宇野博 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~20件を表示(22件中) 1/2ページ目

  1. 技術 試験装置

    【課題】非線形ひずみを取り除いて、試験の信頼性を向上させる。【解決手段】関数発生器1からの試料に印加する加速度に対応する波形信号Eiは、積分手段2により2回積分されて変位次元の信号に変換され、試験機部10の伝達関数と逆特性の伝達関数を有するフィルタ部3を介して減算器5に入力される。関数発生器1からの入力と試料の加速度を検出する加速度センサ20の出力との差である誤差信号...

    試験装置

  2. 【課 題】荷重または歪み一定の部分を有する挿入サイクルを、定常サイクルに挿入することができる材料試験装置における制御方法及び材料試験装置を提供することを目的とする。【解決手段】荷重負荷装置(13)で材料試験片(14)に引張荷重と圧縮荷重とを交互に繰り返し加えている。そして、材料試験片に加わる荷重(S)を弾性係数(Kd)で割って推定弾性歪量を求め、この推定弾性歪量を材...

    材料試験装置における制御方法及び材料試験装置

  3. 【課 題】通信復帰の際に通信復帰前の材料試験を極力続行することできるとともに、通信異常の際に極力自動的に復帰することができる材料試験装置における通信復帰方法および材料試験装置を提供することを目的とする。【解決手段】ホストコンピュータ(1)は、リセット時にコントローラ(2)の稼働状態記憶部(25)の内容を読みに行き、稼働状態記憶部の内容が自動運転以外の際には、コントロ...

    材料試験装置における通信復帰方法および材料試験装置

  4. 【課 題】より正確な目標変位を試験体に与えることができるスード試験方法およびスード試験装置を提供する。【解決手段】応答解析演算手段(42)が算出した応答解析時目標変位(Dn+1)と前回の応答解析時目標変位との差を差分(ΔD)として算出し、この差分の大きさが、設定されている最小値(ΔDmin )よりも小さいときには、アクチュエータ(13)の目標変位(Dm)を変更せず、...

    スード試験方法およびスード試験装置

  5. 【課題】サーボ弁に供給された圧油が所定の油圧に達しても主アクチュエータに差圧を生じないようにすることができる材料試験装置の起動方法を提供する。【解決手段】本発明の材料試験装置の起動方法は、案内弁20の主スプール22の変位を電圧値として求めるとともに、サーボ弁30に圧油を供給してこの圧油が所定の圧力に達っするまでに主アクチュエータ10の一対のポート間に差圧が生じないよう...

    材料試験装置の起動方法および材料試験装置

  6. 【課 題】周囲圧目標値をサンプリング時間間隔毎に生成しても、周囲圧用アクチュエータを滑らかに駆動させることができる材料試験装置における制御方法および材料試験装置を提供する。【解決手段】チャンバー(2)内に収納されている材料試験片(1)に圧縮用アクチュエータ(9)で圧縮荷重(F)を加えている。そして、材料試験片に加わる荷重を荷重センサ(12)で検出し、荷重信号(Fn)...

    材料試験装置における制御方法および材料試験装置

  7. 【課 題】繰り返し荷重の材料試験において、極力狙った位置でポーズさせることができる材料試験装置における制御方法および材料試験装置を提供する。【解決手段】目標負荷信号発生手段(2)が、増減を繰り返している目標負荷信号(Ei)を荷重負荷装置(13)に出力し、この荷重負荷装置が材料試験片(14)に負荷を加え、この負荷をセンサ(21,41)で検出し、このセンサからの検出信号...

    材料試験装置における制御方法および材料試験装置

  8. 技術 試験装置

    【課題】加速度振幅一定掃引試験を高精度で行う。【解決手段】関数発生器1からの振幅一定で周波数が掃引される信号Eiは、AGC部2に入力され、目標振幅指定信号と試料に印加される加速度を検出する加速度センサ20で検出した加速度測定信号の振幅との偏差信号に応じてその振幅が制御される。AGC部2の出力は、積分処理部5で積分処理を2回施され、変位の次元の信号として、変位信号をフィ...

    試験装置

  9. 【課 題】材料試験片に荷重を加えて各種材料試験を行うことができるとともに、各材料試験に対応したプログラムの管理が容易な材料試験装置を提供する。【解決手段】材料試験装置は、材料試験片(14)に荷重を加える荷重負荷装置(13)と、荷重負荷装置を制御する制御部(1)と、プログラム格納部を具備する記憶部(23)とを備え、プログラム格納部に記憶されているプログラムに基づいて制...

    材料試験装置

  10. 【課題】3ステージ形サーボ弁の油圧を非常停止しても試験片に損傷を与えることがない材料試験装置を提供する。【解決手段】アクチュエータ10のシリンダ12の一対のポート間に常閉弁17を備えるとともに、常閉弁17に非常停止信号を出力する非常信号発生手段18を備え、非常信号発生手段18からの非常停止信号の入力に基づいて常閉弁17を開放状態にするようにしている。これにより、停電が...

