堀野克年 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】抗ウィルス性及び抗微生物性に優れるとともに、透明性等に優れ、基材の透明性や基材表面の色彩等の特性をそのまま維持することが可能な基体の提供。【解決手段】基材11の表面に、銅化合物及び光重合開始剤を含むバインダの硬化物12(電磁波硬化型樹脂の硬化物)が固着し、銅化合物の少なくとも一部は、バインダの硬化物12の表面から露出しており、バインダの硬化物12の架橋密度は、...

    抗微生物基体

  2. 【課題】抗微生物性に優れるとともに、透明性等に優れ、基材の透明性や基材表面の色彩等の特性をそのまま維持することが可能な抗微生物基体の提供。【解決手段】基材11の表面に、銅化合物及び光重合開始剤を含むバインダの硬化物(電磁波硬化型樹脂の硬化物)12が固着し、銅化合物の少なくとも一部は、バインダの硬化物12の表面から露出しており、光重合開始剤は、アルキルフェノン系の重合開...

    抗微生物基体

  3. 【課題】抗ウィルス性に優れるとともに、透明性等に優れ、基材の透明性や基材表面の色彩等の特性をそのまま維持することが可能な抗ウィルス性の硬化物を提供すること。【解決手段】銅化合物を含む電磁波硬化型樹脂の硬化物であって、上記銅化合物の少なくとも一部は、上記電磁波硬化型樹脂の硬化物の表面から露出してなり、上記銅化合物を含む電磁波硬化型樹脂のエネルギー分散型X線分析装置で求め...

    抗ウィルス性基体、抗ウィルス性組成物、抗ウィルス性基体の製造方法、抗微生物基体、抗微生物組成物及び抗微生物基体の製造方法

  4. 【課題】抗ウィルス性に優れるとともに、透明性等に優れ、基材の透明性や基材表面の色彩等の特性をそのまま維持することが可能な抗ウィルス性基体を提供すること。【解決手段】基材表面に、銅化合物及び還元力のある光重合開始剤を含むバインダの硬化物が固着し、上記銅化合物の少なくとも一部は、上記バインダの硬化物の表面から露出してなるとともに、上記バインダは、電磁波硬化型樹脂であり、上...

    抗ウィルス性基体

  5. 【課題】夜間や停電時でも抗微生物効果が機能し、施工性にも優れる仮設トイレを提供する。【解決手段】便器と、上記便器を取り囲んでトイレ空間を構成する壁及び天井と、上記便器を支持する床部と、上記壁に囲まれたトイレ空間に出入りするための扉と、上記扉に設けられた鍵部と、上記便器と連通する汚物タンクとからなる仮設トイレであって、上記便器、壁、扉、天井、床部及び鍵部からなる群から選...

    仮設トイレ

  6. 【課題】抗カビ・抗菌性に優れるとともに、透明性等に優れ、基材の透明性や基材表面の色彩等の特性をそのまま維持することが可能な抗カビ・抗菌性基体を提供する。【解決手段】基材表面に、銅化合物及び重合開始剤を含むバインダの硬化物が固着し、前記銅化合物の少なくとも一部は、前記バインダの硬化物の表面から露出していることを特徴とする抗カビ・抗菌性基体。

    抗カビ・抗菌性基体、抗カビ・抗菌性組成物及び抗カビ・抗菌性基体の製造方法

  7. 【課題】高額な合成設備を必要とせず、簡便に施工済の据え付け品等に対しても現場施工により、信頼性の高い抗ウィルス性等の抗微生物性能を発揮する抗微生物部材を提供する。【解決手段】基材表面に抗微生物成分を含むバインダ硬化物が固着形成されてなり、前記バインダ硬化物を含む基材表面のJIS Z 8741に準拠した光沢度が、45%以上、100%未満であることを特徴とする抗微生物部材。

    抗微生物部材

  8. 【課題】高額な合成設備を必要とせず、簡便に施工済の据え付け品等に対しても現場施工により、信頼性の高い抗ウィルス性等の抗微生物性能を持続的に発揮する抗微生物部材を提供する。【解決手段】基材表面に抗微生物成分を含むバインダ硬化物が固着形成されてなり、前記バインダ硬化物を含む基材表面のJIS Z 8741に準拠した光沢度が、45%未満であることを特徴とする抗微生物部材。

    抗微生物部材

  9. 【課題】抗微生物性に優れるとともに、基材表面の模様及び色彩等の特性を維持可能な、塗工性に優れた抗微生物硬化物の固着方法、抗微生物部材の製造方法の提供。【解決手段】基材表面に、抗微生物成分と未硬化のバインダと分散媒と重合開始剤とを含む抗微生物組成物を、スプレー散布して前記基材表面に付着せしめて、前記基材表面を前記抗微生物組成物で被覆する被覆工程と、前記被覆工程により付着...

    抗微生物硬化物の固着方法および抗微生物部材の製造方法

  10. 【課題】ふき取り清掃した場合でも、剥離が生じにくく、抗微生物活性が高い抗微生物部材を提供する。【解決手段】エラストマーからなる基材表面に抗微生物成分を含むバインダ硬化物が固着形成されてなり、前記バインダ硬化物は、島状に分散して基材表面に固着されてなるか、もしくは基材表面に前記バインダ硬化物が形成された領域と前記バインダ硬化物が形成されていない領域が混在して設けられてな...

