井関隆士 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】焙焼後の被焙焼物の純度に対する要求が高い場合でも、ガスの流量を十分に大きくして、被焙焼物を十分に焙焼することができる流動焙焼炉を提供する。【解決手段】流動焙焼炉10は、下側から上側へ向けて流れるガスを用いて被焙焼物が焙焼される筒状炉心部11と、筒状炉心部11から流れ出るガスが導入される飛散物回収容器16と、が備えられている。飛散物回収容器16には、飛散物回収容...

    流動焙焼炉

  2. 【課題】焙焼後の被焙焼物の純度に対する要求が高い場合でも、ガスの流量を十分に大きくして、被焙焼物を十分に焙焼することができる流動焙焼炉を提供する。【解決手段】流動焙焼炉10には、下側から上側へ向けて流れるガスを用いて被焙焼物が焙焼される筒状炉心部11が設けられている。筒状炉心部11の上部には、被焙焼物が筒状炉心部から飛散するのを防止するためのフィルタ16が設けられてい...

    流動焙焼炉

  3. 【課題】焙焼後の被焙焼物の純度に対する要求が高い場合でも、被焙焼物を均一に焙焼することができる流動焙焼炉を提供する。【解決手段】流動焙焼炉10には、下側から上側へ向けて流れるガスを用いて被焙焼物が焙焼される筒状炉心部11が設けられている。筒状炉心部11は、内面鉛直部16と、拡張部17と、を備えている。そして筒状炉心部16の軸線を含む断面において、内面鉛直部16の内面を...

    流動焙焼炉

  4. 【課題】焙焼後の被焙焼物の純度に対する要求が高い場合でも、被焙焼物を均一に焙焼することができる流動焙焼炉を提供する。【解決手段】流動焙焼炉10には、下側から上側へ向けて流れるガスを用いて被焙焼物が焙焼される筒状炉心部11が設けられている。この筒状炉心部11には、被焙焼物が焙焼される流動層が形成されている高さ方向の領域において、流動層に振動を付加する振動体16が備えられ...

    流動焙焼炉

  5. 【課題】焙焼によりガスが発生する被焙焼物であっても、焙焼後の品質と回収率を高くすることができる流動焙焼炉を提供する。【解決手段】流動焙焼炉10は、下側から上側へ向けて流れるガスを用いて被焙焼物が焙焼される筒状炉心部11が設けられている。筒状炉心部11は、被焙焼物が焙焼される流動層が形成されている高さ方向の領域において、炉内断面積が異なる複数の内面鉛直部17を有している...

    流動焙焼炉

  6. 【課題】焙焼によりガスが発生する被焙焼物であっても、焙焼後の品質と回収率を高くすることができる流動焙焼炉を提供する。【解決手段】流動焙焼炉10を構成する筒状炉心部11は、下側の断面積よりも上側の断面積が大きい拡大部17を有し、この拡大部17の内面は、下面よりも上面が大きい円錐台の形状である。そして拡大部17が存する高さ方向の領域において被焙焼物が焙焼される流動層が形成...

    流動焙焼炉

  7. 【課題】ガス流量/炉内断面積で求められる空塔速度の制御を容易にすることで、効率的に焙焼可能であり、被焙焼物の品質と回収率に優れる流動焙焼炉を提供する。【解決手段】下方から上方へ向けて流れるガスを用いて被焙焼物が焙焼される筒状炉心部11と、この筒状炉心部11の上部に接続された、被焙焼物が流入可能な分岐管16と、が設けられている流動焙焼炉10である。この構成により、分岐管...

    流動焙焼炉

  8. 【課題】減速部16が設けられた流動焙焼炉10において、減速部16に至るまでの拡張部17に生じた堆積物を順次除去することで、高い生産性を維持できる流動焙焼炉を提供する。【解決手段】流動焙焼炉10には、流動層を生じさせる炉心本体11と、この炉心本体11の上方に位置し、炉心本体11の水平断面の内面積よりも大きい内面積の減速部16と、炉心本体11と減速部16との間に位置する拡...

    流動焙焼炉および流動焙焼炉の運転方法

  9. 【課題】ニッケル酸化鉱石等の酸化鉱石を含む混合物を還元することでメタルを製造する製錬方法において、メタルを粗大化して回収することにより、品質のばらつきを抑え、高品質なメタルを得ること。【解決手段】本発明に係る酸化鉱石の製錬方法は、酸化鉱石と炭素質還元剤とを混合して得られる混合物を移動炉床炉の炉床に載置し、移動炉床炉にて還元処理を施し還元物を得る酸化鉱石の製錬方法であっ...

