チェン、ワンシー さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題・解決手段】本開示のさまざまな態様は、一般的にワイヤレス通信に関連する。いくつかの態様では、ユーザ機器(UE)は、物理アップリンク制御チャネル(PUCCH)送信が第1のタイプのサービスに関係付けられているかまたは第2のタイプのサービスに関係付けられているかを決定してもよく、第2のタイプのサービスは、第1のタイプのサービスよりもより高い信頼性またはより低いレイテン...

    超高信頼性低レイテンシ通信(URLLC)に対する物理アップリンク制御チャネル(PUCCH)リソース割り振り

  2. 【課題・解決手段】本開示のさまざまな態様は、一般的にワイヤレス通信に関連する。いくつかの態様において、ユーザ機器は、チャネル状態情報(CSI)ペイロードを構築するのに使用される第2のランクとは無関係である第1のランクに少なくとも部分的に基づいて、CSIペイロードを送信するのに使用されることになる物理アップリンク制御チャネル(PUCCH)リソースのセットを決定し、PUC...

    チャネル状態情報に対する物理アップリンク制御チャネル(PUCCH)リソースの選択

  3. 【課題・解決手段】本開示の様々な態様は一般に、ワイヤレス通信に関する。いくつかの態様では、ユーザ機器(UE)が、物理制御フォーマットインジケータチャネル(PCFICH)を介して搬送されないメッセージ中で第1の制御フォーマットインジケータ(CFI)値を受信し、UEが、第1のCFI値が使用されることとなる第1の構成を使用して動作しているか、PCFICH中で示される第2のC...

    制御フォーマットインジケータ値の信頼できるインジケーション

  4. 【課題・解決手段】本開示のある特定の態様は、一般にワイヤレス通信システムに関し、より具体的には、物理ダウンリンク制御チャネル(PDCCH)送信の信頼性を改善することに関する。いくつかの場合には、改善された信頼性は、PDCCH送信のために利用可能なCCEの数を増加させること、および/または周波数においてPDCCH送信の複数のコピーを送信することによって達成され得る。

    超信頼性低レイテンシ通信(URLLC)のための改善された物理ダウンリンク制御チャネル(PDCCH)信頼性

  5. 【課題・解決手段】アクティブBWPの周波数範囲がターゲットBWPの周波数範囲と異なるとき、BWP切り替えイベントの後に、帯域幅部分(BWP)の通信リソースをスケジューリングするための技法をここで説明する。ユーザ機器(UE)は、アクティブBWPに基づいて、BWP切り替えイベントをトリガするスケジューリングダウンリンク制御情報(DCI)中のリソース割り振りフィールドを解釈...

    帯域幅部分に対するシグナリング技法

  6. 【課題・解決手段】ワイヤレス通信のための方法、システム、及びデバイスが説明される。1つの方法は、第1の送信時間間隔(TTI)と第1のTTIより短い第2のTTIとに関連付けられた少なくとも1つの変調次数についてのユーザ機器(UE)の能力を決定することと、UEの能力を決定することに基づいて、UE能力メッセージを送信することと、UE能力メッセージに基づく、パラメータと変調コ...

    短送信時間間隔のための変調テーブル決定及びチャネル品質インジケータ報告

  7. 【課題・解決手段】本開示のある態様は、反復する、オーバーラップする物理アップリンク共有チャネル(PUSCH)および物理アップリンク制御チャネル(PUCCH)リソース割当てに対するアップリンク制御情報(UCI)送信のための技術を提供する。ユーザ機器(UE)によるワイヤレス通信のための方法を提供する。方法は、一般的に、第1の反復数に関係付けられている第1の1つ以上のスロッ...

    反復する、オーバーラップするアップリンクリソース割当てに対するUCI送信

  8. 【課題・解決手段】ワイヤレス通信のための方法、装置、及びコンピュータプログラム製品が提供される。ユーザ機器(UE)は、トーンインデックスに少なくとも部分的に基づいてシンボルのための位相回転を決定するように構成され得る。UEは、受信されたシンボルに位相回転を適用し、アップリンクシンボルを送信するように構成され得る。数多くの他の態様が提供される。

    2トーン変調を用いるサブ物理リソースブロック割り振りのための復調基準信号及び位相回転

  9. 【課題・解決手段】ワイヤレス通信のための方法、システム、及びデバイスが説明される。基地局は、ユーザ機器(UE)に関連付けられたトリガリングイベントが発生したと決定し得る。UEは、UEに関連付けられたトリガリングイベントの発生に少なくとも部分的に基づいて、非周期的トラッキング基準信号(TRS)の送信のために使用されるべきリソースを識別するトリガ信号を受信し得る。UEは、...

    非周期的トラッキング基準信号

  10. 【課題・解決手段】アップリンク共有チャネル上での送信のために異なるタイプの制御情報およびアップリンクデータの間でリソースをスプリットすることをサポートする、ワイヤレス通信のための方法、システム、およびデバイスが説明される。基地局が、アップリンク送信のためにユーザ機器(UE)に割り振られるアップリンク共有チャネルのリソース要素(RE)を示す許可を送信し得る。UEは、許可...

