トリメチレングリコール に関する公開一覧

トリメチレングリコール」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「トリメチレングリコール」の詳細情報や、「トリメチレングリコール」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「トリメチレングリコール」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(18,184件中)1/910ページ目

  1. 【課題】主たる原料として非化石原料を用いた環境負荷低減型ポリエステルを用いて製造された空気入りタイヤを提供すること。【解決手段】非化石原料由来であるポリエステルを含む空気入りタイヤ。好ましい態様において、該ポリエステルの直鎖部分もしくは環状部分が非化石原料由来の原料を用いて製造されたポリエステルを用いた、前記の空気入りタイヤ。

  2. 【課題】主たる原料として非化石原料を用いた環境負荷低減型ポリエチレンテレフタレートから製造された空気入りタイヤを提供すること。【解決手段】非化石原料由来であるポリエチレンテレフタレートを含む空気入りタイヤ。好ましい態様において、該ポリエチレンテレフタレートの直鎖部分もしくは環状部分が非化石原料由来の原料を用いて製造されたポリエチレンテレフタレートを含む、前記の空気入りタイヤ。

  3. 【課題】主たる原料として非化石原料を用いた環境負荷低減型ポリエチレンナフタレートから製造された空気入りタイヤを提供すること。【解決手段】非化石原料由来であるポリエチレンナフタレートを含む空気入りタイヤ。好ましい態様において、該ポリエチレンナフタレートの直鎖部分もしくは環状部分が非化石原料由来の原料を用いて製造されたポリエチレンナフタレートを含む、前記の空気入りタイヤ。

  4. 【課題】カーカス材に主たる原料として非化石原料を用いた環境負荷低減型ポリエチレンテレフタレートを用いて製造された空気入りタイヤを提供すること。【解決手段】非化石原料由来であるポリエチレンテレフタレートを含むカーカス材を用いて製造された空気入りタイヤ。好ましい態様において、該ポリエチレンテレフタレートの直鎖部分もしくは環状部分が非化石原料由来の原料を用いて製造されたポリ...

  5. 【課題】カーカス材に主たる原料として非化石原料を用いた環境負荷低減型ポリエチレンナフタレートを用いて製造された空気入りタイヤを提供すること。【解決手段】非化石原料由来であるポリエチレンナフタレートを含むカーカス材を用いて製造された空気入りタイヤ。好ましい態様において、該ポリエチレンナフタレートの直鎖部分もしくは環状部分が非化石原料由来の原料を用いて製造されたポリエチレ...

  6. 【課題】ベルト補強材に主たる原料として非化石原料を用いた環境負荷低減型ポリエチレンテレフタレートを用いて製造された空気入りタイヤを提供すること。【解決手段】非化石原料由来であるポリエチレンテレフタレートを含むベルト補強材を用いて製造された空気入りタイヤ。好ましい態様において、該ポリエチレンテレフタレートの直鎖部分もしくは環状部分が非化石原料由来の原料を用いて製造された...

  7. 【課題】ベルト補強材に主たる原料として非化石原料を用いた環境負荷低減型ポリエチレンナフタレートを用いて製造された空気入りタイヤを提供すること。【解決手段】非化石原料由来であるポリエチレンナフタレートを含むベルト補強材を用いて製造された空気入りタイヤ。好ましい態様において、該ポリエチレンナフタレートの直鎖部分もしくは環状部分が非化石原料由来の原料を用いて製造されたポリエ...

  8. 【課題】印刷性を有し低温耐衝撃性に優れたインク受容層、そのようなインク受容層を含むレセプタフィルム及びグラフィックフィルムを提供する。【解決手段】本開示の一実施態様のインク受容層は、水系アクリルポリウレタンコアシェルエマルション粒子を含む。

    インク受容層、レセプタフィルム、グラフィックフィルム、ライセンスプレート及びその製造方法

  9. 【課題】ポリイミドフィルムに長鎖アルキル化合物を含有する硬化層が積層された積層フィルムにおいて、耐溶剤性および加熱プレス後の剥離性を改良する。【解決手段】ポリイミドフィルムの少なくとも一方の面に、炭素数8以上のアルキル基を有する化合物を含有する活性エネルギー線硬化性組成物の硬化層を有する、積層フィルム。

  10. 【課題】 良好なハンドリング性と優れた破断強度と伸びを両立し、生産時の環境に優しい、反応硬化性ポリウレタン樹脂組成物、該樹脂組成物を用いた成形体、及びコーティング剤を提供すること。【解決手段】 主剤及び硬化剤から構成される反応硬化性ポリウレタン樹脂組成物であって、主剤がポリカーボネートジオールと水酸基官能基数が3以上であるポリエステルポリオールとから得られ、平均水...

