バミューダグラス に関する公開一覧

バミューダグラス」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「バミューダグラス」の詳細情報や、「バミューダグラス」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「バミューダグラス」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(524件中)1/27ページ目

  1. 【課題】法面吹付緑化工法、特に植生基材吹付工において、単独で3〜10cm厚に吹付した場合、特に最も採用されるケースが多い3〜5cm厚に吹付した場合に網張工が省略できると共に、生育基盤の強度を増強させる。【解決手段】緑化基礎工として網張工を併用せずに植生基材を傾斜地に直接吹き付ける緑化工法に用いる前記植生基材であって、主材料となる生育基盤材と、粘土鉱物と、第1の短繊維材...

    法面吹付緑化工法及び植生基材

  2. 【課題】本発明は(単離)組換えタンパク質(改良MAT(iMAT)分子とも称される)に関する。本発明の根幹的目的は、医薬組成物(例えばワクチン)中の活性薬剤として有用な改良MAT分子、及び動物(ウマ類を除く)における前記改良MAT分子の対応する治療的及び/又は予防的使用を提供することである。【解決手段】iMAT分子は少なくとも1つの移行モジュール、少なくとも1つの標的誘...

    改良モジュール型抗原移送分子及び動物におけるその使用

  3. 【課題】殺菌活性に由来する病害防除効果が期待でき、かつ、種々の栽培作物に対して普遍的に使用可能で良好な薬害軽減効果を発揮し得る薬害軽減剤を提供する。【解決手段】本発明の薬害軽減剤は、ヒドロキシイソキサゾール、ピカルブトラゾクス、シアゾファミド、カスガマイシン、クロロタロニル、ベノミル、チオファネートメチル、イソプロチオラン及びアミスルブロムからなる群より選択される少な...

  4. 【課題】従来技術では防除困難なまたは防除不可能な有害生物を効率的に防除するための、新たな有害生物防除剤組成物及び防除方法を提供すること。【解決手段】第一の有効成分として1−4−ヒドロキシ−1−メチル−3−[4−(トリフルオロメチル)−2−ピリジル]イミダゾリジン−2−オン、またはその塩と、第二の有効成分から選択される1種または2種以上の化合物とを有効成分とする有害生物...

  5. 【課題】従来技術では防除困難なまたは防除不可能な有害生物を効率的に防除するための、新たな有害生物防除剤組成物及び防除方法を提供すること。【解決手段】第一の有効成分として3−{2−クロロ−4−フルオロ−5−[3−メチル−2,6−ジオキソ−4−(トリフルオロメチル)−1,2,3,6−テトラヒドロピリミジン−1−イル]フェノキシ}−2−(エトキシカルボニル)メトキシピリジン...

  6. 【課題】従来技術では防除困難なまたは防除不可能な有害生物を効率的に防除するための、新たな有害生物防除剤組成物の提供。【解決手段】第一の有効成分として化合物(I)、またはその塩と、第二の有効成分から選択される1種または2種以上の化合物とを有効成分とする有害生物防除剤組成物。化合物(I)は、N−(3−(5−[4−シアノフェノキシ]ピリジン−2−イル)−3,3−ジフルオロ−...

  7. 【課題】既存剤に対する抵抗性(感受性低下、交差耐性および/または多剤耐性の発達)害虫の発生に対しても有効な、新たな農園芸用殺虫殺ダニ剤を提供すること。【解決手段】殺虫殺ダニ成分としてドラメクチンのみを含有する農園芸用殺虫殺ダニ剤および、この農園芸用殺虫殺ダニ剤を使用して、農園芸害虫やダニ、特に、エマメクチンおよび/またはミルベメクチンに抵抗性を有する害虫やダニを防除す...

  8. 【課題】構成を簡易としながら植生の省力化及び確実化を図ることのできる植生シート及びこれを用いた植生シート工法を提供すること。【解決手段】生分解性を有する不織布4によって構成され、植生対象1の通芽を可能とする植生シートであって、前記不織布4の表側は撥水性を有し、裏側は吸水性を有する。好適には、前記不織布4の裏側に植生対象種子1a及び肥料3を保持する。より好適には、前記不...

