原正彦 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】有害な副作用を低減するか又は生じない、アピキサバンを含む医薬組成物を提供する。【解決手段】 本発明の医薬組成物は、アピキサバンを含み、1回あたり約0.8 mg〜約1.5 mgのアピキサバン又はその医薬として許容し得る塩若しくは溶媒和物が、患者に対して1日2回又は3回投与されるように用いられることを特徴とする。ここで、該患者は、心房細動を有し、かつ下記基準(1...

    低用量のアピキサバンを含む医薬組成物

  2. 【課題】有害な副作用を低減するか又は生じない、アピキサバンを含む医薬組成物を提供する。【解決手段】 本発明の医薬組成物は、アピキサバンを含み、1回あたり約0.8 mg〜約1.5 mgのアピキサバン又はその医薬として許容し得る塩若しくは溶媒和物が、患者に対して1日2回又は3回投与されるように用いられることを特徴とする。ここで、該患者は、心房細動を有し、かつ下記基準(1...

    低用量のアピキサバンを含む医薬組成物

  3. 【課題】リハビリテーションとして設定した目標距離と実際にユーザが運動する運動距離との乖離を抑制すること。【解決手段】目標物認識性向上システムであって、ユーザの第1リハビリテーション動作を検出する動作検出部と、検出した第1リハビリテーション動作に応じて動くアバター画像と、第1リハビリテーション動作の目標を示す目標画像と、目標画像の視認性を向上させる少なくとも1つの視認補...

    リハビリテーション支援システム、リハビリテーション支援方法およびリハビリテーション支援プログラム

  4. 【課題】リハビリテーションとして設定した目標距離と実際にユーザが運動する運動距離との乖離を抑制すること。【解決手段】目標物認識性向上システムであって、ユーザの第1リハビリテーション動作を検出する動作検出部と、検出した第1リハビリテーション動作に応じて動くアバター画像と、第1リハビリテーション動作の目標を示す目標画像と、目標画像の視認性を向上させる少なくとも1つの視認補...

    リハビリテーション支援システム、リハビリテーション支援方法およびリハビリテーション支援プログラム

  5. 【課題】ユーザの能力および環境因子に合わせて制御することにより、複数のユーザにとって使い勝手のよい情報処理装置を提供すること。【解決手段】ユーザの入力を受け付ける入力受付手段と、前記入力に応じた画面を表示する表示手段と、前記ユーザの能力を判定する能力判定手段と、前記ユーザの周辺環境を判定する周辺環境判定手段と、前記能力および前記周辺環境に応じて、画面表示および前記入力...

    情報処理装置、情報処理方法および情報処理プログラム