中山沖彦 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】走行経路に対する運転者の習熟度合を判断するときの判断精度を向上させ、より的確な情報提供を行う。【解決手段】走行履歴記憶部22での処理により、予め定めた二つの地点間を走行する際に、通過した選択経路を走行履歴として記憶し、分散度合判断部24での処理により、予め定めた期間T内の走行履歴を参照し、通過した選択経路の統計上の分散度合αを判断する。そして、習熟度合判断部2...

    情報提供装置、情報提供方法、経路習熟度合判断方法

  2. 【課題】高い精度で目的地を予測できる目的地予測装置を提供する。【解決手段】走行履歴データベース4に車両の出発地点及び到着地点、運転開始日時及び運転終了日時を、車両の走行履歴として記憶しておき、休日検出部74が記憶された出発地点、到着地点、運転開始日時及び運転終了日時に基づいて車両利用者の休日を検出し、周期性検出部75が検出した休日の出現間隔に基づいて周期性の有無を検出...

    目的地予測装置

  3. 【課題】自装置の姿勢の変化を適切に検出することが可能な姿勢検出装置を提供する。【解決手段】自装置の姿勢を検出する姿勢検出手段120と、自装置周囲の画像の撮像および/または自装置周囲の音声の検出を行う周囲状況検出手段40と、周囲状況検出手段40による検出結果に基づいて、自装置周囲と周囲状況検出手段40との相対位置関係が変化したか否かを判断する判断手段140と、を備え、姿...

    姿勢検出装置および姿勢検出方法

  4. 【課題】その時々の運転者の状況を考慮したエコ運転についての注意事項を通知することが可能なエコ運転支援装置を提供する。【解決手段】運転者が車両を運転する際の、過剰な燃料の消費状態を報知してエコ運転を支援するエコ運転支援装置であり、道路データを記憶する道路データ記憶手段4と、車両走行時の動作状態(加速、減速等)に基づいて、道路データ中の過剰な燃料消費が発生する地点を要注意...

    エコ運転支援装置