向井健太 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~7件を表示(7件中) 1/1ページ目

  1. 【課題】被膜を被膜形成対象物に高い密着性で形成させることができ、且つ被膜形成対象物の表面の温度を効果的に調節することができる物体の温度調節方法を提供すること。【解決手段】本発明の物体の温度調節方法は、被膜形成対象物の表面に被膜形成用組成物を直接静電スプレーし、繊維を含む堆積物からなる被膜を形成して、該被膜形成対象物の表面の温度を調節する。被膜形成用組成物として、アルコ...

    物体の温度調節方法

  2. 【課題】突き刺し強度に優れ、かつ、様々な材質の底材に対するヒートシール性及び被包装物に対する密着性に優れるスキンパック用多層フィルム並びにスキンパック包装体を提供する。【解決手段】スキンパック用多層フィルムは、アイオノマー樹脂を含有する層と、エチレン・不飽和エステル共重合体樹脂を樹脂成分の全質量に対して10質量%〜95質量%含む最表層と、を有する。

  3. 【課題】原料樹脂を帯電しやすい状態に改質し、溶融電界紡糸による紡糸安定性及び細径の繊維の生産効率の向上を可能にする繊維の製造方法、及び繊維の製造に好適に用いられる溶融電界紡糸用組成物を提供すること。【解決手段】本発明の繊維の製造方法は、熱可塑性樹脂と、イオン性界面活性剤との合計100質量部に対する、該イオン性界面活性剤の量が0.1質量部以上30質量部であり、前記イオン...

    繊維の製造方法及び溶融電界紡糸用組成物

  4. 【課題】親水性に優れる溶融電界紡糸繊維及び繊維シートの製造方法を提供すること。【解決手段】本発明の繊維の製造方法は、熱可塑性樹脂と界面活性剤とを含む樹脂組成物の溶融液を電界紡糸法によって紡糸して繊維を得る紡糸工程と、繊維を熱可塑性樹脂の融点以下の温度で加熱する加熱工程とを有する。熱可塑性樹脂がポリオレフィン樹脂であることも好適である。界面活性剤がアルキルスルホン酸塩で...

    繊維及び繊維シートの製造方法

  5. 【課題】有機溶媒中での分散安定性に優れる微細セルロース繊維を含み、プラスチック材料との複合に好適で、高い機械的強度を有する複合材料を提供し得る微細セルロース繊維含有材料を提供すること。【解決手段】本発明の反応物繊維は、微細セルロース繊維分散液の製造方法における中間体であり、カルボキシル基含有量0.1〜3mmol/gの微細セルロース繊維に陽イオン界面活性剤が吸着してなる...

  6. 【課題】原料樹脂を帯電しやすい状態に改質し、溶融電界紡糸による紡糸安定性及び生産性の向上を可能にする溶融電界紡糸用組成物、それを用いた溶融電界紡糸繊維の製造方法、及び溶融電界紡糸繊維を提供すること。【解決手段】本発明の溶融電界紡糸用組成物及び溶融電界紡糸繊維は、熱可塑性樹脂とアルキルスルホン酸塩とを含み、熱可塑性樹脂とアルキルスルホン酸塩との合計100質量部に対して、...

    溶融電界紡糸用組成物、並びに繊維及びその製造方法

  7. 【課題】被膜形成対象物と密着性が高くなると共に、見た目が透明で被膜形成対象物を自然な状態で被覆できる被膜の製造方法を提供すること。【解決手段】本発明の被膜の製造方法は、被膜形成対象物の表面に被膜を形成する方法である。本発明の製造方法は、被膜形成対象物に組成物を直接に静電スプレーして繊維の堆積物を含む被膜を形成する静電スプレー工程を具備する。前記組成物が、以下の成分(a...

    被膜の製造方法