佐藤健太 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】80WV以上の高圧用途での特性に優れた固体電解コンデンサ及びその製造方法を提供する。【解決手段】陽極箔1と陰極箔2と、がセパレータ3を介して巻回されたコンデンサ素子10を有し、コンデンサ素子10は、固体電解質層を有し、コンデンサ素子10内の空隙部には、電解液が充填され、電解液は、溶質として脂肪族カルボン酸のアンモニウム塩と、溶媒として多価アルコールと、を含み、...

    固体電解コンデンサおよび固体電解コンデンサの製造方法

  2. 【課題・解決手段】塩素イオンが混入しても腐食反応を抑制することのできるハイブリッドタイプの固体電解コンデンサを提供する。固体電解コンデンサは、コンデンサ素子と固体電解質層と電解液とを備える。コンデンサ素子は、セパレータを介して陽極箔と陰極箔とを対向させて成る。固体電解質層は、導電性ポリマーから成り、コンデンサ素子内に形成される。電解液は、2,4−ジヒドロキシ安息香酸、...

  3. 【課題】温度が急峻に変化したときの物理量センサーの出力信号に基づく物理量の測定誤差を従来よりも精度良く補正することが可能な温度補正装置を提供すること。【解決手段】物理量センサーからの出力信号に基づく物理量データ及び温度センサーからの出力信号に基づく温度データを取得するデータ取得部と、前記物理量データに基づいて、前記物理量センサーが検出した物理量を測定する物理量測定部と...

    温度補正装置、センサーモジュール及び温度補正方法

  4. 【課題】診断用の制御信号を生成してセンサーに供給する必要がなく、回路の大型化が低減されるセンサーモジュールを提供すること。【解決手段】慣性センサーと、第1時点での前記慣性センサーの検出軸方向の構造共振周波数を記憶する記憶部と、前記慣性センサーの出力信号に基づいて、第2時点での前記慣性センサーの検出軸方向の前記構造共振周波数を測定する共振周波数測定部と、前記第1時点での...

    センサーモジュール、センサーシステム及び慣性センサーの異常判定方法

  5. 【課題】プレイヤの興味を向上させることを目的の一つとする。【解決手段】仮想空間に配置された第1キャラクタの第1アクションを、プレイヤの操作に基づいて制御し、所定の操作を検知したときに、仮想空間に予め配置され、第1キャラクタを通過させる第1オブジェクトと第1キャラクタとの距離が所定の範囲にあると判定されると、第1オブジェクトを第1キャラクタに対応して第1キャラクタの移動...

    プログラム

  6. 【課題】表示画面上でのキャラクタの動作のモードの切り替えを、プレイヤが直感的に行うことができるプログラムを提供する。【解決手段】プログラムは、仮想空間が表示される表示画面への操作を検出する検出部と、検出部により接触が検出された基準位置と、基準位置から接触状態を維持したまま操作された第1操作位置との関係に基づいて決定される方向にキャラクタの移動を制御するキャラクタ制御部...

    プログラム