大村博志 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】本発明は、スライディングモード制御を用いた追従走行の制御の際に、急激な加減速を低減して目標の車間距離まで自車両を制御できる走行制御装置および該方法を提供する。【解決手段】本発明の走行制御装置CTSは、自車両の走行状態を測定する走行状態測定部1と、目標の走行状態を含む目標のスライディングモード面(SM面)を用いたスライディングモード制御で、先行車両に追従するよう...

    走行制御装置および該方法

  2. 【課題】本発明は、スライディングモード制御を用いた追従走行の制御の際に、急激な加減速を低減して目標の車間距離まで自車両を制御できる走行制御装置および該方法を提供する。【解決手段】本発明の走行制御装置CTSは、自車両の走行状態を測定する走行状態測定部1と、目標の走行状態を含む目標のスライディングモード面(SM面)を用いたスライディングモード制御で、先行車両に追従するよう...

    走行制御装置および該方法

  3. 【課題】本発明は、より簡単な演算で追従走行制御できる走行制御装置および走行制御方法を提供する。【解決手段】本発明の走行制御装置CTSは、自車両に対する、前記自車両に先行する先行車両の方向を先行車両方向として測定する測定部の一例としてのレーダ装置1−1、撮像装置1−2および先行車両処理部22と、前記測定部で測定された先行車両方向と前記自車両の走行方向との間に、新たな自車...

    走行制御装置および該方法

  4. 【課題】車線逸脱を防ぐことで高い安全性を確保しながら、運転時における運転者に煩わしさや違和感を覚えさせ難く、ストレスを与え難い車両制御装置および車両制御方法を提供する。【解決手段】コントロールユニットは、第1操舵特性CH1に基づく操舵トルクを車両のステアリングホイールに付与するようにステアリングアクチュエータに指令する第1操舵トルク付与部と、第2操舵特性CH2に基づく...

    車両制御装置および車両制御方法

  5. 【課題】車線逸脱を防ぐことで高い安全性を確保しながら、運転時における運転者に煩わしさや違和感を覚えさせ難く、ストレスを与え難い車両制御装置および車両制御方法を提供する。【解決手段】コントロールユニットは、第1操舵特性CH1に基づく操舵トルクをステアリングホイールに付与するようにステアリングアクチュエータに指令する第1操舵トルク付与部と、第2操舵特性CH2に基づく操舵ト...

    車両制御装置および車両制御方法

  6. 【課題】車線逸脱を防ぐことで高い安全性を確保しながら、運転時における運転者に煩わしさや違和感を覚えさせ難く、ストレスを与え難い車両制御装置および車両制御方法を提供する。【解決手段】コントロールユニットは、第1操舵特性CH1に基づく操舵トルクを車両のステアリングホイールに付与するようにステアリングアクチュエータに指令する第1操舵トルク付与部と、第2操舵特性CH2に基づく...

    車両制御装置および車両制御方法

  7. 【課題】路外への逸脱を抑制することにより事故を未然に防ぎながら、運転者に対して違和感および煩わしさを覚えさせることなく、ストレスを与え難い車両制御装置および車両制御方法を提供する。【解決手段】コントロールユニットは、車室外カメラからの情報を取得し、当該情報から左側区画線DLLと路端ERLとの間の路側帯の幅W3Lを算出する。幅W3Lが所定幅よりも広い場合に、第1操舵特性...

    車両制御装置および車両制御方法