仲田慎平 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~5件を表示(5件中) 1/1ページ目

公開年
  1. 【課題】穴の形状を測定するにあたり、測定時間を長引かせずに測定することができる形状測定装置、形状測定方法を提供する。【解決手段】円筒状の形状を有するワークの形状を測定する形状測定方法であって、前記ワークの形状を検出し、前記ワークが載せられる搭載盤を回転させながら、前記センサを前記ワークの回転軸方向に移動させ、移動される前記センサから出力される検出データを記憶部に書き込...

    形状測定装置、形状測定方法

  2. 【課題】歯面の端面角部の尖鋭部を面取りするとともに、端面角部の近傍の盛り上がりを抑制し、且つ効率的な加工をする。【解決手段】複合カッタ100は、被削歯車14の歯26の端面角部30、31を押圧して面取り加工をするフレージングカッタ部40a、40bと、被削歯車14の歯面28の切削をするシェービングカッタ部42とを有する。フレージングカッタ部40a、40bとシェービングカッ...

    複合カッタ

  3. 【課題】被削歯車の歯面の端面角部の面取りをするとともに、端面角部の近傍の盛り上がりを抑制する。【解決手段】歯車加工装置の加工部12は、被削歯車14を軸支するワーク支持部としての軸J1と、該軸J1に設けられた被削歯車14に対してフレージングカッタ18を噛合させるように該フレージングカッタ18を軸支するカッタ支持部としての軸J2とを有する。軸J1は、フレージングカッタ18...

    歯車加工装置

  4. 【課題】被削歯車の歯面の端面角部の面取りをするとともに、端面角部の近傍の盛り上がりの発生を抑制し、効率よく加工をする。【解決手段】歯車加工装置10aは、被削歯車14を軸支するワーク支持部としての回転軸110a〜110dと、ワーク支持部に対して相対的に移動をして順に加工をする第1ステージ102、第2ステージ104及び第3ステージ106とを有する。第1ステージ102は、ワ...

    歯車加工装置

  5. 【課題】被削歯車の歯面の端面角部を面取りするとともに、端面角部の近傍の盛り上がりの発生を抑制する。効率よく加工をする。【解決手段】歯車加工装置10aは、加工部12を有する。加工部12の複合カッタ100は、被削歯車14の歯26の端面角部30、31を押圧して面取り加工をするフレージングカッタ部40a、40bと、被削歯車14の歯面28の切削をするシェービングカッタ部42とを...

    歯車加工装置