伊藤浩二 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】外部空間への流体の漏洩が起こる前にシール部材の磨耗の程度を検知できる液漏れ検知機構を提供する。【解決手段】シリンダ室と外部空間100とを接続する連通孔11dが形成されたシリンダと、連通孔11dを貫くようにシリンダに設けられたピストンロッドと、を備える。シリンダには、連通孔11dの第1位置にその一端が接続された流路34が形成される。連通孔11dの第1位置よりもシ...

    液漏れ検知機構の改良

  2. 【課題】差動変圧器のヘルスモニタリングを行うことが可能なアクチュエータを提供する。【解決手段】アクチュエータ10は、シリンダ11と、前記シリンダに摺動可能に設けられたピストンユニット12と、前記シリンダに対する前記ピストンユニットの位置を検出する差動変圧器20と、少なくとも一部が前記差動変圧器内に設けられた閉ループ構造を有する閉ループ構造体50と、前記閉ループ構造体に...

    アクチュエータ

  3. 【課題】アクチュエータの累積作動量をモニタリング可能な新規のアクチュエータシステムを提供する。アクチュエータへの作動流体の給排を制御するソレノイドバルブの作動に基づいてアクチュエータの累積作動量をモニタリングすることができるアクチュエータシステムを提供する。【解決手段】アクチュエータシステム1は、アクチュエータと、アクチュエータへの作動流体の給排を制御するソレノイドバ...

    アクチュエータシステム

  4. 【課題】差圧を速やかに解消できる流体バルブ及び開動作促進装置を提供する。【解決手段】流体バルブ6は、次の弁体10を有する。弁体10は、第1圧力室7と第2圧力室8との間の流体の流量を制御するために各圧力室7,8の圧力により発生する力の差と弾性体の復元力に基づいて開閉可能に設けられる。流体バルブ6は、開動作促進部33を備える。この開動作促進部33は、弁体10が開いた後に弁...

    流体バルブ及び開動作促進装置

  5. 【課題】LVDT(線形可変差動変圧器)を用いずにピストンユニットの位置を特定可能なアクチュエータを提供する。【解決手段】アクチュエータ10は、シリンダと、シリンダに対して移動可能に設けられたピストンユニットと、ピストンユニットに取り付けられたワイヤ55と、ワイヤ55が巻回され、ピストンユニットのシリンダに対する移動に応じて回転するドラム62と、ドラム62に回転力を付与...

    アクチュエータにおけるピストンユニット位置の検出

  6. 【課題】犠牲部材を用いて評価対象部材の腐食の度合いを評価する際に、当該評価対象部材からの犠牲部材の脱落を防止する。【解決手段】構造体は、凹部が形成された母材と、前記凹部に設けられており、前記母材よりも腐食しやすい犠牲材料からなる犠牲部材と、を備える。前記犠牲部材は、少なくともその一部が前記凹部の開口を通過できないように形成されている。

    犠牲部材を用いた腐食の検知

  7. 【課題】簡易かつ精度よく適切な運転を行っていたか否かの判定を行うこと。【解決手段】判定装置10は、車両に設置されたドライブレコーダ20A〜20Cから車両の周辺の画像を取得し、取得した画像を入力として、画像から道路上の物体を検知するための学習済モデルを用いて、画像から特定の物体を検知する。そして、判定装置10は、画像から特定の物体が検知された場合に、該画像が撮影された時...

    判定装置、判定方法および判定プログラム

  8. 技術 防振架台

    【課題】防振架台のガタツキによる振動や騒音の発生を抑制しながら、サイズの異なる搭載物を防振架台に強固に固定する。【解決手段】上架台30に固定される固定梁34と、上架台30の対向する一対の上部サイドフレーム31に対してスライド移動可能に取り付けられる可動梁35とを設ける。この可動梁35に、搭載物を固定可能な可動側長孔35aと、上部サイドフレーム31の底面に当接可能な一対...

    防振架台

  9. 技術 冷凍装置

    【課題】現地水配管の引廻しスペースを縮小し、省スペースで設置することが可能な冷凍装置を提供する。【解決手段】冷凍装置20は、圧縮機5、空気熱交換器2、送風機4、減圧器7、および水熱交換器8により構成される冷凍サイクルと、冷凍サイクルを収容する筐体13とを備え、筐体13は、水熱交換器8が配置され、水熱交換器8に接続される水配管(装置水配管10および現地水配管12)を通す...

    冷凍装置