坂野倫祥 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】荷物保持用のハンド部において、ハンド部により荷物を保持する際の操作性、ハンド部により荷物を保持した状態で持ち上げる際の操作性の向上を図る。【解決手段】ハンド部20に、吊り下げ機構が接続されて上下方向に配置された横側部30と、横側部30の下部から横方向に延出されて荷物を支持する支持部31と、横側部30における支持部31の反対側の部分に設けられた持ち手部48とが備...

    荷物保持用のハンド部

  2. 【課題】荷物保持用のハンド部において、ハンド部に外れ防止用の内側部を設けた場合、ハンド部の内側部に外れ防止の機能を無理なく発揮させることができるようにする。【解決手段】ハンド部20に、上下方向に配置された横側部30と、横側部30の下部から横方向に延出されて荷物を支持する支持部31とが備えられる。横側部30の上部から下側に延出されて、支持部31における横側部30の反対側...

    荷物保持用のハンド部

  3. 【課題】アシスト器具において、吊り下げ機構とハンド部との接続部分の耐久性の向上を図る。【解決手段】本体部から前側に延出されたアーム部と、アーム部から下側に延出された吊り下げ機構18,19と、吊り下げ機構18,19に接続されて荷物Bを保持する右及び左のハンド部20とが備えられる。ハンド部20に、荷物支持部30と、荷物支持部30の横外側に配置され荷物支持部30よりも高い位...

    アシスト器具

  4. 【課題】荷物保持用のハンド部において、バンドが巻き付けられた荷物を、ハンド部により容易に保持することができるように構成する。【解決手段】ハンド部20において、上下方向に配置された横側部30と、横側部30の下部から横方向に延出されて荷物を支持する支持部31と、支持部31における横側部30の反対側の端部から上向きに延出された上向き部32とが備えられ、上向き部32の上端部か...

    荷物保持用のハンド部

  5. 技術 内部衣服

    【課題】作業服とは別に作業服の内側に着用する内部衣服において、作業用の器具を作業服の上側から装備した場合等に、快適性の低下を抑える。【解決手段】作業者が着用することにより、作業者の胴に位置する胴部21と、作業者の右及び左の肩に位置する右及び左の肩部22と、作業者の首が通る首開口部26と、作業者の右及び左の腕が通る右及び左の腕開口部27とが備えられる。外側に着用される作...

    内部衣服

  6. 【課題】右及び左のハンド部を備えたアシスト器具において、右及び左のハンド部による荷物の保持の確実性を高める。【解決手段】上下向きの右の索状体28,29を、横向きに変更して右のハンド部20の横部から左のハンド部20に向けて延出させて、右のハンド部20に対して右の索状体28,29を長手方向に移動自在に支持する右支持部38が、右のハンド部20に設けられて、右の索状体28,2...

    アシスト器具