加藤哲 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 技術 移植機

    【課題】 施肥作業の前の肥料試し繰出しを行うことが望ましい。しかしながら、上述された従来の移植機に関しては、施肥作業の前の肥料試し繰出しに関する効率性が必ずしも十分ではない。【解決手段】 動力を発生するエンジン20と、エンジン20により発生された動力を利用して施肥作業を行う施肥装置70と、施肥装置70へ動力を供給する第一モーター200と、施肥作業の前の肥料試し繰出...

    移植機

  2. 技術 作業車両

    【課題】より多くの作業資材(苗や肥料等)を積載することができ、かつ作業資材の積載作業を容易に行うことのできる作業車両を提供すること。【解決手段】走行車体の前端部から後端部に亘る機体の上部全体に亘って設けられ、作業部へ送給する苗を貯留する資材貯留部と、を備え、資材貯留部は、機体前方に向けて資材投入口が開口されたタンク部と、タンク部内に設けられ、苗を作業部へ搬送する資材搬...

    作業車両

  3. 【課題】圃場周縁部においても直進性が低下することのない作業車両および作業車両の自動直進走行支援システムを提供すること。【解決手段】アンテナフレームは、走行車体に基端部がそれぞれ取付けられた下部フレームと、各下部フレームの上端に連結具を介して連結された上部フレームと、を有し、前記位置情報取得ユニットは、前記上部フレームの上部間に配設され、前記アンテナフレームの頂部に位置...

    作業車両および作業車両の自動直進走行支援システム

  4. 【課題】作業資材の補給を容易に行うと共に、自動走行可能な機体の制御をより簡略化できる圃場作業機を提供することを目的とする。【解決手段】走行可能な走行車体(1)と、自車両の位置を示す位置情報を取得する位置情報取得装置(5)とを備え、位置情報取得装置(5)が取得した位置情報に基づいて走行車体(1)を自動走行させる制御装置(3)を備えた圃場作業機において、走行車体(1)と、...

    圃場作業機

  5. 技術 作業車両

    【課題】操作自由度を向上させること。【解決手段】実施形態に係る作業車両は、積載部と、植付装置と、複数の部分条クラッチと、入切機構とを備える。積載部は、機体の後部において苗を積載する。植付装置は、機体の後部において左右方向に並び、積載部に積載された苗を圃場に植え付ける。複数の部分条クラッチは、植付装置に対応する。入切機構は、複数の部分条クラッチを作動させる。入切機構は、...

    作業車両

  6. 技術 苗移植機

    【課題】整地機能を十分に発揮しつつ、苗植付部における圃場の土壌面からの高さを精度良く検出し、苗の植付深さを安定させることのできる苗移植機を提供する。【解決手段】整地装置で整地した土壌面を均す均平装置と、苗植付部の土壌面からの高さを検出する複数の検出装置と、検出装置の検出結果に基づいて苗の植付深さを調整する制御部とを備える。均平装置は、苗植付部の下部に上下回動自在に設け...

    苗移植機

  7. 技術 作業車両

    【課題】自動旋回性を向上させる作業車両を提供すること。【解決手段】実施形態の一態様に係る作業車両は、走行車体と、走行車体の後方に取り付けられた植付部と、植付部によって次工程で植え付けを行うための走行目印を圃場に付ける線引きマーカと、走行車体の舵角を調整する舵角調整部と、舵角調整部を制御し、線引きマーカが出ていた方向へ走行車体を自動的に旋回させる自動旋回制御を実行する制...

    作業車両

  8. 技術 作業車両

    【課題】試し繰り出しに掛かる手間を低減する作業車両を提供する。【解決手段】走行車体に設けられ、肥料を貯留する貯留部と、前記貯留部の下方に設けられ、前記貯留部から前記肥料を繰り出す繰出部と、前記繰出部を回転させて前記肥料の繰り出しを行う電動モータと、前記繰り出しが行われた場合に、繰り出された前記肥料を移送するホースと、前記肥料を移動させる運送風を前記施肥ホース内に供給す...

    作業車両

  9. 技術 作業車両

    【課題】圃場に余分な作業資材を持ち込むことなく、正確な比重を測定して繰出量を調節することが可能な作業車両を提供する。【解決手段】増減操作部により変更された繰出量に基づき調節部材で繰り出し可能な構成とし、情報端末は、記録された比重と肥料の情報を関連づける肥料リストを作成する施肥管理アプリケーションを備え、肥料リストに掲載されている肥料を選択すると、制御装置)に記録された...

    作業車両

  10. 技術 作業車両

    【課題】環境を悪化させることなく、圃場を自動走行しながら農業害虫を除去することのできる作業車両を提供すること。【解決手段】作業車両は、走行装置を備えて圃場100を走行可能な走行車体1と、走行装置操舵可能な操舵装置4と、走行車体1に設けられた第1の作業装置6と、自車両の位置を示す自車位置情報を取得する位置情報取得装置5と、位置情報取得装置5により取得した自車位置情報に基...

    作業車両

  11. 技術 作業車両

    【課題】円滑な自動走行による作業を行わせるとともに、圃場を荒らし難くした作業車両を提供すること。【解決手段】作業車両は、位置情報取得装置により取得した自車位置情報に基づき、走行車体を自動走行させる走行処理を実行するとともに、作業装置を駆動しての作業処理を実行する制御装置を備え、制御装置は、走行車体を圃場の外周を周回させることで、圃場の外形を導出可能な圃場位置情報を取得...

    作業車両

  12. 技術 作業車両

    【課題】作業者の誰もが容易に変速操作することのできる作業車両を提供すること。【解決手段】作業車両の走行車体は、エンジンから入力される動力を変速して出力するHSTと、レバー型の第1の操作具およびペダル型の第2の操作具と、第1、第2の操作具のいずれか一方の操作により車速調整を行い、いずれか他方の操作によりスロットル調整を行う第1の走行モードと、第1の操作具または第2の操作...

    作業車両