光田匡孝 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~4件を表示(4件中) 1/1ページ目

  1. 【課題】DPFに連結されたセンサ配管内に凝縮水が溜まることを抑制すること。【解決手段】エンジン5は、排気ガス浄化装置52と、差圧センサ192と、排気ガス浄化装置52の内部空間と差圧センサ192とを連通させるセンサ配管188とを備える。排気ガス浄化装置52は、排気ガスを通過させる略円筒形のガス浄化ハウジング168と、ガス浄化ハウジング168の外周面に設けられた排気ガス入...

    エンジン装置

  2. 【課題】エンジンルームを省スペース化したり、障害物の衝突によって還流管路が損傷するのを防止することが可能なエンジン装置を提供すること。【解決手段】エンジン5は、シリンダヘッド55と、シリンダヘッド55の左側面に設けられた排気マニホールド57と、シリンダヘッド55の右側面に設けられた吸気マニホールド56と、排気マニホールド57から排出される排気ガスの一部を吸気マニホール...

    エンジン装置

  3. 【課題】エンジンルームを省スペース化したり、エンジンへの各部材の組み付け作業を容易化したりすることが可能なエンジン装置を提供すること。【解決手段】エンジン5は、トラクタ1のエンジンルーム内に搭載される。エンジン5は、吸気マニホールド53と、吸気マニホールド53に新気を供給する吸気スロットル部材28とを備える。吸気スロットル部材28は、他の部材との干渉を避けるように吸気...

    エンジン装置

  4. 技術 作業車両

    【課題】ディーゼルエンジン70に差圧センサ60を組み付けるに当たり、ディーゼルエンジン70やDPF1からの発熱の悪影響を受けないようにする。【解決手段】本願発明に係る作業車両は、吸気マニホールド73及び排気マニホールド71を有するディーゼルエンジン70と、ディーゼルエンジン70からの排気ガスを浄化するための排気ガス浄化装置1と、排気ガス浄化装置1の状態を検出するセンサ...

    作業車両