    抗微生物部材

  11. 【課題】ふき取り清掃した場合でも、剥離が生じにくく、抗微生物活性が高い抗微生物部材を提供する。【解決手段】ポリプロピレン樹脂からなる基材表面に抗微生物成分を含むバインダ硬化物が固着形成されてなり、上記バインダ硬化物は、島状に分散して基材表面に固着されてなるか、もしくは基材表面に上記バインダ硬化物が形成された領域と上記バインダ硬化物が形成されていない領域が混在して設けら...

    抗微生物部材

  12. 【課題】ふき取り清掃した場合でも、剥離が生じにくく、抗微生物活性が高い抗微生物部材を提供する。【解決手段】ABS樹脂からなる基材表面に抗微生物成分を含むバインダ硬化物が固着形成されてなり、前記バインダ硬化物は、島状に分散して基材表面に固着されてなるか、もしくは基材表面に前記バインダ硬化物が形成された領域と前記バインダ硬化物が形成されていない領域が混在して設けられてなる...

    抗微生物部材

  13. 【課題】ふき取り清掃した場合でも、剥離が生じにくく、抗微生物活性が高い抗微生物部材を提供する。【解決手段】ポリエチレン樹脂からなる基材表面に抗微生物成分を含むバインダ硬化物が固着形成されてなり、上記バインダ硬化物は、島状に分散して基材表面に固着されてなるか、もしくは基材表面に上記バインダ硬化物が形成された領域と上記バインダ硬化物が形成されていない領域が混在して設けられ...

    抗微生物部材

  14. 【課題】ふき取り清掃した場合でも、剥離が生じにくく、抗微生物活性が高い抗微生物部材を提供する。【解決手段】ポリウレタン樹脂からなる基材表面に抗微生物成分を含むバインダ硬化物が固着形成されてなり、上記バインダ硬化物は、島状に分散して基材表面に固着されてなるか、もしくは基材表面に上記バインダ硬化物が形成された領域と上記バインダ硬化物が形成されていない領域が混在して設けられ...

    抗微生物部材

  15. 【課題】ふき取り清掃した場合でも、剥離が生じにくく、抗微生物活性が高い抗微生物部材を提供する。【解決手段】金属からなる基材表面に抗微生物成分を含むバインダ硬化物が固着形成されてなり、前記バインダ硬化物は、島状に分散して基材表面に固着されてなるか、もしくは基材表面に前記バインダ硬化物が形成された領域と前記バインダ硬化物が形成されていない領域が混在して設けられてなることを...

    抗微生物部材

  16. 【課題】抗ウィルス性に優れるとともに、透明性等に優れ、基材の透明性や基材表面の色彩等の特性をそのまま維持することが可能な抗ウィルス性基体を製造可能な、塗工性能に優れた抗ウィルス性基体の製造方法を提供すること。【解決手段】基材の表面に、水に溶解する二価の銅化合物と電磁波硬化型樹脂からなる未硬化のバインダと分散媒としての水と重合開始剤とを含む抗ウィルス性組成物を付着せしめ...

    抗ウィルス性基体、抗ウィルス性組成物、抗ウィルス性基体の製造方法、抗微生物基体、抗微生物組成物及び抗微生物基体の製造方法

  17. 【課題】抗ウィルス性に優れるとともに、透明性等に優れ、基材の透明性や基材表面の色彩等の特性をそのまま維持することが可能な抗ウィルス性基体を製造するのに最適な抗ウィルス性組成物を提供すること。【解決手段】銅化合物、未硬化のバインダ、分散媒及び重合開始剤を含み、上記分散媒は水であり、上記銅化合物は水に溶解する二価の銅化合物であり、上記未硬化のバインダは電磁波硬化型樹脂であ...

    抗ウィルス性基体、抗ウィルス性組成物、抗ウィルス性基体の製造方法、抗微生物基体、抗微生物組成物及び抗微生物基体の製造方法

  18. 【課題】抗ウィルス性に優れるとともに、透明性等に優れ、基材の透明性や基材表面の色彩等の特性をそのまま維持することが可能な抗ウィルス性基体を提供する。【解決手段】基材表面に、銅化合物を含む電磁波硬化型樹脂の硬化物が島状に散在し、前記銅化合物の少なくとも一部は、前記電磁波硬化型樹脂の硬化物の表面から露出していることを特徴とする抗ウィルス性基体。

    抗ウィルス性基体、抗ウィルス性組成物、抗ウィルス性基体の製造方法、抗微生物基体、抗微生物組成物及び抗微生物基体の製造方法

  19. 【課題】ウィルスが流体中を流動していても確実に失活させることができる抗微生物部材を提供する。【解決手段】基材表面に抗微生物成分を含むバインダ硬化物が固着形成されてなり、かつ、前記バインダ硬化物を含む基材表面のJIS B 0601に準拠した算術平均粗さ(Ra)は、4μmを超え、50μm以下であることを特徴とする抗微生物部材。

    抗微生物部材

  20. 【課題】抗微生物活性が高く、繊維質以外の壁紙にも適用することができ、折り曲げたり、搬送のためにロール状に巻き取ってもクラック等が発生するおそれのない抗微生物壁紙を提供する。【解決手段】可撓性シートの一方の面に、意匠が施された意匠表示面を有する壁紙であって、前記意匠表示面に抗微生物成分を含むバインダ硬化物が島状に散在しているか、もしくは基材表面に前記バインダ硬化物が形成...

    抗微生物壁紙

  1. 1
  2. 2