デオキシピリジノリン に関する公開一覧

デオキシピリジノリン」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「デオキシピリジノリン」の詳細情報や、「デオキシピリジノリン」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「デオキシピリジノリン」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(428件中)1/22ページ目

  1. 【課題】BMP−ALK3アンタゴニストおよび骨成長促進のためのその使用の提供。【解決手段】特定の態様において、本発明は、骨成長を促進するため、骨密度および骨強度を増大させるための組成物および方法を提供する。特定の実施形態において、本発明は、ALK3−Fc融合タンパク質を含むALK3ポリペプチドを提供する。本発明は、可溶性形態のALK3が、BMP−ALK3シグナル伝達の...

    BMP−ALK3アンタゴニストおよび骨成長促進のためのその使用

  2. 【課題】骨形成不全症を処置する方法の提供。【解決手段】それを必要とする対象における骨形成不全症を処置する方法であって、該対象に、トランスフォーミング成長因子ベータに特異的に結合する治療有効量の抗体またはその抗原結合性断片を投与することを含む前記方法。

    骨形成不全症の処置方法

  3. 【課題】関節リウマチおよび関連状態を治療する方法、全身性紅斑性狼瘡および関連状態を治療する方法、ならびに、多発性硬化症を治療する方法の提供。【解決手段】関節リウマチを有している対象に、コロニー刺激因子1受容体(CSF1R)を結合させる抗体を投与する段階を含む、関節リウマチに関連する状態を治療する方法であって、該抗体が、CSF1Rへのコロニー刺激因子1(CSF1)の結合...

    コロニー刺激因子1受容体(CSF1R)を結合させる抗体を用いて状態を治療する方法

  4. 【課題・解決手段】式(I)の化合物(式中、W、X、Y、Z、x、R1、R2、R3、x及びnは、本明細書で定義されている)、又は薬学的に許容できるその塩が提供される。化合物は、リシルオキシダーゼ(LOX)及びリシルオキシダーゼ様(LOXL)ファミリーメンバー(LOXL1、LOXL2、LOXL3、LOXL4)の阻害剤であり、治療、特にがんの処置に有用である。EGFRに関連す...

    がんを処置するためのリシルオキシダーゼ阻害剤としてのメチルアミン誘導体

  5. 【課題】臨床転帰を評価するための方法およびシステムの提供。【解決手段】本明細書では、被検者の臨床転帰を特性化するために有用な方法およびシステムについて記載する。本明細書に提供されるものとして、臨床転帰の診断、予後、および治療の際、エンドユーザを補助可能なコンピュータ評価方法、医療情報システム、ならびにコンピュータ可読命令を含む。本発明のシステムを使用して、新たな徴候の...

    臨床転帰を評価するための方法およびシステム

  6. 【課題】分析精度や感度が高く且つ安定して製造可能な分析試薬としての、粒径分布が狭く均一で分散性に優れ且つ磁性体含有率の小さくない磁性体粒子及びその製造方法の提供。【解決手段】モノマー、ラジカル重合開始剤、乳化剤、磁性体から生理活性物質担持用磁性粒子を得る際に、該乳化剤として下記一般式(1)で表される両親媒性ブロックコポリマーを用い、生理活性物質を担持させ、また親水性化...

    生理活性物質担持用磁性粒子及びその製造方法

  7. 【課題】腎疾患、例えば慢性腎疾患-骨ミネラル障害(CKD−MBD)と関連している骨障害、低代謝回転骨障害及び血管石灰化の治療方法の提供。【解決手段】治療を必要とする対象へのアクチビン−ActRIIAインヒビターの投与を含む方法。前記アクチビン−ActRIIAインヒビターが特定のアミノ酸配列を含むポリペプチドである方法。

    アクチビン−ActRIIアンタゴニスト並びに骨障害及び他の障害の治療に対する使用

  8. 【課題】骨成長の促進および骨密度の増加、ならびに多発性骨髄腫の処置のための、組成物および方法の提供。【解決手段】少なくとも10-7MのKDでアクチビン受容体IIa型(ActRIIa)リガンドと結合するおよび)細胞におけるActRIIaシグナル伝達を阻害する効果を有する、アクチビン受容体IIa型(ActRIIa)タンパク質と免疫グロブリンのFc部分との融合タンパク質を含...

    癌患者における骨成長を促進するためのアクチビン−ACTRIIAアンタゴニストおよびその使用

  9. 【課題】モジュール式ポイントオブケアデバイスとその使用の提供。【解決手段】体液試料中における解析対象の自動検出カートリッジ100であって、解析対象の存在または不在を示す検出可能なシグナルをもたらす化学反応を実行するように構成されるアドレス可能なアッセイユニット121のアレイと、アッセイユニット121のアレイの個々のアドレス可能なアッセイユニット121に対応するように個...

    モジュール式ポイントオブケアデバイスおよびその使用

  10. 【課題】モジュール式ポイントオブケアデバイスとその使用の提供。【解決手段】体液試料中における解析対象の自動検出カートリッジ100であって、解析対象の存在または不在を示す検出可能なシグナルをもたらす化学反応を実行するように構成されるアドレス可能なアッセイユニットのアレイ121と、アッセイユニットのアレイ121の個々のアドレス可能なアッセイユニットに対応するように個々のア...

