神崎健豪 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~5件を表示(5件中) 1/1ページ目

  1. 【課題】従来、排出作業を行う際に、仮に、運搬車が待機していないときに待機させた運搬車まで自律走行させることは、監視者が不存在となり、そのまま、運搬車の待機場所まで自律走行させると、安全上の問題が生じる可能性があるという課題がある。【解決手段】刈り取った穀稈を、脱穀装置3に供給搬送して脱穀するコンバインにおいて、刈取装置4により圃場の穀稈の刈取作業を行い、穀粒がグレンタ...

    コンバイン

  2. 【課題】本発明の課題は、シーブの先端に形成した凹凸突起のピッチに対して、各シーブの間隔を同等若しくはそれ以下、すなわち、狭くなるよう調節することで、シーブ上辺の凹凸突起形状により、大きな藁屑を前後方向に沿わせ、下方に漏下させることなく、後方へ送り出し易くし、選別効果を高めることを目的とする。【解決手段】チャフシーブ(9)は、各シーブ(18)の上辺に波状凹凸突起(19)...

    コンバインの揺動選別装置

  3. 【課題】本発明の課題は、運転用座席位置は高くすることなく、エンジンルーム内に設置するラジエータを高くして容量アップを図ることを目的とする。【解決手段】本発明は、運転用座席(6)を装備するエンジンルーム(10)の天板部(11)上面で前記運転用座席(6)を支持する支持部対応部に、下方に向けて窪む凹部(12)を形成して設け、該凹部(12)の一方側に冷却用ラジエータ(13)を...

    作業車両のエンジンルーム構造

  4. 【課題】穀稈の倒伏状態や圃場の湿田状態に基づいて好適なコンバインと刈取経路を設定して刈取作業効率が高い刈取作業方法を提供する。【解決手段】大型の第1コンバイン(1A)で圃場における倒伏した穀稈又は湿田が少ない第1圃場部(60A)の刈取作業を行ない、第1コンバイン(1A)よりも小型の第2コンバイン(1B)で圃場における倒伏した穀稈又は湿田が多い第2圃場部(60B)の刈取...

    刈取作業方法

  5. 【課題】 コンバインの刈取り精度が高くなるような作業経路を作成する作業経路作成システムの実現。【解決手段】 圃場における植え付け対象物の植え付け状態に基づき作業車両の作業経路を作成する作業経路作成部100aを備え、前記植え付け状態は、前記圃場の撮影画像に基づき取得されたもの、又は他の作業車両102が過去に行った前記対象物の植え付け作業に基づき取得されたものであり、...

    作業経路作成システムおよびコンバイン