    材料試験装置およびこの材料試験装置の制御方法

  11. 【課 題】リモートコントロール装置を操作して簡単に、材料試験片に負荷を所望の変化速度で加えることができる材料試験装置を提供する。【解決手段】材料試験装置は、荷重負荷装置(13)で材料試験片(14)に圧縮・引張荷重を加えるとともに、この荷重負荷装置の負荷が、目標負荷信号発生部(2)からの目標値(Ei)に追従する様に制御されている。そして、前記目標値の変化速度を設定する...

    材料試験装置

  12. 【課題】前段と後段の余白部を有しない単位印刷紙を帯状印刷紙の移送下において連続的に生産する。【解決手段】余白部Bを介して多数の単位印刷Aが施された帯状印刷紙1上に、上記単位印刷Aの移送方向寸法L1と略等しい間隔を置いて前段と後段のロータリーカッター2,3を並設し、該両ロータリーカッター2,3が一回転する時の帯状印刷紙1の移送量L3を上記単位印刷Aの移送方向寸法L1に前...

    帯状印刷紙から単位印刷紙を断裁する方法

  13. 【課 題】材料試験の前処理工程および本工程における状態を継続して把握することができる材料試験装置におけるデータサンプル方法および材料試験装置を提供する。【解決手段】材料試験装置は、材料試験片(1)に目標負荷を自動制御によりかける本工程と、この本工程より前の前処理工程と、前記本工程より後の後処理工程とからなる材料試験を行っている。そして、本工程においてサンプリングされ...

    材料試験装置におけるデータサンプル方法および材料試験装置

  14. 【課題】パルス性ノイズによる試験機の運転停止を防止する。【解決手段】試験片33の変位を測定する変位センサ34あるいは試験片33に印加される荷重を測定する荷重センサ35の出力は、それぞれ、センサ用アンプ17、15を介して、A/D変換器18、16で所定のサンプリング周期ごとにA/D変換され、加算部12において関数発生器11からの運転目標信号から減算され、該誤差信号がゼロと...

    材料試験装置

  15. 【課題】高サイクルの曲げ試験において、可動部分の慣性力の影響をなくす。【解決手段】まず、選択部13をB側に設定して、一定小振幅の正弦波により周波数を掃引しながら変位制御で試料1を加振し、荷重センサ6の出力がゼロとなる周波数を求め、これを系の固有周波数f0と決定する。この固有周波数f0に基づいて、試料に負荷される荷重信号と試料に実際に負荷される力との比の周波数特性を決定...

    材料試験方法および装置

  16. 【課題】多軸試験プログラムの容量を小さくするとともに、多軸試験を容易に実行できるようにする。【解決手段】各軸に対応するアクチュエータに対応してコントローラが設けられている。単軸試験を行うときは、ホストコンピュータ15において、まず、システム設定処理を行い、使用する軸AあるいはBに対応するコントローラ11あるいは21のシステム構成を設定するシステムパラメータを対応するコ...

    試験装置制御方法および試験装置

  17. 【課 題】試験片に加わる負荷変動の振幅が、より正確に目標値となる様に制御している材料試験装置における制御方法及び材料試験装置を提供する。【解決手段】正弦波のデジタル目標負荷信号(Yi)を発生し、この目標負荷信号に基づいて荷重負荷装置(6)で材料試験片(9)に引張荷重と圧縮荷重とを交互に繰り返し加えている。そして、センサ(11)で材料試験片の負荷を検出し、この検出負荷...

    材料試験装置における制御方法及び材料試験装置

  18. 【課題】疲労き裂進展試験の実行中に材料試験機を運転状態に維持したままでその制御モードを切換える際の、材料試験機のショック発生を防止する。【解決手段】制御モード切換時に、材料試験機10のアクチュエータ機構14をフィードバック制御するためのフィードバックFD信号及び目標値信号DSのうち、フィードバック信号FDは切換えることなくそのまま維持し、目標値信号DSの方を切換えるよ...

    疲労き裂進展試験のための材料試験機制御方法及び材料試験機制御装置

  19. 【課題】普遍性のあるスード試験を可能とする。【解決手段】演算部19は、波形発生部18からの地動加速度波形、変位センサ15および荷重センサ14からの計測出力に応じて、試験体11に負荷する変位Xを時間ステップ毎に算出する。このとき、系の減衰係数ζが一定の値を保持し、かつ、粘性抵抗Cとバネ定数Kとが常に所定の関係を維持するように、前記試験体のバネ定数Kの値に応じて、前記時間...

    スード試験方法および装置

  20. 【課題】従来のシステム及び方法では良好に対処することが困難であった様々な状況にも好適に対処することのできる、油圧用フィルタの目詰まりに対処するための油圧用フィルタ監視システム及び油圧用フィルタ監視方法を提供する。【解決手段】油圧ユニット30が接続された油圧回路中に配設された油圧用フィルタ50の目詰まりに対処するためのシステム及び方法である。差圧計58で油圧用フィルタ5...

    油圧用フィルタ監視システム及び油圧用フィルタ監視方法

  1. 1
  2. 2