カイル,ミヒャエル さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、チオトリアゾロ基含有化合物を提供するために及びその前駆体の合成のために特定のマグネシウム試薬を使用する方法に関する。本発明はさらに、中間体及びそれらの調製に関する。

  2. 【課題・解決手段】式Iの4-ヒドロキシピリジン類の製造方法であって、式中R1、R2、R3およびR4は明細書において定義された意味を持つ。化1】。

    4−ヒドロキシピリジン類の製造方法

  3. 【課題・解決手段】本発明は、チオトリアゾロ基含有化合物を提供するためのグリニャール試薬の使用方法に関する。

  4. 【課題・解決手段】本発明は、一般式(I)[式中の可変部は特許請求の範囲及び明細書に記載されている意味を有している]で表される置換チオ−トリアゾロ基の新規な調製方法に関する。

    トリアゾリンチオン誘導体及びその中間体の製造方法

  5. 【課題・解決手段】アミナールを調製する方法、及び1,3-二置換ピラゾール化合物を調製するためのその使用。

    アミナールの調製方法及び1,3−二置換ピラゾール化合物を調製するためのその使用

  6. 【課題・解決手段】1,3-二置換ピラゾール化合物を調製する方法。化1】。

    1,3−二置換ピラゾール化合物の調製方法