大村義人 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】非装着時回転阻止手段の簡素化と、僅かな部材の追加による機能強化。【解決手段】係止部71を持った係止用軸体70を回転軸23の有底孔23aに軸方向移動可能状態で挿入し、係留部材60を容器部21の内底面に装着して多数の係留用凹凸61に係止用軸体70を一周させ、自由状態では係止用軸体70を有底孔23aの底の付勢部材72にて付勢して係止部71を係留用凹凸61に係合させる...

    錠剤カセット

  2. 【課題】仕切部材が片持ちのものであっても適用範囲の拡張を可能にすべく錠剤通過時の反発力・押付力の変動が小さい錠剤カセットを実現する。【解決手段】二重落下防止部材である仕切板10を複数10a,10bにする。仕切板10a,10bは、何れも、弾性体で作り、容器部41に対して固定するための固定端部11と、排出口43の上方に遊挿されて錠剤を上下に仕切るための揺動端部12と、揺動...

    錠剤カセット

  3. 【課題】予製カセット利用方式と同種錠剤複数フィーダ利用方式との利点を併せ持つ。【解決手段】錠剤カセット40は、ベース部10に着脱される容器部51と、その上に着脱される補器部61とを具える。容器部51は、上部に錠剤ランダム投入用の受入口53を形成し、底部に錠剤逐次排出用の排出口23を形成し、その上方に仕切部材22を装備し、内底部に整列盤27を具備する。補器部61は、錠剤...

    錠剤カセット

  4. 【課題】薬剤分包機の設置面積を増やすことなく予製カセットや補充カセットの保管場所を薬剤分包機側に確保する。【解決手段】薬品庫部50のうち薬剤収集機構51〜53の収集範囲に位置する部位には薬剤カセット着座部61を配設したうえで、薬剤収集機構51〜53の収集範囲の外に位置する部位であって、上部の薬剤受入口より下部の薬剤送出口の狭い下窄み収集部52の側方に位置した部位には、...

    薬剤分包機

  5. 【課題】薬剤フィーダ格納庫の引出機能を維持しながら横幅の広い表示部材を薬剤フィーダ格納庫の前端に装着できるようにする。【解決手段】薬剤収納庫11から隣接対の薬剤フィーダ格納庫13を一緒に纏めて引き出せるようにするとともに、その隣接対13双方の前面に及ぶ大形の操作表示部材50(表示部材)を装備したうえで、その操作表示部材50には、操作欄51や装置動作状態表示欄52に加え...

    薬剤分包機

  6. 【課題】薬剤供給容器に設ける記録媒体に識別情報しか記録しないカセット固定式の薬剤払出装置において、誤った薬剤が補充されることを防止する。【解決手段】制御部は、作業者が薬剤保管所から持ってきた補充に用いる補充用薬剤のパッケージに表示された識別コードを識別コードリーダ12Aまたは12Bに読ませると、作業者が薬剤の保管場所から持ってきた補充用薬剤が、補充が必要な薬剤であるか...

    薬剤払出装置

  7. 【課題】 少ないスペースで、散剤を調剤する薬剤師が移動することなく、散剤を分包装置に投入することができ、かつ錠剤容器棚に収容された錠剤容器から錠剤を自動で取り出して分包する機能を備えた薬剤分包機を提供する。【解決手段】 分包装置5は、筐体3の内部の下部領域内に配置されている。錠剤容器棚7は、筐体3の内部の上部領域内に配置されている。散剤容器棚9は、筐体3の内部の上...

    薬剤分包機