    酸化鉱石の製錬方法

  10. 【課題】ニッケル酸化鉱石等の酸化鉱石を含む混合物を還元することでメタルを製造する製錬方法において、メタルを効率的に回収することができ、しかも品質のばらつきが少なく高品質なメタルを製造することができる方法を提供する。【解決手段】本発明に係る酸化鉱石の製錬方法は、酸化鉱石と炭素質還元剤とを混合して得られる混合物を還元炉に装入し、その還元炉にて還元処理を施す酸化鉱石の製錬方...

    酸化鉱石の製錬方法、還元炉

  11. 【課題】ニッケル酸化鉱石等の酸化鉱石を含む混合物を還元することでメタルを製造する製錬方法において、メタルを効率的に回収することができ、しかも品質のばらつきが少なく高品質なメタルを製造することができる方法を提供する。【解決手段】本発明に係る酸化鉱石の製錬方法は、酸化鉱石と炭素質還元剤とを混合して得られる混合物を還元炉に装入し、その還元炉にて還元処理を施す酸化鉱石の製錬方...

    酸化鉱石の製錬方法、還元炉

  12. 【課題】ニッケル酸化鉱石等の酸化鉱石を含む混合物を還元することでメタルを製造する製錬方法において、メタルを効率的に回収することができ、しかも品質のばらつきが少なく高品質なメタルを製造することができる方法を提供する。【解決手段】本発明に係る酸化鉱石の製錬方法は、酸化鉱石と炭素質還元剤とを混合して得られる混合物を還元炉1に装入し、その還元炉1にて還元処理を施す酸化鉱石の製...

    酸化鉱石の製錬方法、還元炉

  13. 【課題】ニッケル酸化鉱石等の酸化鉱石を含む混合物を還元することでメタルを製造する製錬方法において、メタルを効率的に回収することができ、しかも品質のばらつきが少なく高品質なメタルを製造することができる方法を提供する。【解決手段】本発明に係る酸化鉱石の製錬方法は、酸化鉱石と炭素質還元剤とを混合して得られる混合物を還元炉の炉床に載置し、その還元炉にて還元処理を施す酸化鉱石の...

    酸化鉱石の製錬方法、還元炉

  14. 【課題】 塩ビを含む廃銅線材などのスクラップから有価金属を安全かつ容易に回収、リサイクルしようとする塩ビを含有する銅スクラップからの有価金属リサイクル方法を提供する。【解決手段】 ポリ塩化ビニルと有価金属を含有するスクラップを、350℃以上、1000℃以下の温度で焙焼する焙焼工程に付して焙焼物を得て、次いで前記焙焼物を、水洗する水洗工程に付して洗浄後焙焼物を得た後...

    塩ビを含有する銅スクラップからの有価金属リサイクル方法

  15. 【課題】ニッケル酸化鉱石等の酸化鉱石を含む混合物を還元することでメタルを製造する製錬方法において、高い生産性でもって高品質のメタルを効率的に製造することができる方法を提供する。【解決手段】本発明に係る酸化鉱石の製錬方法は、酸化鉱石と炭素質還元剤とを混合して得られた混合物を乾燥する乾燥工程S31と、乾燥させた混合物を予熱する予熱工程S32と、予熱後の混合物を還元する還元...

    酸化鉱石の製錬方法

  16. 【課題】ニッケル酸化鉱石等の酸化鉱石を含む混合物を還元することでメタルを製造する製錬方法において、メタルを効率的に回収することができ、しかも品質のばらつきが少なく高品質なメタルを製造することができる方法を提供する。【解決手段】本発明に係る酸化鉱石の製錬方法は、酸化鉱石と炭素質還元剤とを混合し、得られた混合物を還元炉にて加熱することによって還元処理を施し、メタルとスラグ...

    酸化鉱石の製錬方法

  17. 【課題】ニッケル酸化鉱石等の酸化鉱石を含む混合物を還元することでメタルを製造する製錬方法において、エネルギーコストを有効に低減させて、高い生産性でもって、高品質のメタルを効率的に製造することができる方法を提供する。【解決手段】本発明に係る酸化鉱石の製錬方法は、酸化鉱石と炭素質還元剤とを混合して得られた混合物を乾燥する乾燥工程S31と、乾燥させた混合物を予熱する予熱工程...

    酸化鉱石の製錬方法