吉岡衛 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】エンジン冷間始動時のより早い時期から、余計な電気的構成やエネルギーを必要とすることなく、ガス分配部の内壁全体を暖めること。【解決手段】EGRガス分配器1は、吸気マニホールド2に装着され、吸気マニホールド2の各分岐管4A〜4DにEGRガスを分配する。EGRガス分配器1は、EGRガスが導入され、各分岐管4A〜4DへEGRガスを分配するガス分配部15と、ガス分配部1...

    EGRガス分配器

  2. 【課題】エンジンの運転状態やEGR弁の動作状態に関する条件を特定の条件に制限することなくEGR弁の開閉に係る異常を早期に診断すること。【解決手段】EGR装置は、エンジン1から排気通路5へ排出される排気の一部をEGRガスとして吸気通路3へ流すEGR通路17と、同通路17のEGR流量を調節するEGR弁18と、エンジン1の運転状態を検出する各種センサ23,51,52等と、検...

    エンジンのEGR装置

  3. 【課題】過給機より下流の吸気通路に設けられるスロットル装置と、燃料タンクで発生するベーパを過給機より上流の吸気通路へパージする蒸発燃料処理装置とを備え、エンジンの減速時に燃料カットを実行するときに、エンジンから触媒へのベーパの流入を抑えて触媒の温度の過剰な上昇を防止すること。【解決手段】エンジンシステムは、過給機5を備えたエンジン1、電子スロットル装置6、蒸発燃料処理...

    エンジンシステム

  4. 【課題】エンジン、過給機、スロットル装置、蒸発燃料処理装置及び排気触媒を備えたエンジンシステムにおいて、ベーパのパージ中のエンジン減速時にエンジンへ流れるベーパによる触媒の過熱を防止すること。【解決手段】エンジン1、インジェクタ17、スロットル装置6、過給機5、新気導入装置30、蒸発燃料処理装置41、排気の触媒10,11及び電子制御装置60を備える。電子制御装置60は...

    エンジンシステム

  5. 【課題】駆動源の非駆動時にも弁体を弁座に押し付けて両者の間を封止し続けること。【解決手段】二重偏心弁は、弁座、弁体、弁体を先端部に設けた回転軸15、回転軸15を回転させるモータ、回転軸15の基端部にて駆動力を受給する弁ギヤ41、基端部側に配置され、先端部を自由端部として回転軸15を片持ち支持する軸受、弁体が閉弁する方向へ回転軸15を回転させるスプリング力を弁ギヤ41へ...

    二重偏心弁

  6. 技術 吸気装置

    【課題】補助ガスを吸気マニホールドの各分岐管へ分配するガス分配器を備え、ガス分配器での凝縮水の発生を抑えると共に、ガス分配器に汎用性が得られるようにすること。【解決手段】吸気装置1は、吸気マニホールド11、EGRガス分配器12及びEGRクーラ13を備える。吸気マニホールドは、サージタンク21、分岐管22Bを含む。EGRガス分配器は、ガス入口、ガスチャンバ30及び分岐管...

    吸気装置

  7. 【課題】過給状態からのエンジン減速時にパージカットをしてからパージ再開するときに、エンジンに吸入されるベーパの過不足による排気エミッションの悪化を防止すること。【解決手段】エンジンシステムは、過給機5付きエンジン1、スロットル装置6、蒸発燃料処理装置41及び電子制御装置(ECU)60を備える。ECU60は、パージ実行状態からのエンジン減速時に、スロットル装置6を減速開...

    エンジンシステム

  8. 【課題】弁開度を所定開度に維持するために必要となる開弁保持電流を減少させることができる二重偏心弁及びそれを用いた燃料電池システムを提供すること。【解決手段】燃料電池システム101における出口統合弁181は、回転軸15の軸線L1が弁体14のシール面18から離れて配置されるとともに、弁体14の軸線L2から離れて配置され、弁体14が、回転軸15の軸線L1を含んで弁体14の軸...

