吉田竜也 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 技術 電動弁

    【課題】弁体が最下降位置にあるときの、流体(冷媒)の流れ方向の変化に伴う流量変化を抑えることのできる電動弁を提供する。【解決手段】ロータの回転運動を、直線運動に変換し、この直線運動に基づいて弁体14を軸方向に移動させる電動弁であって、弁体14が最下降位置にあるときに、弁体14側のストレート部14sの少なくとも一部と弁シート部46a側のストレート部46sの少なくとも一部...

    電動弁

  2. 技術 電動弁

    【課題】立上り流量の管理を簡略化しつつ、立上り流量を十分に低減でき、低流量域での制御性を効果的に向上させることのできる電動弁を提供する。【解決手段】弁体14には、弁座46aに着接する逆円錐台面からなる着座面部14aと、弁口46に挿通される曲面部14bとが設けられるともに、着座面部14aと曲面部14bとの間に、曲面部14bの上端部より外径が狭まったくびれ面部14cが備えられる。

    電動弁

  3. 技術 電動弁

    【課題】遊星歯車減速装置を備える電動弁における回転方向が変わる際に発生するヒステリシスの低減を図る。【解決手段】弁室及びその内部に形成された弁座を有する弁本体と、前記弁本体に結合される円筒形状のキャンと、前記キャンの外部に装備されるステータ部材と、前記キャンの内部に装備されるロータ部材と、前記ロータ部材の回転数を減速して、前記ロータ部材に対して昇降する出力ギヤに出力す...

    電動弁

  4. 技術 電動弁

    【課題】簡単な構成でもって、原点位置における弁体と弁シート部との間に形成される間隙の寸法ばらつきを抑えることのできる電動弁を提供する。【解決手段】下部ストッパ25がガイドブッシュ20の雄ねじ部23の中間位置にて固定され、その中間位置は、弁体14と弁シート部46aとの間に形成される所定の大きさの間隙に応じた位置である。

    電動弁

  5. 技術 電動弁

    【課題】熱影響等による弁シートと弁体との干渉を回避し得て、動作性、耐久性、制御性を効果的に向上させることのできる電動弁を提供する。【解決手段】微小流量制御(ストレート部46sの内径をD[mm]、ストレート部46sの開口面積をA1[mm2]、ストレート部46sとストレート部14sとの間で画成される開口面積をA2[mm2]として、1.0≦D≦2.5かつA2/A1≦0.05...

    電動弁

  6. 技術 電動弁

    【課題】弁体が最下降位置にあるときの、流体(冷媒)の流れ方向の変化に伴う流量変化を抑えることのできる電動弁を提供する。【解決手段】弁体14が最下降位置にあるときに、弁体14側のストレート部14sの少なくとも一部と弁シート部46a側のストレート部46sの少なくとも一部とが昇降方向で重なるようにされる。

    電動弁

  7. 【課題】燃料の補給に時間を要したり過剰な充電を行ったりする可能性を低減すること。【解決手段】燃料の燃焼によりトルクを出力するエンジンと、エンジンの駆動によって発電可能な発電機と、発電機によって発電された電力を蓄電可能な蓄電部と、蓄電部からの電力の供給によってトルクを出力するモータと、モータのトルクを車輪に伝達することによって走行可能なハイブリッド車両を制御するハイブリ...

    ハイブリッド車両の制御装置

  8. 【課題】ろう材の流れを改善し、弁室の気密性を確保することのできる電気的駆動弁を提供する。【解決手段】電気的駆動弁は、弁本体2と、シート部材5と、第1ポート3とを備える。弁本体2には、底面に開口22aが設けられて弁室21と連通する凹部22が設けられ、シート部材の一端部が凹部にはめ込まれ、シート部材の外周面と対面する凹部の壁22cとの間で第1の離間部S1が形成され、シート...

    電気的駆動弁

  9. 技術 電動弁

    【課題・解決手段】熱影響等による弁シートと弁体との干渉を回避し得て、動作性、耐久性、制御性を効果的に向上させることのできる電動弁を提供する。微小流量制御(ストレート部46sの内径をD[mm]、ストレート部46sの開口面積をA1[mm2]、ストレート部46sとストレート部14sとの間で画成される開口面積をA2[mm2]として、1.0≦D≦2.5かつA2/A1≦0.056...

    電動弁

  10. 技術 電動弁

    【課題・解決手段】微小な流量を保ちながらも、異物のかじりを抑制することができる電動弁を提供する。電動弁(100)は、オリフィス(5)に対する弁体(7)の差込量を可変させ、流量制御を行う。オリフィス(5)の内周面と弁体(7)の外周面の一方には、弁体(7)の差し込み方向で径が一定のストレート部(16)を形成する。また、オリフィス(5)の内周面と弁体(7)の外周面のうち、ス...

    電動弁

  11. 技術 電動弁

    【課題】動作性の低下を抑制することのできる電動弁を提供する。【解決手段】ねじ送り機構28を構成するガイドブッシュ20の雄ねじ部23又は弁軸ホルダ30の雌ねじ部33の少なくとも一方に、昇降方向(軸線O方向)全長に亘る縦貫溝23t、33tが設けられ、縦貫溝23t、33tを冷媒が流れるように構成される。

    電動弁

  12. 【課題】ガイドブッシュ等に厳しい管理を必要とせずに、固定ストッパに可動ストッパが衝突したときにステータコイルの励磁極とロータの磁極とを正確に正対させ、磁極合わせと基点出しを正確に行うことのできる電動弁の組立方法を提供する。【解決手段】固定ストッパ24の衝接面が回転軸線Oを通る特定の直線C上に位置するように下部ストッパ基体25を回転させる工程と、下部ストッパ基体を弁本体...

    電動弁の組立方法、及び電動弁