大村博志 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】車両が走行している路面の勾配状況に応じて、安全かつ快適な走行を可能とする車両用制御装置を提供する。【解決手段】車両用制御装置は、路車間通信ユニットからの路面情報に基づいて、自車両が走行する路面の勾配を取得しS11、取得された勾配に基づいて、先行車両に対する自車両の相対速度の許容上限値を規定する速度上限値分布を設定する。上り勾配における速度上限値分布は、平坦路に...

    車両用制御装置

  2. 【課題】停止車両に対する追い抜き又は追い越しを行う際に、安全かつ快適な走行を可能とする車両用制御装置を提供する。【解決手段】自車両1の周辺検知された停止車両3に対して、停止車両3の発進可能性に応じて、自車両1と停止車両3の相対速度の上限値を規定した速度上限値分布40、41を設定する。停止車両3の発進可能性は、車車間通信ユニット等により取得された停止車両3の情報に基づい...

    車両用制御装置

  3. 【課題】対象車両の情報に基づいて安全且つ安心感のある相対速度、車両間隔で対象車両の横を通過可能なように運転者を支援可能な車両用制御装置を提供すること。【解決手段】自車両に搭載された車両用制御装置であって、自車両とその前方の対象車両との相対速度を検知する相対速度検知手段を備え、対象車両の周囲に相対速度の許容上限値の分布を定めた速度分布領域を設定し、速度分布領域を走行する...

    車両用制御装置

  4. 【課題】周辺車両の挙動により、自車両において急な減速や操舵が行われ、運転者に不安感を与えるのを抑制することができる車両制御装置を提供する。【解決手段】車両の走行を制御する車両制御装置は、周辺車両を検出する周辺車両検出部10bと、検出された周辺車両から、走行状態に関する情報を受信する車両情報受信部と、周辺車両検出部10bによって検出された周辺車両の周囲に許容可能な相対速...

    車両制御装置

  5. 【課題】周辺車両の挙動により、急な減速や操舵が行われ、運転者に不安感を与えるのを抑制することができる車両制御装置を提供する。【解決手段】車両の走行を制御する車両制御装置は、自車両の周辺を走行している周辺車両を検出する周辺車両検出部10bと、この周辺車両検出部10bによって検出された周辺車両の、以後の走行経路に関する走行経路情報を取得する経路情報取得部と、周辺車両検出部...

    車両制御装置

  6. 【課題】様々な路面状態に対し、先行車両との間に適切な間隔を空け、運転者に与える不安感を抑制することができる車両制御装置を提供する。【解決手段】車両の走行を制御する車両制御装置であって、自車両の周辺を走行している周辺車両を検出する周辺車両検出部10bと、自車両のブレーキによる制動距離に影響を与える路面状態を推定する路面状態推定部10dと、周辺車両検出部10bによって検出...

    車両制御装置

  7. 【課題】周辺車両の挙動により、急な減速や操舵が行われ、運転者に不安感を与えたり、車両の乗り心地が悪くなったりするのを抑制する。【解決手段】車両の走行を制御する車両制御装置は、自車両周辺の周辺車両を検出する周辺車両検出部10bと、周辺車両の運転者による加減速及び/又は操舵に関する操作情報を受信する操作情報受信部と、周辺車両の周囲に許容可能な相対速度の上限値を規定した制限...

    車両制御装置

  8. 【課題】先行車両との相対速度が低い場合であっても、先行車両との衝突危険性が高いシーンにおいて、ブレーキアシスト制御の作動が遅延することを防止する。【解決手段】ブレーキアシスト制御部61は、車間距離を相対速度で割ることで算出される衝突予想時間(TTC)が基準衝突予想時間(基準TTC)以下である場合、ブレーキアシスト制御の作動条件を満たすと判定する一方、衝突予想時間(TT...

    車両の制御装置

  9. 【課題】対象物を検出するセンサのセンサデータ精度によらず、ドライバが安全及び安心と感じるように車両と対象物とのすれ違いを実現可能な車両制御装置を提供する。【解決手段】所定の対象物の周囲に複数の相対速度の許容上限値Vlimの分布を規定する速度分布領域40を設定し、この速度分布領域40に規定された複数の相対速度の許容上限値Vlimを超えないように車両1の速度制御及び/又は...

    車両制御装置

  10. 【課題】走行地域によらず、ドライバが安全及び安心と感じるように車両が対象物とすれ違うことを実現可能な車両制御装置を提供する。【解決手段】所定の対象物の周囲に複数の相対速度の許容上限値Vlimの分布を規定する速度分布領域40を設定し、この速度分布領域40に規定された複数の相対速度の許容上限値Vlimを超えないように車両1の速度制御及び/又は操舵制御を実行する車両制御装置...