    二重偏心弁及びそれを用いた燃料電池システム

  9. 【課題】全閉状態の封止弁においてガス洩れを防ぐことができる封止弁制御システムおよび燃料電池システムを提供する。【解決手段】本開示の一態様は、封止弁制御システムにおいて、入口封止弁174は、弁座13に、弁体14と弁座13との間を封止するゴムシール部13aが設けられており、コントローラ201は、入口封止弁174による封止要求があるときに、弁体14とゴムシール部13aとを摺...

    封止弁制御システムおよび燃料電池システム

  10. 【課題】エンジン、過給機、吸気量調節弁、新気導入装置及び蒸発燃料処理装置を備えたエンジンシステムにつき、エンジン減速時に過剰濃度の蒸発燃料(ベーパ)によりエンジンの空燃比がオーバーリッチ化することを防止すること。【解決手段】エンジンシステムは、エンジン1、吸気通路2、排気通路3、インジェクタ17、燃料タンク40、電子スロットル装置6、過給機5、新気導入通路31と新気導...

    エンジンシステム

  11. 【課題】燃料電池からの酸化剤ガスの排出を制御する下流側弁が閉固着した場合に、下流側弁の駆動部の耐久性を維持しつつ、下流側弁の閉固着を解除できる燃料電池システムを提供する。【解決手段】本開示の一態様は、燃料電池システム101において、コントローラ201は、システム起動時に、入口封止弁174及びバイパス弁191を開弁させ、コンプレッサ172の回転数を凍結解除コンプレッサ回...

    燃料電池システム

  12. 【課題】簡略構成でブローバイガス還元装置(BGV装置)の漏れ異常を精度良く診断し、EGRガスの吸入に起因するエンジンの減速失火対策への利用も可能とする。【解決手段】BGV装置25は、ガス蓄積部4、14、吸気通路15のスロットル弁17、ガスをスロットル弁17より下流の吸気通路15へ流すBGV通路26とPCV弁27、ガス蓄積部へ新気を導入する新気導入通路31を備える。異常...

    低圧ループ式EGR装置を備えた過給機付きエンジンにおけるブローバイガス還元装置の異常診断装置

  13. 【課題】流路と軸受とシール部材との配置や寸法の関係において、シール部材の耐熱性を有効に向上させること。【解決手段】バイパスバルブ1において、滑り軸受23の第2端23bから、流路18においてシール部材27に最も近い壁面18aまでの距離を端面距離Leと定義し、シール部材27の弁軸14と接する部分の軸方向における第1端27aから第2端27bまでの距離をシール距離Lsと定義し...

    排気制御弁

  14. 【課題】排気制御弁につき、熱害に対する耐熱性を有すると共に、弁軸の駆動機構に対する精密な駆動連結を確保すること。【解決手段】弁軸14は、各流路17,18を貫通してケーシング19に配置され、各流路17,18には、各弁体12,13が弁軸14と一体に設けられる。ケーシング19と第1軸端部14aとの間に第1軸受22が、ケーシング19と第2軸端部14bとの間に第2軸受23が設け...

    排気制御弁

  15. 【課題】EGRガスによる熱害に対しシール部材の耐熱性を確保すると共に、弁軸の減速機構に対する精密かつ安定的な駆動連結を確保すること。【解決手段】EGRクーラに通じるクーラ流路17にクーラ弁体12が配置され、バイパス通路に通じるバイパス流路18にバイパス弁体13が配置される。クーラ弁体12は弁軸14の第1軸端部14aに隣接して固定され、バイパス弁体13は弁軸14の第2軸...

    EGRクーラバイパスバルブ

  16. 【課題】EGRクーラとバイパス通路に使用することでEGRガス温度のリニアな制御性を向上させること。【解決手段】バイパスバルブ1は、EGRクーラ3,9を通過したクーラガスを流すクーラ流路12と、バイパス通路4を通過したバイパスガスを流すバイパス流路13と、クーラ弁体15と、バイパス弁体16と、両弁体15,16の弁軸17と、ガス流量調整構造とを備える。ガス流量調整構造は、...

    EGRクーラバイパスバルブ