バックテーパ に関する公開一覧

バックテーパ」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「バックテーパ」の詳細情報や、「バックテーパ」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「バックテーパ」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(463件中)1/24ページ目

  1. 【課題】ガイドブッシュにドリル等の回転切削工具を挿入して穿孔や孔の内面仕上げ加工等の切削加工を行う場合において、より高精度に切削加工を行えるようにすることである。【解決手段】実施形態に係る回転切削工具は、バックテーパが無く、切削油の流路を内部に形成したボディと、前記ボディと一体化され、前記切削油を被削材に向けて供給するための第1の供給口を形成した切刃部とを有し、前記ボ...

    回転切削工具、回転切削ユニット及び回転切削方法

  2. 【課題】溝入れ加工と横送り加工の両方の切り屑処理性が高い切削インサートを提供する。【解決手段】切削インサート1は、上面10と、上面10との間で交差稜線11を形成する正面12と、正面12に連続し、上面10との間で交差稜線13を形成する側面14と、上面10と正面12との間の交差稜線11に設けられた正面切れ刃20と、上面10と側面14との間の交差稜線13に設けられた横切れ刃...

    切削インサート及び切削工具

  3. 【課題】工具先端と被削材との導電性を確保すると共に、ノンコートドリルに比べ加工穴品質の低下を抑制できる穴明け工具及びその製造方法を提供する。【解決手段】超硬合金製の工具基材にコーティング膜5が被覆されて成る工具本体1の外周に、工具先端から基端側に向かう一若しくは複数の螺旋状の切り屑排出溝2が設けられ、前記切り屑排出溝2と先端逃げ面3との交差稜線部に一若しくは複数の切れ...

    穴明け工具及びその製造方法

  4. 【課題・解決手段】対象の体毛を切断するための毛切断装置が提供される。当該毛切断装置は、レーザ光源と、光源から切断要素に光をガイドするための光ガイド要素と、を有する。切断要素は、光ガイド要素から光を受けるための光導波路を有する。光ガイド要素は、光ガイド要素の直径が光源側の直径から切断要素側の直径に減少するテーパ部分を有する。切断要素の光導波路の側壁の一部は、毛と接触する...

    毛切断装置のための切断アセンブリ

  5. 【課題】多条ねじの雌ねじ部を備えた骨用プレートおよびこの雌ねじ部と螺合可能な多条ねじの雄ねじ部を備えた骨用ねじにおいて、骨用プレートに対して骨用ねじを円滑かつ確実に螺合することのできる骨治療用具を提供する。【解決手段】骨治療用具1は、骨用プレート5と、骨用ねじ2とを備える。骨用プレート5は、骨用プレート5を貫通し、かつ内面に複数条のねじ溝を有する雌ねじ部63を備えた開...

    骨治療用具、骨用ねじおよび骨用プレート

  6. 【課題】切削インサートの強度を損なうことなく、切削加工時のずれ動きを確実に防止する。【解決手段】この切削インサート1では、すくい面と、すくい面とは反対側を向いてインサート取付座に着座される着座面3と、すくい面と着座面3との周囲に延びる逃げ面4とを備え、すくい面と逃げ面4との交差稜線部には、円弧状に延びる円弧状切刃部5a、6aと、円弧状切刃部5a、6aに接する直線状切刃...

    切削インサート、刃先交換式ボールエンドミル、および刃先交換式ボールエンドミルのエンドミル本体

  7. 技術 ドリル

    【課題】シンニング切れ刃部の径方向内端部の刃先強度を高めることができ、これによりチゼルの欠損等を防止して、高精度な穴あけ加工を安定して行うことが可能なドリルを提供すること。【解決手段】切れ刃4のうち、少なくとも径方向の内側部分に位置するシンニング切れ刃部9は、ホーニング刃であり、シンニング切れ刃部9においてホーニング幅が最大となる位置は、シンニング切れ刃部9の刃長をX...

    ドリル

  8. 【課題】低コストで入手でき、短時間で精度の高い加工が可能な加工装置及び加工方法を提供する。【解決手段】加工装置100は、ワーク20を切削する外周刃が形成され、外周刃にバックテーパが付けられたエンドミル10と、エンドミル10が着脱自在に装着され、エンドミル10を軸周りに回転可能な主軸120と、エンドミル10のバックテーパ量と摩耗量とに基づいて、初期摩耗発生時におけるエン...

    加工装置及び加工方法

  9. 【課題】繊維強化プラスチックに穴明け加工を行う場合でもバリ等の発生を抑制できるドリルを提供する。【解決手段】先端刃が、径方向外側へ向かうに従い軸線方向の基端側へ向けて延びる第1先端刃と、第1先端刃の径方向外側に配置され、径方向外側へ向かうに従い軸線方向の先端側へ向けて延びる第2先端刃と、第2先端刃の径方向外側に配置され、径方向外側へ向かうに従い軸線方向の基端側へ向けて...

    ドリルおよびドリルヘッド

  10. 【課題】準備工程が不要で、すぐに使えるカテーテル・アセンブリ、およびこのようなカテーテル・アセンブリを製造する方法を提供する。【解決手段】挿入可能な長さに沿った活性化されていない親水性外表面5を備えたカテーテル3および湿潤媒体4をカテーテル用パッケージ2内に留置し、カテーテル用パッケージを電磁放射線および/または粒子放射線で処理することで、放射線処理の間、および/また...