    植生シート及びこれを用いた植生シート工法

  9. 【課題】除草剤として使用する新規化合物の提供。【解決手段】すべての立体異性体、そのN−オキシドおよび塩を含む式1の化合物。式1の化合物を含有する組成物、および、望ましくない植生またはその環境に有効量の本発明の化合物または組成物を接触させるステップを含む望ましくない植生を防除する方法。

  10. 【課題】新規な移植水稲用薬害軽減剤及び薬害軽減組成物並びに施用方法を提供すること。【解決手段】 3−クロロ−4−(5,6−ジヒドロ−5−メチル−1,4,2−ジオキサジン−3−イル)−N−[[(4,6−ジメトキシ−2−ピリミジニル)アミノ]カルボニル]−1−メチル−1H−ピラゾール−5−スルホンアミド又はその塩を有効成分として含有する、除草剤の移植水稲用薬害軽減剤及び...

  11. 【課題】有効成分の含量を低減できる農園芸用薬剤を提供する。【解決手段】有効成分およびアジュバントを含む農園芸用薬剤であって、有効成分は、アゾール系化合物であり、アジュバントは、アルキルグリコシドおよびポリオキシエチレンアルキルエーテルの少なくとも一方の化合物である。

  12. 【課題・解決手段】本発明は、式(I)の新規のスルホンアミド誘導体と、それを調製するためのプロセスおよび中間体と、それを含む植物成長調節剤組成物と、植物の成長を制御するため、非生物的ストレス(環境ストレスおよび化学的ストレスを含む)への植物耐性を改善するため、種子発芽を阻害するため、そして/あるいは化学物質の植物毒性効果に対して植物を安全にするためのその使用方法とに関する。

  13. 【課題・解決手段】有害生物防除剤、特に殺菌・殺カビ剤として有用である、式(I)の化合物 (式中、置換基は請求項1に定義されているとおりである)。

    殺微生物チアゾール誘導体

  14. 【課題・解決手段】有害生物防除剤、特に、殺菌・殺カビ剤として有用な、式(I)の化合物(式中、置換基は、請求項1に定義されているとおりである)。

    殺微生物オキサジアゾール誘導体

  15. 【課題】効果持続期間が長い芝生用の新規殺菌剤組成物の提供。【解決手段】式(1)で表される化合物等から選ばれる少なくとも一つの化合物Aとイミノクタジン、クロロタロニル、フルアジナム、ピリベンカルブから選ばれる少なくとも一つの化合物Bとを含有する芝生用殺菌剤組成物。{Xは夫々独立にハロゲノ基又はC1〜6アルキル基;X’はH又はハロゲノ基;R1〜R3は夫々独立にC1〜6アル...

  16. 【課題・解決手段】本発明は殺有害生物組成物に関する。本発明は特に、式(I)の化合物および、さらなる活性成分を含む組成物に関する。このような組成物は、有害生物の防除および/または作物植物の収率向上に有用である。

    殺有害生物組成物

  17. 【課題・解決手段】有害生物防除剤、特に殺菌・殺カビ剤として有用である、式(I)(式中、置換基は、請求項1に定義されているとおりである)の化合物。

    殺微生物オキサジアゾール誘導体

  18. 【課題・解決手段】有害生物防除剤、特に殺菌・殺カビ剤として有用である、式(I)(式中、置換基は、請求項1に定義されているとおりである)の化合物。

    殺微生物オキサジアゾール誘導体

  19. 【課題・解決手段】有害生物防除剤、特に、殺菌剤として有用な、式(I)の化合物(式中、置換基は、請求項1に定義されているとおりである)。

    殺微生物性オキサジアゾール誘導体

  20. 【課題・解決手段】グリカンコンポジット、及び水媒利用可能性、貯蔵中の安定性をもたらす配位錯体組成物として分岐グリカン脱グリコシル化物を配合する工程、得られた混合物の好適な容量を1以上の光合成生物に施与する工程;光合成生物への送達、作物の代謝に基づく成長、収穫物の品質及び量の向上を含む、光合成生物の処理のためのグリカンコンポジットを与える方法、ならびにそれらのための系及び組成物。

    グリカンコンポジット配合物で光合成生物を処理し、収穫物の品質及び量を高めるための配合物及び方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 27