クナーフウァーナー さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~6件を表示(6件中) 1/1ページ目

公開年
  1. 【課題・解決手段】本発明は、式(I)のフェニルエーテル誘導体の使用に関し、節足動物及び蠕虫を含む害虫の防除のためのその組成物に関する。化1】。

    殺虫剤用置換フェニルエーテル

  2. 【課題・解決手段】本発明は、式(I)の5−アミノピラゾール誘導体又はその塩、その調製方法、その組成物並びに節足動物及び蠕虫を含めた害虫の防除用のその使用に関する。

    農薬化合物としての5−アミノピラゾール誘導体

  3. 【課題・解決手段】殺虫化合物。本発明は、式(I)(式中の各々の記号は、明細書において定義されている通りである)の1−アリール−5−2基置換−アミノピロール誘導体又はその塩、その調製方法、その組成物、及び害虫(節足動物及び寄生虫を含む)の駆除のためのその使用に関する。化1】。

    1−アリール−アミノピロールに基づく殺虫剤

  4. 【課題・解決手段】本発明は、式(I)の極性5−アミノピラゾールカルバメート誘導体及びそれらの塩(式中のさまざまな記号は記載の中で規定されるとおりである)、それらの調製方法、それらの組成物、及び(節足動物及びぜん虫を含む)害虫の抑制のためのそれらの使用に関する。化1】。

    殺虫剤としてのN−フェニルピラゾール誘導体

  5. 【課題・解決手段】本発明は、式(I)の5−(置換ジチオ又はジオキシ−アルキルアミノ)ピラゾール誘導体又はその塩(式中、さまざまな記号は、明細書で定義した通りである)、それらの調製方法、それらの組成物、及び害虫(節足動物及び蠕虫を含む)防除のためのそれらの使用に関する。化1】。

    殺虫剤としてのN−フェニルピラゾール誘導

  6. 【課題・解決手段】本発明は、式(I)[式(I)中のさまざまな記号は、説明の中で定義されている]の5−(オキシミノアルキル−及びヒドラゾノアルキル−アミノ)ピラゾール誘導体又はそれらの塩、それらの製造方法、それらの組成物、及び害虫(節足動物及び蠕虫類を含む)の防除のためのそれらの使用に関する。

    殺虫剤としての1−アリールピラゾール誘導体