佐藤真一 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】流入口から内部に浸入した水をガスの流量計測に影響を与えることなく貯留できると共に、水の貯留量を容易に大きくすることができるガスメーターを提供する。【解決手段】流入口から流出口に至るガスの流路として正面視略U字状の筒状に形成された流路部材と、流入口からガスが流れ込む流入路の流れ方向に対して略直角方向に設けられた流路内に配置されて、ガスの流量を計測する計測流路が内...

    ガスメーター

  2. 【課題】ガスメーター内に浸入した液体(例えば水)を溜めておくタンクを有するとともに、タンク内の液体が凍結した場合であっても安全であり、かつガス流量の計測の精度への影響をより抑制することができるガスメーターを提供する。【解決手段】ガス流入口と、ガス流出口と、計測管と、ガス導入流路と、ガス導出流路と、ガス導入流路の下端部において計測管の流入口の周囲に膨らむように形成された...

    ガスメーター

  3. 【課題】ガス流量の検出の際に、熱式のフローセンサの傾斜角度を検出し、ガス流量の検出結果を補正するガスメータを提供する。【解決手段】本発明の一側面に係るガスメータは、ガスメータの内部のガスが流れる流管に設置され、ガスの流量を検出するガス流量検出装置と、前記流管に前記ガス流量検出装置が設置された際の、前記ガス流量検出装置の傾斜角度を検出する加速度センサと、を備える。

    ガスメータ

  4. 【課題】吐出通路の流路断面積を拡大することが可能な構成を備えたベーン型圧縮機を得る。【解決手段】シリンダ部14の内周面14cには、ロータ18の外周面18cから遠ざかる方向に凹む凹部37が設けられ、凹部37は、凹部37のうちの一方側に位置する端部がシリンダ部14の端面14tで開口するように延びている。凹部37は、圧縮室21で圧縮された冷媒が吐出される吐出通路を形成してい...

    ベーン型圧縮機

  5. 【課題】開閉を適切に行なうことができ、開閉の際に不要な位置に応力集中が発生することを抑制可能な吐出リード弁を備えたベーン型圧縮機を得る。【解決手段】ベーン型圧縮機は、シリンダ部14の軸方向における一方側に位置する端面14tに重なるように配置された弁プレート80と、吐出リード弁81に切欠82が設けられることによって形成される板ばね状の吐出リード弁81と、締結具78と、を...

    ベーン型圧縮機

  6. 【課題】複数のハウジング部材同士を締結するための締結具の数を少なくすることが可能なベーン型圧縮機を得る。【解決手段】ベーン型圧縮機10は、シリンダ部14が設けられた第1ハウジング部材13と、第2ハウジング部材12と、サイドプレート15をシリンダ部14の端面14tに締結する締結具78a,79aとを備える。第2ハウジング部材13に設けられた押圧部36daは、締結具78a,...

    ベーン型圧縮機

  7. 【課題】サイドプレートのうちの径方向において内側寄りに位置する部分がシリンダ室側に向かって撓むことを抑制可能なベーン型圧縮機を得る。【解決手段】ベーン型圧縮機10は、ガスケット50と、リヤハウジング12、サイドプレート15およびガスケット50によって区画されることで形成された吐出室35aと、を備える。ガスケット50の内側環状部51がリヤハウジング12とサイドプレート1...

    ベーン型圧縮機およびガスケット

  8. 【課題】吐出リード弁のアーム長さを変更したとしても、たとえばハウジングの大型化等の、ハウジングの内径におよぶ影響を小さくすることが可能な構成を備えたベーン型圧縮機を得る。【解決手段】ベーン型圧縮機は、シリンダ部14の軸方向における一方側に位置する端面14tに重なるように配置された弁プレート80を備える。弁プレート80には、切欠82が設けられることによって板ばね状の吐出...

    ベーン型圧縮機

  9. 【課題】デッドボリュームを小さくするとともに、圧縮機を軸方向において小型化可能な構成を備えたベーン型圧縮機を得る。【解決手段】ベーン型圧縮機は、ハウジング11および吐出通路37を備え、ハウジング11は、内部に圧縮室21が形成されるシリンダ部14を有する。シリンダ部14の端面には弁プレート80が固定される。弁プレート80に対してシリンダ部14と反対側に、リテーナプレート...

    ベーン型圧縮機

  10. 【課題】抵抗変化型半導体メモリ素子において、フォーミング処理をなくすことができ、また、MOS構造を採用でき、電極材料に高価な金属を用いないようにする。【解決手段】抵抗変化型半導体メモリ素子は、半導体層11と、該半導体層11の上に設けられた金属酸化物を含む絶縁層12と、半導体層11と絶縁層12との間に形成され、金属酸化物を構成する金属元素と半導体層を構成する半導体元素と...

