井上仁 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】内歯と外歯の噛み合い位置での歯当たりを良好にするとともに、動力の伝達効率を向上させることにある。【解決手段】可撓性外歯歯車20は、円環状の剛性内歯歯車10の内歯に対して部分的に噛み合う外歯をその外周面に有し、その内周面が非真円カム31の回転に伴って押されることにより、前記内歯と前記外歯との噛み合い位置をその周方向に移動させながら、前記剛性内歯歯車に対して相対回...

    可撓性外歯歯車およびそれを備える波動歯車装置

  2. 【課題】車両を効率よく走行させ、かつ、安定的に動力を走行用に伝達することができる駆動装置を提供する。【解決手段】第1出力軸13は、第1電動機11からの動力により回転する。第2出力軸14は、第1電動機よりも高速の回転動力を出力可能な第2電動機12からの動力により回転する。クラッチ部材16は、第1出力軸に締結する低速状態、第2出力軸に締結する高速状態、ならびに、第1出力軸...

    車両走行用駆動装置

  3. 【課題】位相調整対象物の位相を調整するために容易に導入することができ、かつ簡素でコンパクトな位相調整装置を提供する。【解決手段】位相調整装置100は、伝動回転体8、剛性歯車12、可撓性歯車13、波動発生器20、位置決め部材14,18を有す。伝動回転体は、定常時に位相調整対象物6と一体回転する。剛性歯車は、伝動回転体に相対回転不能に設けられ、周方向に剛性歯12aを有す。...

    位相調整装置

  4. 技術 減速機

    【課題・解決手段】この減速機(1A)は、第1減速機構(20A)と第2減速機構(30A)とを有する。第1減速機構(20A)は、太陽ローラ(21A,22A)と支持部(62A)と遊星転動体(23A)とを有する。第2減速機構(30A)は、固定歯車(32A)と回転歯車(31A)とを有する。固定歯車(32A)と回転歯車(31A)とは、遊星転動体(23A)から受ける押圧によって、部...

    減速機

  5. 【課題】波動歯車装置において、可撓性外歯歯車の損傷を防ぐ構造を提供すること。【解決手段】波動歯車装置は、中心軸を中心に回転するシャフトと、シャフトの回転数で回転する波動発生器と、中心軸を囲む筒状であって、波動発生器の径方向外側に配置され、波動発生器によって非真円状に撓められる可撓性外歯歯車と、可撓性外歯歯車の径方向外側に配置され、可撓性外歯歯車と部分的に噛み合う内歯歯...

    波動歯車装置

  6. 技術 減速機

    【課題】減速機の部品点数を抑えて、減速機を小型化しやすい構造を提供すること。【解決手段】この減速機は、入力回転体と、出力回転体と、ハウジングとを有する。入力回転体は、入力シャフトと、腕部と、ローラとを含む。出力回転体は、可動クラウンギアと、出力シャフトとを含む。ハウジングは、固定クラウンギアを含む。可動クラウンギアおよび固定クラウンギアは、中心軸に対して垂直または斜め...

    減速機