    アップリンク共有チャネル上での送信のための異なるタイプの制御情報およびアップリンクデータの間のリソーススプリッティング

  11. 【課題・解決手段】本開示の様々な態様は、一般にワイヤレス通信に関する。いくつかの態様では、クローンの帯域幅部分構成情報を基地局(BS)が送信し得、ユーザ機器(UE)が受信し得る。いくつかの態様では、UEは、プライマリ帯域幅部分とクローンの帯域幅部分との間にリンケージを決定し得る。いくつかの態様では、プライマリ帯域幅部分及び第1の帯域幅部分のための帯域幅部分切り替えをシ...

    帯域幅部分切り替え管理

  12. 【課題・解決手段】本開示のさまざまな態様は、一般的にワイヤレス通信に関する。いくつかの態様では、受信デバイスは、アップリンク−ダウンリンク時分割デュプレックス(TDD)短縮送信時間間隔(sTTI)コンフィギュレーションを決定し、初期通信のために、アップリンク−ダウンリンク TDD sTTIコンフィギュレーション内の初期sTTIを決定し、初期通信の少なくとも1回の反...

    時分割デュプレックスワイヤレス通信システムにおける高信頼性低レイテンシ動作

  13. 【課題・解決手段】本開示の様々な態様は、一般にワイヤレス通信に関する。いくつかの態様では、ユーザ機器は、周波数において分散される第1のリソース要素にチャネル状態情報(CSI)をマッピングすることと、ここにおいて、第1のリソース要素が、アップリンク共有チャネル上で割り振られるリソースのセット中にあり、周波数において分散される第2のリソース要素にハイブリッド自動再送要求(...

    5Gにおけるチャネル状態情報およびハイブリッド自動再送要求フィードバックのリソース割振り

  14. 【課題・解決手段】本開示のいくつかの態様は、ユーザ機器(UE)によって、UEの間欠受信モード動作に基づいて無線リンク監視を実施するための技法を提供する。いくつかの態様は、ワイヤレス通信のための方法を提供する。本方法は、概して、ユーザ機器(UE)において、間欠受信(DRX)動作モードで動作することを含む。本方法は、UEによって、時間期間ごとに少なくとも1回、UEと基地局...

    間欠受信モードに基づく無線リンク監視

  15. 【課題・解決手段】本開示のさまざまな態様は、一般的にワイヤレス通信に関する。いくつかの態様では、ユーザ機器(UE)は、UEの通信に対する制御情報を受信し、制御情報に少なくとも部分的に基づいて、制御情報がスロットベースの制御コンフィギュレーションまたはスロットベースの制御コンフィギュレーションに関係するか否かを決定し、または、通信がスロットベースのデータコンフィギュレー...

    5Gにおけるスロットベースまたは非スロットベースのスケジューリングのための技法および装置

  16. 【課題・解決手段】CCのうちの1つ以上を使用する送信が、スロット、または、他の送信時間間隔の全送信時間未満にしか及ばない、複数のコンポーネント搬送波(CC)を使用する送信を管理する、ワイヤレス通信のための方法、システムおよび装置を説明する。UEはこのような送信を送信する能力をシグナリングしてもよく、1つ以上の能力は、異なるCC上の送信のスケジューリングのために基地局に...

    ワイヤレス通信においてキャリアアグリゲーションを使用して電力制御するため技法

  17. 【課題・解決手段】ワイヤレス通信のための方法、基地局(BS)、ユーザ機器(UE)、装置、およびコンピュータプログラム製品が提供される。BSおよびUEは、狭帯域モノのインターネット(NB−IoT)通信システムを用いて通信してよい。しかし、非アンカーキャリア上のSIB1−NBの送信に関連する周波数、時間、および/または電力は、NB−IoTに対して構成されない場合がある。い...

    キャリア管理のための技法および装置

  18. 【課題・解決手段】本開示のいくつかの態様は、仮想リソースブロック(VRB)を物理リソースブロック(PRB)にマッピングし、ワイヤレス通信において、例えば、新無線(NR)技術において当該マッピングを使用する方法および装置に関する。例示的な方法は、N個の連続する第1の仮想リソースブロック(VRB)の第1のインターリービングユニットをN個の連続する第1の物理リソースブロック...

    新無線における仮想リソースブロックから物理リソースブロックへのマッピング

  19. 【課題・解決手段】基地局は、同期信号(SS)ブロックおよびダウンリンク送信(たとえば、データ/制御送信)をシグナリングするために周波数分割多重化(FDM)技法を利用し得る。基地局は、ダウンリンク送信のためのキャリアの帯域幅部分(BWP)のための構成を構成し得る。BWP構成は、BWP内のダウンリンク送信のための送信属性(たとえば、サブキャリア間隔(SCS))を含み得る。...

    混合ヌメロロジのための周波数分割多重化