    抵抗変化型半導体メモリ素子及びそれを用いた不揮発性スイッチング装置、並びに抵抗変化型半導体メモリ素子の製造方法

  11. 【課題】エアパージの実施有無を把握する。【解決手段】本発明のガスメータは、ガス流路と、ガス流路を流れる可燃性ガスの流量を検出する流量センサと、可燃性ガスの流通開始の作業後、可燃性ガスの流量を所定時間積算し、積算した可燃性ガスの流量が所定量以上であれば、エアパージが実施されたと判断するパージ判定部と、を備える。こうして、エアパージの実施有無を容易に把握することができ、空...

    ガスメータ

  12. 【課題】空気の混入を容易かつ高精度に検出する。【解決手段】ガスメータは、ガス流路と、ガス流路を流れる可燃性ガスの流量を検出する流量センサと、ガス流路内の酸素濃度を検出する酸素センサと、を備え、酸素センサで検出された酸素濃度が所定の第1閾値未満になると、その旨が外部に報知される。酸素センサにより、空気の混入が容易かつ高精度に検出される。したがって、配管の容量に拘わらず、...

    ガスメータ

  13. 【課題】インダクタンスL、Qおよび強度を向上させた積層コイル型電子部品を提供する。【解決手段】コイル導体と磁性素体とが積層された素子を有する積層コイル型電子部品である。磁性素体は軟磁性金属粒子および樹脂を含む。樹脂は前記軟磁性金属粒子間の隙間スペースに充填される。軟磁性金属粒子は軟磁性金属粒子本体および軟磁性金属粒子本体を被覆する酸化被膜からなる。酸化被膜のうち軟磁性...

    積層コイル型電子部品

  14. 【課題】体格の大型化を招くことなく、吸入脈動及び起動トルクの上昇を抑制できるベーン型圧縮機を提供する。【解決手段】ベーン型圧縮機10は、筒状のシリンダブロック14の開口を閉塞するサイドプレートと、冷媒ガスが圧縮される圧縮室32と、吸入ポート21と連通し、ハウジング11内におけるシリンダブロック14の外周側で回転軸16の周方向に延在する吸入室31と、回転軸16の軸方向で...

    ベーン型圧縮機

  15. 【課題】ハウジング内のレイアウトの自由度を低下させることなく、ベーン溝に潤滑油を安定供給できるベーン型圧縮機を提供する。【解決手段】ベーン型圧縮機10は、筒状の周壁12bを有するハウジング11と、ハウジング11内に収容される筒状のシリンダブロックと、シリンダブロックの開口を閉塞するサイドプレートと、冷媒ガスが圧縮される圧縮室と、周壁12b内においてサイドプレートを挟ん...

    ベーン型圧縮機

  16. 【課題】吸入行程に対応して適切な量の冷媒を圧縮室へ吸入可能なベーン型圧縮機を提供する。【解決手段】圧縮室に冷媒を吸入する吸入通路がシリンダ部14の内周面14cに開口する吸入窓23a,27aは、ロータの回転方向Rに対し、開口を始める始端部23c,27cと開口を終える終端部23d,27dとを有して延在しており、終端部23d,27dを、終端部23d,27dを含み終端部23d...

    ベーン型圧縮機

  17. 【課題】部品点数を削減でき組み立てを簡素化できるベーン型圧縮機を提供する。【解決手段】リアサイドプレート50には、吐出室35aと背圧室41とを連通する導圧路の一部を構成する導圧ポート53が貫通形成されている。球体64は、導圧ポート53を開閉する開閉弁80の弁体をなしている。吐出弁プレート60には、吐出リード弁部が形成されるとともに、球体64の移動を規制する規制板部63...

    ベーン型圧縮機

  18. 【課題】部品点数を削減でき組み立てを簡素化できるベーン型圧縮機を提供する。【解決手段】リアサイドプレート50には、吐出室35aと背圧室41とを連通する通路の一部を構成する導圧ポート53が貫通形成されている。吐出弁プレート60は、圧縮室と吐出室35aとを連通する通路を開閉する第1リード弁部と、導圧ポート53を開閉する第2リード弁部63とを有している。

    ベーン型圧縮機

  19. 【課題】ベーン背圧室にて発生した背圧を他のベーン背圧室にて再利用しやすくすることが可能なベーン型圧縮機を得る。【解決手段】ベーン型圧縮機においては、リヤサイドプレート15の端面15sに、第1背圧供給穴15e1、第2背圧供給穴15e2、第1背圧溝15a1、および第2背圧溝15a2が周方向において互いに離間して設けられる。第1背圧供給穴15e1は、吐出領域35内に貯留され...

    ベーン型圧縮機

  20. 【課題】必要以上の背圧がベーン背圧室に供給されることを抑制可能なベーン型圧縮機を得る。【解決手段】ベーン型圧縮機10においては、区画壁15のシリンダ室側の端面に、背圧溝15aが軸孔15hから離間した位置に形成されている。ベーン背圧室41は、回転軸16の回転により、背圧供給路のシリンダ室14d側の開口(背圧供給穴15e)と背圧溝15aとに対して、各々、対向して連通する状...

    ベーン型圧縮機

  1. 1
  2. 2