    車両制御装置

  11. 【課題】視認性が低下してもドライバが安全及び安心と感じるように車両が対象物とすれ違うことを実現可能な車両制御装置を提供する。【解決手段】所定の対象物の周囲に複数の相対速度の許容上限値Vlimの分布を規定する速度分布領域40を設定し、この速度分布領域40に規定された複数の相対速度の許容上限値Vlimを超えないように車両1の速度制御及び/又は操舵制御を実行する車両制御装置...

    車両制御装置

  12. 【課題】エネルギー消費量を低く抑えながら、運転者に違和感を与えにくい走行経路を設定することができる車両制御装置を提供する。【解決手段】本発明は、車両の走行を制御する車両制御装置(100)であって、周辺物標検出部(10b)と、走行経路及びこの経路に沿った速度を規定した第1目標走行経路を算出する第1目標走行経路算出部(10c)と、周辺物標を回避するように、走行経路及びこの...

    車両制御装置

  13. 【課題】走行速度に拘らず運転者が違和感を覚えることがない操舵支援を実行することができる車両用制御装置を提供する。【解決手段】自車両を目標経路Lに沿って走行可能な車両用制御装置であって、車速を検出する車速センサ4と、前方領域情報に基づき自車両の目標経路Lを設定する目標経路設定部21と、目標経路設定部21によって設定された目標経路Lと自車両に設定された基準位置との偏差に基...

    車両用制御装置

  14. 【課題】計算負荷を軽減しながら、運転者に違和感を与えにくい車両制御装置を提供する。【解決手段】本発明は、車両制御装置(100)であって、周辺物標検出部(10a)と、現時点から第1の期間内における目標走行経路を算出する目標走行経路算出部(10c)と、目標走行経路を補正して、第1の期間よりも短い第2の期間における補正走行経路を算出する補正走行経路算出部(10d)と、主制御...

    車両制御装置

  15. 【課題】計算負荷を軽減しながら、運転者に違和感を与えにくい車両制御装置を提供する。【解決手段】本発明は、車両制御装置(100)であって、周辺物標検出部(10a)と、目標走行経路算出部(10c)と、目標走行経路を補正した補正走行経路を算出する補正走行経路算出部(10d)と、主制御部(10f)と、バックアップ制御部(10e)と、目標蛇角及び目標加減速度を制御信号として出力...

    車両制御装置

  16. 【課題】計算負荷を軽減しながら、運転者に違和感を与えにくい車両制御装置を提供する。【解決手段】本発明は車両制御装置(100)であって、周辺物標検出部(10a)と、目標走行経路算出部(10c)と、目標走行経路を補正した補正走行経路を算出する補正走行経路算出部(10d)と、主制御部(10f)と、バックアップ制御部(10e)と、目標蛇角及び目標加減速度を制御信号として出力す...

    車両制御装置

  17. 【課題】計算負荷を軽減しながら、運転者に違和感を与えにくい車両制御装置を提供する。【解決手段】本発明は車両制御装置(100)であって、周辺物標検出部(10a)と、目標走行経路算出部(10c)と、目標走行経路を補正した補正走行経路を算出する補正走行経路算出部(10d)と、主制御部(10f)と、バックアップ制御部(10e)と、目標蛇角及び目標加減速度を制御信号として出力す...

    車両制御装置

  18. 【課題】車両制御装置による計算負荷を軽減しながら、運転者に違和感を与えにくい車両制御装置を提供する。【解決手段】本発明は、車両制御装置(100)であって、周辺物標検出部(10a)と、目標走行経路算出部(10c)と、目標走行経路を補正した補正走行経路を算出する補正走行経路算出部(10d)と、主制御部(10f)と、バックアップ制御部(10e)と、目標蛇角及び目標加減速度を...

    車両制御装置

  19. 【課題】対象物の種別によらず車両のドライバが対象物に対する車両の接近時に接触等の不安を感じることを回避可能な車両制御装置を提供する。【解決手段】車両制御装置(ECU)は、対象物(車両3)と車両1との間に、複数の相対速度の許容上限値Vlimを規定する速度分布領域40を設定し、相対速度の許容上限値Vlimに基づいて車両1の速度制御及び/又は操舵制御を実行するように構成され...

    車両制御装置

  20. 【課題】周囲の物標に応じた運転支援制御を実行する車両制御装置において、物標が多数存在しても計算負荷の増大を抑制することが可能な車両制御装置を提供する。【解決手段】第1運転支援制御処理(自動速度制御処理)と、第2運転支援制御処理(自動ブレーキ支援制御処理)とを並列して実行する車両制御装置10であって、車両1の周囲に存在する物標の中から、車両1と物標の間の距離と、車両に対...

    車両制御装置

  1. 1
  2. 2