大塚貴之 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】溶接作業性が良好で、PWHT温度が750℃以上でも良好な強度等が得られる9Cr−1Mo鋼溶接用被覆アーク溶接棒を提供する。【解決手段】心線と被覆剤の一方または両方の合計で、心線質量比でC:0.05〜0.15%、Si:0.1〜1.0%、Mn:0.7〜1.5%、Ni:0.1〜0.6%、Cr:9〜11%、Mo:0.5〜1.5%、Nb:0.02〜0.20%、Cu:0....

  2. 【課題】 交流及び直流溶接電源の両方において、強度及び靭性に優れた溶接金属が得られ、耐溶接欠陥性及び耐高温割れ性に優れ、全姿勢溶接で溶接作業性が良好なオーステナイト系ステンレス鋼溶接用被覆アーク溶接棒を提供する。【解決手段】 心線と被覆剤の一方または両方で、心線質量比でC:0.04%以下、Si:0.3〜1.0%、Mn:2〜5%、Ni:9〜12%、Cr:18〜24%...

  3. 【課題】熱処理後における鋼板の変形を十分に抑制することが可能な熱処理鋼板の製造方法、及び鋼板の冷却装置を提供すること。【解決手段】AC3変態点以上に加熱された鋼板Wをローラ群2で搬送しながら冷却を行なう鋼板冷却装置1であって、前記ローラ群2を構成するローラ対Rの少なくとも一部は、前記鋼板Wを挟圧する方向に独立して駆動され、前記独立して駆動される挟圧開始ローラR1のうち...

    熱処理鋼板の製造方法及び鋼板冷却装置

  4. 【課題】 高温割れが発生せず、PWHT温度を750℃以上でも良好な強度及び靭性が得られ、高温強度が良好な溶接金属が得られる9Cr−1Mo鋼溶接用TIGワイヤを提供する。【解決手段】 ワイヤ全質量に対する質量%で、C:0.07〜0.13%、Si:0.15〜0.50%、Mn:0.95〜1.20%、Ni:0.1〜0.5%、Cr:8〜10%、Mo:0.7〜1.5%、Nb:...

  5. 【課題】熱処理後に、表面研削量が少なく、焼減りが少ない高Ni厚鋼板およびその製造方法を提供することを課題とする。【解決手段】質量%で、C:0.03〜0.10%、Si:0.02〜1.5%、Mn:0.1〜2.0%、Ni:2.0〜10%、P:0.005%以下、S:0.002%以下および残部がFeおよび不可避的不純物で構成される化学成分を有するスラブを加熱し、その後、均質化処...

    高Ni厚鋼板の製造方法

  6. 【課題】熱処理後に、焼減りが少ない高Ni厚鋼板およびその製造方法を提供することを課題とする。【解決手段】質量%で、C:0.10超〜0.30%、Si:0.01〜1.5%、Mn:0.1〜2.0%、Ni:1〜5%、P:0.03%以下、S:0.02%以下、N:0.05%以下、Al:0.05%以下、および残部がFeおよび不可避的不純物、あるいはこれに所定の種類と量の選択添加成分...

    高Ni厚鋼板およびその製造方法

  7. 【課題】熱間圧延工程においてコイル状に巻き取られた熱延鋼板の平坦度を精度よく予測する。【解決手段】熱延鋼板の巻き取り前の幅方向温度分布に起因して生じる第1伸びひずみ差分布と、熱延鋼板のコイルが巻き締まる力に起因して生じる第2伸びひずみ差分布とを重ね合せて、熱延鋼板に内在する真の伸びひずみ差分布を算出する。算出された真の伸びひずみ差分布について、有限要素法による大たわみ...

    熱延鋼板の平坦度予測方法