  11. 【課題】高い剛性を持ち、かつ、表面平滑性に優れ、さらには熱安定性、寸法安定性にも優れたポリカーボネート樹脂組成物を提供する。【解決手段】芳香族ポリカーボネート樹脂(A)100質量部に対し、顆粒状タルク(B)3〜20質量部、及びイソフタル酸共重合ポリエチレンテレフタレート(C)1〜10質量部を含有することを特徴とするポリカーボネート樹脂組成物。

  12. 技術 タイヤ

    【課題】空気漏れが抑制されるタイヤの提供。【解決手段】一対のビード部と、前記一対のビード部からそれぞれタイヤ径方向外側へ延びる一対のサイド部と、前記一対のサイド部をつなぐトレッド部と、前記トレッド部及び前記サイド部の内側に配置されるインナーライナーと、前記ビード部に配置されるビード部材と、を備え、前記ビード部材の少なくとも一部が樹脂フィルムで被覆されている、タイヤ。

    タイヤ

  13. 【課題】紙・パルプ製造工程において、ワイヤー、フェルト、ロール等の紙製造設備へのピッチ等の汚れ付着防止効果に優れ、ワイヤーやフェルトの窄水性の低下等の工程トラブルを防止する紙・パルプ製造工程用ピッチ抑制剤およびその工程のピッチ抑制方法を提供する。【解決手段】非イオン界面活性剤、ホスホン酸化合物、有機スルホン酸化合物、さらにエピクロロヒドリン−アンモニア−ジアルキルアミ...

  14. 【課題】接着層の金属部材に対する接着性に優れたタイヤ用樹脂金属複合部材の提供。【解決手段】金属部材11と、金属部材11の上に直に接するよう設けられた接着層12と、接着層12の上に設けられた被覆樹脂層13と、を有し、金属部材11における、接着層12が設けられる面が粗化表面であるタイヤ用樹脂金属複合部材。好ましくは、粗化表面が、亜鉛めっき、銅めっき及び亜鉛−銅めっきからな...

    タイヤ用樹脂金属複合部材及びタイヤ

  15. 【課題】高屈折率、低アッベ数など光学特性に優れた樹脂の提供。【解決手段】ジヒドロキシ化合物として2,2´−ビス(ヒドロキシアルコキシ)−1,1´−ビナフタレンおよび、フェニル基部分に置換基を有してもよい9,9−ビス(4−(2−ヒドロキシアルコキシ)フェニル)フルオレンまたは9,9−ビス(4−ヒドロキシフェニル)フルオレンから選ばれるフルオレン誘導体を含み、ジカルボン酸...

  16. 【課題】基材フィルムに離型層などを介在せずに直接に転写層を積層した場合であっても、転写層の剥離性が良好である転写フィルムを提供することにある。【解決手段】基材フィルム上に転写層を有する転写フィルムであって、前記基材フィルムの前記転写層側の表面の算術平均粗さRaが0.30μm以上であり、前記転写層が少なくとも第1転写層を含み、前記第1転写層は転写層のうち最も基材フィルム...

  17. 【課題】層間密着性を向上した多層積層フィルムを提供すること。【解決手段】樹脂から主になる複屈折性の第1層と樹脂から主になる等方性の第2層とが交互に積層した多層積層構造を有する多層積層フィルムであって、第1層を形成する樹脂が、当該樹脂を用いて一軸延伸フィルムを作成したときに、得られた一軸延伸フィルムの延伸方向の周波数10Hzで測定した貯蔵弾性率(E’)が、25℃において...

    多層積層フィルム、それを用いた輝度向上部材および偏光板

  18. 【課題】被加工体及びその封止体を支持体に充分固定できるとともに、加工後の被加工体及び封止体から容易に破断なく剥離できる半導体装置の製造方法を提供する。【解決手段】支持体上に、仮固定材樹脂組成物からなる仮固定材層を形成する第一工程と、前記仮固定材層を半硬化する第二工程と、仮固定材層上に被加工体を仮接合する第三工程と、前記仮接合後に本硬化を行う第四工程と、前記本硬化後に半...

    半導体装置の製造方法

  19. 【課題】本発明の課題は、可塑剤が揮発又は溶出して表面層の柔軟性が失われてしまったボウリングボールについて、表面層の柔軟性を回復させるメンテナンス方法を提供することである。【解決手段】上記課題を解決するために、ボウリングボールの表面層に可塑剤を塗布することを特徴とする、ボウリングボールのメンテナンス方法を提供する。

    ボウリングボールのメンテナンス方法、可塑剤

    • 公開日:2020/03/19
    • 出願人: 山田裕
    • 発明者: 山田裕
    • 公開番号:2020-039866号
  20. 【課題】 従来よりも高温での耐熱性に優れ、ピロリドン環の分解を充分に抑制することができるポリビニルピロリドン含有組成物を提供する。【解決手段】 ポリビニルピロリドンと耐熱性向上剤とを含み、該耐熱性向上剤の含有量がポリビニルピロリドン100質量%に対して0.1〜10質量%であり、200℃で24時間加熱した際の下記の方法で算出されるピロリドン環の分解率が30%以下であ...

    ポリビニルピロリドン含有組成物

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 910