    モジュール式ポイントオブケアデバイスおよびその使用

  11. 【課題】統合型の保健データ取得および分析システムの提供。【解決手段】本発明は、統合型のヘルスケア監視および監視システムを提供する。前記システムは、リアルタイムサンプリング、モデル化、分析、および推奨される介入を提供する。前記システムを用いて、感染性疾病および慢性疾病を監視することが可能である。病原体(例えば、インフルエンザウイルス)の大発生に遭遇した際、前記システムは...

    統合型の保健データ取得および分析システム

  12. 【課題】歯周病による歯周組織の破壊、歯槽骨の減少に対して、特定の抗体投与により、歯槽骨の消失を治療するための方法の提供。【解決手段】セメントエナメル境と歯槽骨頂の間の距離を減少させるのに有効な量の抗スクレロスチン抗体を週に5〜1,000mgまでの用量で、治療を要する患者に投与する、歯槽骨の消失を治療するための方法。該抗体は病変歯肉部又は病変歯周ポケットへ局所的に投与さ...

    抗スクレロスチン抗体の使用による歯槽骨消失の治療方法

  13. 【課題】抗LOX抗体および抗LOXL2抗体、及び使用方法の提供。【解決手段】特定のアミノ酸配列を有するエピトープに特異的に結合する単離抗体またはその抗原結合フラグメント。他の特定のアミノ酸配列に対して少なくとも75%のアミノ酸配列同一性を有する可変重鎖と、可変軽鎖とを含む、単離抗体またはその抗原結合フラグメント。LOXL2に対する結合について、LOX、LOXL1、LO...

    LOXおよびLOXL2阻害剤ならびにこれらの使用

  14. 【課題】粉砕骨折、偽間節骨折、分散性骨、外科的に形成された骨欠陥、外科的に処置された骨欠陥、又は骨への外傷或いは疾患形成された骨欠陥等から選択される、骨間隙欠陥を有するヒトを処置するための方法の提供。【解決手段】対象に有効な量のスクレロスチン阻害剤(例えば、抗スクレロスチン抗体)を、少なくとも20週間好ましくは約28週間続く処置期間にわたり、随意に1週間当たり約1〜約...

    骨間隙欠陥を処置する方法

  15. 【課題】臨床転帰を評価するための方法およびシステムの提供。【解決手段】本明細書では、被検者の臨床転帰を特性化するために有用な方法およびシステムについて記載する。本明細書に提供されるものとして、臨床転帰の診断、予後、および治療の際、エンドユーザを補助可能なコンピュータ評価方法、医療情報システム、ならびにコンピュータ可読命令を含む。本発明のシステムを使用して、新たな徴候の...

    臨床転帰を評価するための方法およびシステム

  16. 【課題】カルシウム模倣薬(CaSRアゴニストとも称される)、CaSRアゴニストを含む薬学的組成物および患者の処置においてそれらを使用するための方法の提供。【解決手段】一態様では、本開示は、被験体において長期にわたるPTH抑制をもたらすための方法であって、治療有効用量のカルシウム模倣薬を被験体に投与する工程を含む方法を提供する。一般には、被験体はPTHレベルの上昇を特徴...

    カルシウム模倣薬およびその使用方法

  17. 【課題・解決手段】本発明は、対象における骨吸収及び骨代謝回転を抑制するためのトランス−クロミフェンまたはその類似体もしくは塩を含む組成物の投与に関する。本発明は、対象における骨塩密度を増加させ、かつ対象における骨関連障害を予防または治療するための方法であって、対象に、有効量のトランス−クロミフェンまたはその類似体もしくは塩を投与することを含む、方法を対象とする。いくつ...

    骨塩密度を増加させる薬剤としてのトランス−クロミフェン及びその類似体

  18. 【課題】骨成長および石灰化を促進する組成物および方法を提供すること。【解決手段】一定の態様において、本発明は、骨成長を促進し、骨密度を高める組成物および方法を提供する。本開示は一部においては、アクチビンアンタゴニスト活性またはActRIIaアンタゴニスト活性を有する分子(「アクチビンアンタゴニスト」および「ActRIIaアンタゴニスト」)を用いて、骨密度を高め、骨成長...

    アクチビン−ActRIIaアンタゴニストおよび骨成長を促進するための使用

  19. 【課題】抗スクレロスチン抗体を使用して骨障害を治療する方法の提供。【解決手段】哺乳動物対象における低い骨形成、低い骨塩密度、低い骨塩量、低い骨量、低い骨質及び低い骨強度のうち少なくとも1つを伴う骨障害を治療する方法であって、(a)そのような治療を必要とする対象に、抗スクレロスチン抗体の少なくとも2回の投与の一群を実施するステップと、(b)次いで、(a)の投与の一群にお...

    骨疾患の治療

  20. 【課題・解決手段】一部の実施形態では、本開示は、生物活性剤の送達に関する組成物および方法に関連し、組成物は生物活性剤と脂質を含む。様々な実施形態では、脂質は、ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、オレイン酸、リノール酸、アルファ‐リノレン酸、ガンマ‐リノレン酸、ドコサヘキサエン酸(シス‐DHA)、ツルビナル酸およびジリノレイルから選択される。一部の実施...

    生物活性剤に関する方法および組成物

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 22