    すぐに使える(ready  to  use)カテーテル・アセンブリの製造方法およびすぐに使えるカテーテル・アセンブリ

  11. 【課題】被削材の外周面の溝入れ加工で、切り屑が、安定し、横ぶれもなく、ち密な巻状態の、ぜんまい状のものとなる排出処理性のよい切削インサートを提供する。【解決手段】すくい面30に、前切れ刃21の刃幅の中間位置で前切れ刃21に垂直に、前後に引いた直線Gを挟んで対称配置をなす左右一対の隆起部50を備える。各隆起部50は、前後に連なって延び、かつ、すくい面30を前切れ刃21に...

    切削インサート

  12. 【課題】 後挽き加工の初期および溝入れ加工時においても、切屑がスムーズに排出できる切削インサートおよび切削工具を提供する。【解決手段】 上面(6)のすくい面(10)と、側面の前逃げ面(11)および横逃げ面(12)と、すくい面(10)と前逃げ面(11)との交差稜線部の前切刃(13)とすくい面(10)と横逃げ面(11)との交差稜線部の横切刃(14)との切刃(9)と、すくい...

    切削インサートおよび切削工具並びに切削加工物の製造方法

  13. 【課題】加工穴の内周の品位及び内径精度を高められること。【解決手段】軸線O回りに回転させられるドリル本体1と、ドリル本体1の外周に形成されて、軸線O方向に沿うように先端から基端側へ向けて延びる切屑排出溝2と、切屑排出溝2のドリル回転方向Tを向く壁面2aとドリル本体1の先端面6との交差稜線部に形成された先端刃7と、を備え、切屑排出溝2のドリル回転方向Tを向く壁面2aのう...

    ドリル及びドリルヘッド

  14. 【課題・解決手段】本発明は、保護用ニードルブーツ(11)を薬物送達デバイス(1)から取り外すためのブーツリムーバ(10)であって、薬物送達デバイス(1)に取り付けられたときに保護用ニードルブーツ(11)に係合するように配置され、薬物送達デバイス(1)の包装(13)に係合可能な、遠位方向(D)へ延びるタブ(10.2)を含むブーツリムーバに関する。さらに本発明は、薬物送達...

    ブーツリムーバ

  15. 【課題・解決手段】Oリング溝等の幅の狭い溝にバニシング加工することが可能なローラバニシング工具を提供する。ワークの被加工面を加工するローラバニシング工具であって、ローラと、ローラを回転自在に支持するローラピンと、内部に空洞部を有するボディであって、ローラピンに対して所定距離だけ移動可能に連結されるボディと、ボディに対して軸方向に移動可能に配置され、被加工面を押圧する荷...

    ローラバニシング工具及び加工方法

  16. 【課題】横送り加工において、突起状部の立ち上がり角度を大きくすることなく、切り屑処理性を向上することができる切削インサートを提供する。【解決手段】切削インサート1は、上面50と、上面50との間で交差稜線51を形成する正面52と、正面52に連続し、上面50との間で交差稜線53を形成する側面54と、上面50と正面52との間の交差稜線51に設けられた正面切れ刃70と、上面5...

    切削インサート及び切削工具

  17. 【課題・解決手段】刃先交換式ボールエンドミルのインサート取付座に取り付けられる切削インサート(1)であって、すくい面と、このすくい面とは反対側を向いてインサート取付座に着座する着座面(3)と、すくい面と着座面(3)の周囲に延びる逃げ面4とを備え、すくい面と逃げ面(4)との交差稜線部には円弧状切刃部(5a、6a)と直線状切刃部(5b、6b)を備えた2つの切刃(5、6)が...

    切削インサートおよび刃先交換式ボールエンドミル

  18. 【課題】穿孔後にバリ、デラミネーション(層間剥離)、炭素繊維の切れ残りや穴周囲の盛上り等、炭素繊維複合材に対する不具合が生じる虞の少ない炭素繊維複合材用ドリルを提供する。【解決手段】本発明に係るドリルは、回転軸対称に形成された2つの切刃を有し、2つの切刃の各々は、主切刃と、シンニング切刃とを有し、回転軸対称に形成された2つの逃げ面を有し、逃げ面には、第一マージン部およ...

    炭素繊維複合材用ドリル

  19. 【課題】回転切削工具を長寿命化する。【解決手段】台金は、金属で構成され、軸方向に延在する。チップは、台金に取り付けられ、逃げ面、すくい面およびこれらの間に形成された切刃を有する。チップは、単結晶ダイヤモンドまたは多結晶ダイヤモンドから形成されている。上記多結晶ダイヤモンドは、実質的にダイヤモンドのみからなり、最大粒径が1000nm以下、かつ、平均粒径が100nm以下で...

    回転切削工具

  20. 【課題】回転切削工具の加工精度を向上する。【解決手段】台金10は、超硬合金で構成され、軸方向に延在する。チップ110は、台金10に取り付けられ、外周切刃115を含む。チップ110は、実質的にダイヤモンドのみからなり、最大粒径が1000nm以下、かつ、平均粒径が100nm以下である、多結晶ダイヤモンドで構成されている。外周切刃115において、上記軸方向に直交する方向にお...

    回転切削工具

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 24