伊藤賢一 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】複雑な製造工程や面倒な工程管理を行うことなく、炭酸カルシウムの結晶形態や結晶の大きさを制御することが可能な炭酸カルシウムの製造工程用添加剤および炭酸カルシウムの製造方法であり、特にアスペクト比が8以上であり長径10μmを超える炭酸カルシウムの柱状または針状結晶を再現性良く製造する方法を提供する。【解決手段】炭酸カルシウムの製造工程において炭酸カルシウム結晶の形...

    炭酸カルシウム製造工程用添加剤および炭酸カルシウムの製造方法

  2. 【課題・解決手段】式(1)で表される部分構造を有し、かつ光配向性基を有する重合体[P]を液晶配向剤に含有させる。式(1)中、R1及びR2は、それぞれ独立に水素原子、ハロゲン原子又は炭素数1以上の1価の有機基であり、X1及びX2は、それぞれ独立に、−OH、−NH2、又は炭素数1以上の1価の有機基である。ただし、X1及びX2の少なくとも一方は、「−OR3」又は「−NR3R...

    液晶配向剤、液晶配向膜、液晶素子及び重合体

  3. 【課題・解決手段】(A)重合体と、(B)重合体と、を含有する液晶配向剤。(A):式(1)で表される構造単位及び式(2)で表される構造単位よりなる群から選ばれる少なくとも一種の構造単位U1と、スチレン系単量体及び(メタ)アクリル系単量体よりなる群から選ばれる少なくとも一種の単量体に由来する構造単位U2と、を有する重合体。(B):ポリアミック酸、ポリアミック酸エステル及び...

    液晶配向剤、液晶配向膜及び液晶素子

  4. 【課題・解決手段】耐溶剤性、液晶配向性及び電圧保持率のバランスに優れた液晶配向膜を得ることができる液晶配向剤を提供する。(A)オキセタン環及びオキシラン環の少なくともいずれかの環構造と、(B)加熱によりオキセタン環及びオキシラン環の少なくともいずれかと反応する官能基と、(C)光配向性基と、を有する重合体[P]を液晶配向剤に含有させる。

  5. 【課題】フィン本体に対して加飾部材を容易に組み付けることのできる空調用レジスタフィンを提供する。【解決手段】空調用レジスタフィンとしての下流フィン14は、空調用空気の通風路を有する筒状のリテーナに対して傾動可能に取り付けられるフィンであって、長尺板状のフィン本体21と、フィン本体21の短手方向の一方の縁に組み付けられた長尺状の加飾部材22と、を備え、フィン本体21には...

    空調用レジスタフィン

  6. 【課題】リテーナの延在方向に沿ってフィンを適切に組み付けることができる。【解決手段】空調用レジスタは、空調用空気の通風路を構成する筒状のリテーナ11、リテーナ11内の下流側開口12に近接した位置にてリテーナ11に対して傾動可能に並設された複数の下流フィン50,54,57、及び下流フィン50,54,57のうち中央に位置するメインフィン50に取り付けられた操作ノブ70を備...

    空調用レジスタ

  7. 【課題】二次電池のエンクロージャ内の圧力が高まった場合には、その圧力をエンクロージャ外に逃がすことができるとともに、その際にエンクロージャから噴出された気流が直線的な経路で掃除機筐体の開口を通って外部に排出されることを抑制可能な電気掃除機を提供する。【解決手段】電気掃除機において、内部に二次電池113が収容された掃除機筐体100と、掃除機筐体100の内部に配置され、二...

    電気掃除機

  8. 【課題】簡単な構成により操作ノブの操作フィーリングを高めることができる。【解決手段】空調用レジスタ10は、リテーナ13と、メインフィン51と、上流フィン81と、メインフィン51の傾動中心である第1の傾動軸線の軸線方向Bにおいてメインフィン51に対してスライド可能に取り付けられた操作ノブ90と、弾性材料からなり、メインフィン51の下流側縁部51Dと操作ノブ90との間に組...

    空調用レジスタ

  9. 【課題・解決手段】加熱調理器(3)は、加熱コイル(33)及びトッププレート(31)によって調理物(4)を加熱する。調理器具(2)が備えるインピーダンス計測装置(20)は、調理物(4)の電気インピーダンスを計測する。加熱調理器(3)が備える温度センサ(36)は、調理物(4)の温度を計測する。加熱調理器(3)が備える制御部(37)は、インピーダンス計測装置(20)によって...

    焦付き検知システム、調理器具及び焦付き検知方法

  10. 【課題】フォーク軸の軸受部分での異音発生を抑制する。【解決手段】ノブ34は、下流フィンに対し、下流フィン軸の延びる方向である左右方向へスライド可能に装着される。フォーク54は、上流フィンの伝達軸部を挟み込んだ状態で、ノブ34に組付けられる。フォーク54は、左右方向の両端部に、同方向へ延びるフォーク軸56を有する。各フォーク軸56は、ノブ34の左右方向へ互いに離間した2...

    空調用レジスタ

  11. 【課題】フィンを傾動させる際の操作フィーリングの向上を図る。【解決手段】リテーナ内に配列された複数の上流フィン24,25は、板状の上流フィン本体26と、上流フィン本体26をリテーナに傾動可能に支持する上流フィン軸32と、上流フィン本体26の端面26aから上流フィン軸32に対し平行に突出する上流連結ピン33とを備える。各上流連結ピン33が、上流連結ロッド34の連結孔36...

    空調用レジスタ