成単位を1モル%以上40モル%以下有し、前記4−メチル−1−ペンテンに由来する構成単位と、前記4−メチル−1−ペンテン以外の炭素数2以上20以下の...

  5. 【課題・解決手段】外部刺激付与システムを、ユーザの体における対象部位に外部刺激を付与する外部刺激部と、ユーザの動作中、ユーザの体における被検出部位の変化を検出する検出部と、検出部が検出した検出値が、所定条件を満たす場合に外部刺激部において刺激を発生させる制御部と、検出値を記憶する記憶部と、を備えるように構成する。

    振動刺激付与システム、振動刺激条件決定システム、振動刺激条件決定支援サーバ、およびデータ構造