大原大彌 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 技術 押出器具

    【課題】収容体が吐出口から押し出される方向と直交する方向への大型化を回避しながら、被付着面に付着した収容体の外形や当該収容体と被付着面との接触面積を大きくすることが可能な押出器具を提供すること。【解決手段】押出器具(1)であって、収容部材(100)と押出部材(200)とを備え、収容部材(100)は、収容部(110)と脚部(120)とを有し、収容部(110)は、周壁(1...

    押出器具

  2. 技術 押出器具

    【課題】押出部からの操作部の離脱を抑制することが可能な押出器具を提供する。【解決手段】押出器具1であって、収容部材100と押出部材200とを備え、収容部材100は、収容部110を有し、押出部材200は、押出部210と、押出部210に接続された操作部230と、を有し、押出部210は、収容部110の内周面に密着する密着部と、操作部230を保持する保持部と、を有し、操作部2...

    押出器具

  3. 技術 押出器具

    【課題】押出部材の押込み損ねを抑制可能な押出器具を提供すること。【解決手段】押出器具(1)であって、収容部材(100)と押出部材(200)とを備え、収容部材(100)は、吐出口を有する収容部を有し、押出部材(200)は、収容部内を当該収容部の中心軸方向に沿って変位することが可能な押出部(210)と、押出部(210)に接続されており、押出部(210)が吐出口に向かって変...

    押出器具

  4. 技術 押出器具

    【課題】収容部に対する押出部材のがたつきを抑制可能な押出器具を提供すること。【解決手段】押出器具(1)であって、収容部材(100)と押出部材(200)とを備え、収容部材(100)は、吐出口を有する収容部を有し、押出部材(200)は、押出部(210)と操作部(230)とを有し、操作部(230)は、押出部(210)が吐出口に向かって変位する間に収容部の内周面に当接し続ける...

    押出器具

  5. 技術 押出器具

    【課題】押出部の外周面の損傷を回避しつつ収容部材からの押出部材の離脱を抑制することが可能な押出器具を提供すること。【解決手段】押出器具(1)であって、収容部材(100)と押出部材(200)とを備え、収容部材(100)は、吐出口(115)を有する収容部(110)を有し、押出部材(200)は、押出部(210)と操作部(230)とを有し、収容部(110)は係止部(113)を...

    押出器具