奥村和哉 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~12件を表示(12件中) 1/1ページ目

  1. 【課題】倒伏した穀稈の刈取り脱穀選別作業において穀粒の回収ロスを低減して選別処理を効率良く行うことができるコンバインを提供する。【解決手段】エンジン(E)の出力を脱穀装置(4)に伝動する第1経路(A)と、エンジン(E)の出力を走行装置(2)と刈取装置(3)に伝動する第2経路(B)を設け、走行装置(2)の走行速度の増減速を行う第1変速レバー(21)に連動させてエンジン(...

    コンバイン

  2. 【課題】燃料タンクは、機台上の低い位置にあって、燃料補給作業を容易にし、補給位置正面に燃料ゲージを設けることで、常に液面を注視しながら補給し、給油時における確認容易化を目的とする。【解決手段】 左右に脱穀部(5)とグレンタンク(8)を搭載する機台(3)上の後部に燃料を収容する燃料タンク(11)を搭載したコンバインにおいて、該燃料タンク(11)の給油口(13)の下方の部...

    コンバイン

  3. 【課題】本発明の課題は、燃料タンク、給油パイプは勿論、こぼれた燃料を受ける受け皿をも樹脂材によって一体成型することにより、部品点数の低減化及びコスト低減を図ることを目的とする。【解決手段】本発明は、運転ステップ(7)の下方に燃料タンク(10)を搭載するコンバインにおいて、燃料タンク(10)は、燃料を貯留するタンク本体(11)と、給油口からタンク本体(11)内へ連通する...

    コンバイン

  4. 【課題】フロアとバッテリの干渉を防止して、フロアの下側に形成された空間に大容量のバッテリを配設できるコンバインの提供。【解決手段】操縦部のフロア13の下側に形成された空間にバッテリ18を配設し、平面視において、フロア13におけるバッテリ18に対向する部位に切欠き部を形成し、フロア13における切欠き部の左右方向の両側の部位に左開口部と右開口部を形成し、切欠き部の上方を覆...

    コンバイン

  5. 【課題】走行車体の前部へのバッテリの搭載を容易化したコンバインを提供する。【解決手段】走行フレーム12の前部側にバッテリ14を設け、バッテリ搭載部の上方に位置する操縦部のステップフロア17に、上方に膨出する膨出部18を形成する。また、膨出部18は、前方側ほど高くなるように傾斜する前上がり傾斜面とする。また、膨出部18の前側面を開口し、この開放された前側面を着脱自在のフ...

    コンバイン

  6. 【課題】従来は、引起し後のラグが駆動スプロケットの回りを転回するとき、先行するラグの先端が転回時の取付基端部とチェンとの間に挟まれてメカロックする問題があった。【解決手段】 本発明は、多数の引起しラグ(12)の上昇によって立毛穀稈を引起すコンバインの穀稈引起し装置(11)において、引起しチェン(17)に対する前記引起しラグ(12)の取付ピッチ(P)を、前記引起しラグ(...

    コンバインの穀稈引起し装置

  7. 【課題】油圧配管等の取付を容易に行えるコンバインを提供する。【解決手段】機体フレームの下方に設けられ、旋回駆動可能な走行装置と、高さ調節自在に支持した刈取装置と、穀稈を脱穀する脱穀装置と、脱穀した穀粒を一時貯留するグレンタンクと、グレンタンクの前方に設けた操縦部6を有するコンバインにおいて、サイドクラッチシリンダを作動させる旋回操作と刈取上下シリンダを作動させる高さ調...

    コンバイン

  8. 【課題】脱穀負荷が増加した状態ではエンジン回転速度の低下を牽制し、選別不良の発生を防止して脱穀選別作業を円滑に維持するエンジン回転速度制御装置を提供する。【解決手段】脱穀クラッチを接続した状態で、走行変速レバーの増速操作に関連してエンジン回転速度を自動的に増速させ、走行変速レバーの減速操作に関連してエンジン回転速度を自動的に減速させるエンジン回転速度制御装置を備えたコ...

    コンバイン

  9. 【課題】本発明の課題は、燃料タンクの給油口と尿素水タンクの給水口を一箇所近くに配置することで、作業の容易化を図ることを目的とする。【解決手段】本発明は、機台(10)後部に燃料を貯留する燃料タンク(11)を設け、グレンタンク(7)下部に尿素水を貯留する尿素水タンク(16)を設けたコンバインにおいて、燃料タンク(11)に備えた給油パイプ(12)は、グレンタンク(7)とグレ...

    コンバイン

  10. 【課題】駐車ブレーキペダルを下方に容易に踏込むことができ、操縦部のフロアの下側と床面上に広い空間を確保できる駐車ブレーキペダルを有するコンバインを提供する。【解決手段】操縦部(5)の前部に、第1縦フレーム(20)と第2縦フレーム(21)を左右方向に間隔をおいて立設し、第1縦フレーム(21)と第2縦フレーム(22)の間に第1回転軸(35)を回動自在に支持し、走行装置(2...

    コンバイン

  11. 【課題】本発明は、エンジン後方下部の走行フレームからエアクリーナを支持するためのフレームを立設し、そのフレームにマフラカバーを支持することで、後方に設置するグレンタンクの容量アップを可能にし、収穫作業の能率を高めることを目的とする。【解決手段】本発明は、車体(1)上にエンジン(E)を搭載し、その後方にグレンタンク(7)を設置してあるコンバインにおいて、前記エンジン(E...

    コンバイン

  12. 【課題】刈取装置に装着されたカバーと操縦部のフロントパネルの干渉を防止して、刈取装置の非作業位置を高く設定できるコンパクトなコンバインを提供する。【解決手段】刈取装置(3)の後方右側部に操縦部(5)を設けたコンバインにおいて、刈取装置(3)の右側部を覆うカバー(16)を設け、操縦部(5)の前部に備えたフロントカバー(22)の左側部位(22A)に、上下方向の略全長に亘っ...

    コンバイン