下田郁夫 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】下部構造物と上部構造物との間から免震装置を除去することができなくなる虞を回避でき、しかも、免震装置の上部及び下部のフランジにねじ孔を設ける等の格別な細工を加えなくても、既存の免震装置を下部構造物と上部構造物との間から除去することができ又はそれらの間に新たな免震装置を設置することができる方法を提供すること。【解決手段】免震構造物1では、下部構造物2と上部構造物3...

    下部構造物と上部構造物との間から免震装置を除去する方法又はこれらの間に新たな免震装置を設置する方法

  2. 【課題】破裂の虞がない上に、剛性層と弾性層との間の接合の解除の虞もなく、長期に亘って安定に水平剛性(剪断剛性)を低下させることができて、長周期の地震等に対して効果的に構造物を免震支持でき、加えて、製造費用を低減させることができる免震支持装置を提供すること。【解決手段】免震支持装置1は、複数の剛性層としての複数枚の鋼板2及び複数の弾性層としての複数枚のゴム板3を鉛直方向...

    免震支持装置

  3. 【課題】高層建築物の上層階における制振機能に優れる制振機能付き免震構造物を提供する。【解決手段】地盤と構造物3との間に配置され、構造物を支持すると共に、構造物の地盤に対する水平方向Hの振動を免震する免震装置4と、構造物の地盤に対する水平方向の振動を制振する制振手段と、地盤に固定された支持台6とを備える制振機能付き免震構造物1であって、制振手段は、下面で支持台の上面に接...

    制振機能付き免震構造物

  4. 【課題】超高層建築物等に適用しても減衰機能を適正に維持することが可能な鉛プラグ入り積層ゴム体を提供する。【解決手段】ゴム層2と補強板3とを鉛直方向に交互に積層した積層ゴム部と、積層ゴム部を鉛直方向に貫通する貫通孔6aと、貫通孔に封入された円柱状の鉛プラグ9と、鉛プラグが発する熱を吸収する吸熱手段(コイル)12とを備える鉛プラグ入り積層ゴム体6。吸熱手段によって鉛プラグ...

    鉛プラグ入り積層ゴム体