堀内伸 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】安定性に優れ、コロイドが固体表面に吸着されやすい性質を有する貴金属ヒドロゾルを、加熱や煩雑な工程を経ずに製造できる方法を提供する。【解決手段】貴金属塩の水溶液に、糖類を加熱して焦がしたカラメルまたはカラメル色素を含有する水溶液および還元剤を加えて調製し、貴金属ヒドロゾルを製造する。この方法によれば、加熱や煩雑な工程を経ずに製造でき、そのようにして製造された貴金...

    貴金属ヒドロゾルの製造方法

  2. 【課題】含エポキシ樹脂接着剤との接着性及び実用性に優れた易接着性ポリオレフィン成型体及びその製造方法並びにその製造方法に用いられる含熱分解材料塗布液及び熱分解材料担持シートを提供すること。【解決手段】本発明の易接着性ポリオレフィン成型体の製造方法は、ポリオレフィン成型体1と結合してポリオレフィン成型体1の表面を含エポキシ樹脂接着剤と接着性を持つ易接着面2Aに改質させる...

    易接着性ポリオレフィン成型体及びその製造方法並びにその製造方法に用いられる含熱分解材料塗布液及び熱分解材料担持シート

  3. 【課題】ナノサイズの核剤を使用しなくてもナノサイズの気泡を有する状態に調製可能な樹脂発泡の提供。【解決手段】鉄又は鉄よりもイオン化傾向の低い金属で少なくとも表面が構成されているナノ粒子と、(メタ)アクリル系樹脂とを含有する樹脂組成物によって構成されている(メタ)アクリル系樹脂発泡体を提供する。

    (メタ)アクリル系樹脂発泡体、(メタ)アクリル系樹脂発泡体の製造方法、及び、発泡用樹脂組成物

  4. 【課題】負荷を加えることにより試料に生じたき裂が進展する際の先端位置の検出を簡略化する。【解決手段】本技術のき裂先端位置検出方法は、先端位置検出手順を具備する。このき裂先端位置検出方法が具備するき裂先端位置検出方法は、応力に応じて発光する応力発光体が塗布された試料に負荷を加えることによりその試料に形成されたき裂が進展する際の、その進展するき裂の先端位置をその塗布された...

    き裂先端位置検出方法