下田博司 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題】本発明は新規な筋肉増強剤を提供することを目的とする。【解決手段】1.米糠及び/又は米胚芽を発酵させて発酵物を得て、その後、前記発酵米物を極性溶媒で抽出した発酵抽出物を有効成分とする筋分化誘導促進剤。2.上記1.に記載された上記発酵抽出物を極性溶媒で分配した分配物を有効成分とする筋分化誘導促進剤。3.スティグマステロール、エルゴステロールパーオキサイド、β-シト...

    筋肉増強剤

  2. 【課題】 本発明は新規のECMサイクル正常化剤を提供することを目的とする。【解決手段】上記課題を解決するための本発明の技術的特徴は以下のとおりである。1.lycoperoside Aを有効成分とする皮膚線維芽細胞におけるコラーゲン産生・取り込みサイクル正常化剤。2.lycoperoside Aを有効成分とする皮膚線維芽細胞におけるエラスチン産生・取り込みサイクル正常...

    ECMサイクル正常化剤

  3. 【課題】低吸水率であり、カールが生じ難く、基材との密着性に優れたフッ素樹脂膜、かかるフッ素樹脂膜の製造に用いられる分散液の製造方法、およびフッ素樹脂膜付基材の製造方法を提供する【解決手段】本発明のフッ素樹脂膜は、融点200℃以上かつ380℃における溶融粘度1×1010Pa・s以下のテトラフルオロエチレン系ポリマーの粒子と、フッ素原子を含有しない熱硬化性ポリマーの硬化物...

  4. 【課題】運動誘発性骨格筋損傷に起因する新規なTNF−α及びIL−6の遺伝子発現抑制剤を提供する。【解決手段】(1)黒ショウガ抽出物を有効成分とするTNF−α遺伝子発現抑制剤。活性化剤。(2)黒ショウガ抽出物を有効成分とするIL−6遺伝子発現抑制剤。(3)上記(1)又は(2)の剤を有効成分とする運動誘発性骨格筋損傷に起因する筋肉炎症抑制剤。(4)上記(1)〜(3)のいず...

    TNF−α及びIL−6産生抑制剤及びそれを用いた筋肉炎症抑制剤

  5. 【課題】 本発明は、新規な時差ボケ改善剤を提供することを目的とする。【解決手段】上記課題を解決するための本発明の技術的特徴は以下のとおりである。1.トケイソウ抽出物(ハルミンを含有する物を除く)を含む時差ボケ改善剤。2. 上記1.に記載の時差ボケ改善剤を含有することを特徴とする飲食品用組成物。3.上記1.に記載の時差ボケ改善剤を含有することを特徴とする医薬用組成物。...

    時差ボケ改善剤