神崎健豪 さんに関する公開一覧

一部、同姓同名の別人の方の出願情報が表示される場合がございます。ご了承くださいませ。

検索結果:1~11件を表示(11件中) 1/1ページ目

公開年
  1. 【課題】コンバインの接触を防止することができる刈取作業方法を提供する。【解決手段】第1コンバイン(1A)を、予め設定した第1刈取経路に沿って走行させて圃場の畦の近傍に植立した穀稈の刈取作業を行わせた後に、圃場の外部に移動させ、第2コンバイン(1B)を、第1コンバイン(1A)が圃場の外部に移動した後に、圃場の内部に移動させて、予め設定した第2刈取経路に沿って未刈穀稈の刈...

    刈取作業方法

  2. 【課題】コンバインの接触を防止することができる刈取作業方法を提供する。【解決手段】第1コンバイン(1A)を、予め設定した第1刈取経路に沿って走行させて圃場の畦の近傍に植立した穀稈の刈取作業を行わせた後に、圃場の外部に移動させ、第2コンバイン(1B)を、第1コンバイン(1A)が圃場の外部に移動した後に、圃場の内部に移動させて、予め設定した第2刈取経路に沿って未刈穀稈の刈...

    刈取作業方法

  3. 【課題】無人作業における走行経路を効率的に生成し、刈取作業を円滑に行えるコンバインの走行経路設定方法を具現すること。【解決手段】圃場の輪郭に対応する位置座標点を含んだ地図データを有し、コンバインがこの圃場の輪郭のうちの一辺に沿って走行した場合に、この一辺の位置座標点から走行経路の基準線を生成し、この基準線に対する複数の平行線を、穀稈の植立間隔に基づいた間隔で自動的に設...

    コンバインの走行経路設定方法

  4. 【課題】田植機での植付位置座標をコンバインの走行経路設定に利用することで、条外れによる刈残し等の少ないコンバインの走行経路設定方法を具現すること。【解決手段】GPS測位に基づいた田植機による苗の植付位置座標情報をインターネットを介してコンバイン側へ取り込み、この植付位置座標を同一圃場でのコンバインの第1走行経路として設定するコンバインの走行経路設定方法とする。また、第...

    コンバインの走行経路設定方法

  5. 【課題】無人作業における走行経路と作業装置の昇降経路を効率的に生成し、作業能率を高めることのできる作業車両の走行経路設定方法を具現すること。【解決手段】作業車両側に取得される地図データに作業対象となる圃場の輪郭に対応する水平方向の位置座標点とこの圃場面の高低に対応する垂直方向の位置座標点を含み、作業車両がこの圃場の輪郭のうちの一辺に沿って走行した場合に、この一辺の位置...

    作業車両の作業経路設定方法

  6. 【課題】無人作業における走行経路を効率的に生成し、作業能率を高めることのできる作業車両の走行経路設定方法を具現すること。【解決手段】作業車両側に予め記憶された地図データ、または記憶媒体を介して作業車両側に取得される地図データ、またはインターネットを介して作業車両側に取得される地図データを有し、この地図データには作業対象となる圃場の輪郭に対応する位置座標点を含み、作業車...

    作業車両の走行経路設定方法

  7. 【課題】細断された排藁等の畦や未刈穀稈側への排出を抑制することができるコンバインを提供する。【解決手段】脱穀装置(3)の後側に脱穀後の排藁を細断する排藁処理装置(10)を設け、排藁処理装置(10)の左壁の下部に、前後方向に延在する左回転軸(11)に上部を支持した左案内板(12)を設け、排藁処理装置(10)の右壁の下部に、前後方向に延在する右回転軸(21)に上部を支持し...

    コンバイン

  8. 【課題】藁屑の流れを促進し、扱胴軸芯方向後方への排出をスムースにし、脱穀負荷の低減を図る汎用コンバイン用脱穀装置の扱胴構造を提供する。【解決手段】扱室2内に供給された穀稈を脱粒処理する扱歯を植設した扱胴3の終端側を軸芯方向後方へ連続的に強制送りする螺旋体8によって構成する。

    汎用コンバイン用脱穀装置の扱胴構造

  9. 【課題】尿素水タンクに補水用の尿素水を容易に補給することができるコンバインを提供する。【解決手段】尿素水タンク25を、グレンタンク7の後側で、且つ、揚穀部8Aの機体外側の部位に、尿素水タンクの給水口25Aを機体後方に向けて配置し、尿素水タンクを支持する支持台の後部に設けられた固定部材32に、第1開口部32Aを形成し、揚穀部の後方に、揚穀部を回転自在に支持する支持フレー...

    コンバイン

  10. 【課題】コンバインから離れた位置での作物の状態や障害物の存在を、圃場上空を飛行する無人飛行体からの撮影情報によって検出し、収穫作業を円滑に行える収穫作業システムを提供すること。【解決手段】コンバインには、無人飛行体からの情報を受信すると共に、圃場内に設定された走行経路に沿って機体を自動走行させながら収穫作業を行わせる制御部を備え、無人飛行体には、機体に備えたカメラによ...

    収穫作業システム

  11. 【課題】本発明の課題は、燃料タンクの給油口と尿素水タンクの給水口を一箇所近くに配置することで、作業の容易化を図ることを目的とする。【解決手段】本発明は、機台(10)後部に燃料を貯留する燃料タンク(11)を設け、グレンタンク(7)下部に尿素水を貯留する尿素水タンク(16)を設けたコンバインにおいて、燃料タンク(11)に備えた給油パイプ(12)は、グレンタンク(7)とグレ...

    コンバイン