堀川義広 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~8件を表示(8件中) 1/1ページ目

  1. 【課題】 携帯電話機の筐体のように流行性に富む一方、全体寸法に大きな変更がない樹脂成形品を製作するための金型装置の製作期間を短縮することを課題とする。【解決手段】 互いに型閉し型閉時に製品キャビティ14を相互間に形成する固定型21と可動型22とからなる金型装置1の前記固定型21内に複数のバルブゲート15を配設する金型装置1の製造方法において、バルブピン3を含むバル...

    バルブゲート式金型装置およびその製造方法

  2. 【課題】 可動型と外周リング間の摩耗を少なくすることができると共に、総合的な生産性を向上する。【解決手段】 可動型2のコアブロック46の外周面51aに該コアブロック46の表面硬度よりも大きい第1のコーティング層57を設ける。外周リング52の内周面56a,56bに該外周リング52の表面硬度よりも大きい第2のコーティング層60を設ける。第1のコーティング層57の硬度と...

    光ディスク成形用金型装置

  3. 【課題】 保圧工程と冷却工程とに時間を要する成形において、材料の樹脂焼けを防止し、寸法精度の高い成形品を得る。【解決手段】 固定型26及び可動型27を開閉させる型締装置20と、閉じた固定型26及び可動型27間に形成されるキャビティ28と、固定型26に設けられキャビティ28に連通する樹脂通路29と、この樹脂通路29に接続されキャビティ28内へ可塑状態の樹脂を送り出す...

    射出成形方法とこれに用いる射出成形機

  4. 【課題】 筒体先端面の中心から外れてゲート位置を設けたシリンダ外筒において、均一な肉厚を備えたシリンダ外筒とその成形用金型装置を提供する。【解決手段】 樹脂製のシリンダ外筒101は、筒体102の先端面103に突出したチップ部105を有する。チップ部105は先端面103の中心104から外れた位置に設けられ、チップ部105に成形のためのゲート位置Gを有し、先端面103...

    シリンダ外筒とその成形用金型装置

  5. 【課題】 成形時において、チップ部を形成するコアピンの傾きを防止し、チップ部の寸法精度に優れた成形用金型装置を提供する。【解決手段】 筒体の先端面に突出したチップ部105を有するシリンダ外筒の成形に用いられ、型閉時に相互間にキャビティ3を形成する固定型1及び可動型2と、材料通路21に連通するゲート10と、このゲート10を開閉するバルブピン26とを備える。可動型2に...

    シリンダ外筒とその成形用金型装置

  6. 【課題】 樹脂の入口を樹脂通路に接続したバルブゲート装置において、前記入口の配置に伴う成形の弊害を少なくする。【解決手段】 固定型1と可動型2間に形成される製品キャビティ3内に、固定型に設けたゲート14を介して樹脂を供給する。ゲート14を経て製品キャビティ3に連通する樹脂通路28を有するバルブケーシング26と、樹脂通路28に樹脂を供給する樹脂の2箇所の入口部29を...

    バルブゲート装置

  7. 【課題】 ヒーター本体と電線との接続耐強度を向上する。【解決手段】 ヒーター本体21bと電線25との接続手段21aは、中継部材31とカバー部材34を備える。中継部材31は、一側よりニクロム線26が挿入する第1の貫通孔29を軸線方向Xに設ける共に他側に雄螺子からなる接続部30を設ける。カバー部材34は他側より電線25が挿入すると共に中継部材31の外周を覆う第2の貫通...

    成形用バルブのヒーター

  8. 【課題】 キャビティ形成部を有するコア型の、各対向面に沿った方向における位置ずれを確実に抑制する。【解決手段】 型締め時に互いが対向する対向面11a、21a間にキャビティCが形成される一対の金型11、21を備え、これら11、21は対向面11a、21aに孔11b、21bが形成された型板12、22と、孔11b、21bに配設されるとともに、キャビティ形成部13a、23a...

    射出圧縮成形金型装置