天野浩之 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】弾性体のトルク変動の振幅制御と周期制御とを両立し得る、駆動力伝達装置を提供する。【解決手段】蓄エネ解放点算出部32は、弾性体12に対するトルク変動の目標振幅Atgtと、入力シャフト22の回転速度dθs/dtと、振動子10の係合時速度から、蓄エネ解放点P8を求める。候補作成部36は、放エネ過程の時間と蓄エネ過程の時間とを用いて、弾性体12の捩れ角θsp及び振動子...

    駆動力伝達装置

  2. 【課題】製造コストを特には増大することなく、回転体の取り付け位置の精度を向上することのできる捩り振動低減装置を提供する。【解決手段】トルクが入力されて回転する回転体C82と、回転体C82の円周方向に回転自在に配置された慣性質量体12と、回転体C82および慣性質量体12を相対回転可能に連結する複数の転動体14と、回転体C82に形成されていて転動体14を回転体C82の回転...

    捩り振動低減装置

  3. 【課題】簡易な構造で潤滑性能を向上させることができるトレランスリングの潤滑構造を提供すること。【解決手段】ロータシャフト20とギヤシャフト30との間に挿入されたトレランスリング10の潤滑構造であって、トレランスリング10の内周面11a,11bとギヤシャフト30の外周面30aとが摺動する摺動部80A,80Bは、ロータシャフト20の内周部とギヤシャフト30の外周部とがスプ...

    トレランスリングの潤滑構造

  4. 【課題】簡易な構造で潤滑性能を向上させることができるトレランスリングを提供すること。【解決手段】略円環状の基部11と、基部11から径方向外側に隆起する複数の隆起部12と、を有し、ロータシャフト20とギヤシャフトとの間に挿入され、基部11の内周面11aがギヤシャフトの外周面30aに接触した状態で、隆起部12がロータシャフト20の内周面20aに当接しているトレランスリング...

    トレランスリング

  5. 【課題】慣性体における外径側の質量の増大を図った捩り振動低減装置を提供する。【解決手段】抑制する捩り振動低減装置10は、回転体11、慣性体12および転動体13を有する。回転体11は、トルクが入力されて回転する。慣性体12は、トルクが変動することにより回転体11の外径側で相対的に回転する。転動体13は、回転体11と慣性体12とに対してトルク伝達可能に連結する。回転体11...

    捩り振動低減装置

  6. 【課題】簡素な構成で回転体に対する連結部材と慣性質量体との軸線方向への移動を抑制することができ、かつ、連結部材の質量を低減してガイド面に掛かる負荷を低減することのできる捩り振動低減装置を提供する。【解決手段】回転体2と、慣性質量体8と、回転体2と慣性質量体8とにトルク伝達可能に設けられた連結部材3と、回転方向には連結部材3を拘束し、半径方向には移動可能に連結部材3を保...

    捩り振動低減装置

  7. 【課題】簡素な構成で、転動体のカバーの密閉性を確保し、かつ、装置の全体として軸長を短縮することのできる振子式捩り振動低減装置を提供する。【解決手段】回転体2に形成された複数の転動面4と、転動面4に遠心力によって押し付けられかつトルク変動によって転動面4上を往復動する転動体3と、各転動体3を連結する連結部材8と、転動面4と転動体3と連結部材8とを液密状態に覆うカバー11...

    振子式捩り振動低減装置

  8. 【課題】車輪からモータに向けてトルクが入力される場合であっても、車両の走行のためのトルクを出力するモータの制御を精度よく行ったり、共振によるNVH特性の悪化を防止もしくは抑制したりすることができる車両用駆動装置を提供する。【解決手段】モータ2で発生したモータトルクを車輪3に伝達して走行のための駆動力を発生する車両用駆動装置1において、モータ2は、車輪3ごとに設けられ、...

    車両用駆動装置

  9. 【課題】軸線方向における連結部材の移動量や傾き角(傾き量)を抑制することが可能な振り子式捩り振動低減装置を提供する。【解決手段】連結部材4とケーシング18の内面との少なくともいずれか一方に、規制部36(38)が設けられ、規制部36(38)は、ケーシング18の内面に接近するように連結部材4が回転体2の回転軸線の方向に移動もしくは回転軸線に対して傾いた場合に、連結部材4も...

    振り子式捩り振動低減装置

  10. 【課題】動力源のトルク変動に起因するねじり振動を、安定してかつ効果的に制振することが可能な遠心振り子式ダンパを提供する。【解決手段】トルクが入力される回転体2と、回転体2に対して相対回転可能な慣性体3と、慣性体3に形成された転動室4と、転動室4の内周面に形成された転動曲面4aに接触しつつ転動する転動体5とを備え、回転体2のトルクを転動体5を介して慣性体3に伝達すること...

    遠心振り子式ダンパ