テーパ角度 に関する公開一覧

テーパ角度」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「テーパ角度」の詳細情報や、「テーパ角度」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「テーパ角度」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(453件中)1/23ページ目

  1. 【課題】一方のセグメントコイルの先端部が他方のセグメントコイルの先端部から抜けにくい回転電機のステータを提供する。【解決手段】オス型コネクタ部56を端部に有するコイル51と、メス型コネクタ部66を端部に有するコイル61と、を備え、前記オス型コネクタ部56は、テーパ面56a、56bを有し、前記テーパ面56a、56bには、凹部56c、56dが形成され、前記メス型コネクタ部...

    回転電機のステータ

  2. 【課題】非画素領域を低減した表示装置を提供する。【解決手段】ホール領域HAを囲む断絶領域DAを含む画素領域AAを含む基板101、画素領域AA及び断絶領域DAに形成された有機発光素子134、有機発光素子134の下部に配置された複数の無機絶縁膜、断絶領域DAに配置され、ホール領域HAを囲む断絶構造物110、及び断絶領域DAに配置され、断絶構造物110を囲む内部ダム108を...

    基板ホールを有する表示装置

  3. 【課題】 基材上に導電粒子を離間させて二次元的に配置することができる導電粒子の分散方法を提供すること。【解決手段】 導電粒子の分散方法は、粒子を配置する静電気拡散性又は導電性を有する配置部2を有する第一の電極4と、配置部2と対向する静電気拡散性又は導電性を有する吸着部5を有する第二の電極7と、を備える静電吸着装置1の第一の電極4と第二の電極7との間に電界を形成する...

    導電粒子の分散方法、及び静電吸着装置

  4. 【課題・解決手段】本発明は、少なくとも片側がポリマー層でコーティングされた金属シートから、底部および管状本体部を備える缶本体(9)を製造する方法であって、この方法は、最初に、金属シートから円形ディスクを製造し、次いで、このディスクを少なくとも外側にポリマー層を有するカップ(3)に深絞り加工し、次いで、壁しごき加工によって、このカップ(3)を缶本体(9)に成形し、ここで...

    壁しごき加工によって缶本体を製造する方法および装置

  5. 【課題】フレアナットと配管部との間及び配管部と継手部との間で異種金属接触腐食が発生することを防止することのできる配管継手構造及びその組立方法を提供する。【解決手段】流体が流れる配管部同士を接続する配管継手構造10は、継手テーパ部41を有する継手部40と、少なくとも一端に継手テーパ部と嵌合可能なフレア部31を有し、継手部40に接続される配管部30と、内側にフレア部31に...

    配管継手構造及びその組立方法

  6. 【課題】多少隙間が生じようとしても、凸部が凹部に嵌まり込む応力が働き、キャリアテープが正常な位置に規制されながらリールに巻かれキャリアテープが隙間なく整列して巻かれることを提供する。【解決手段】長手方向に長尺な形態であり、基本表面1Aを形成する本体部1Bと、本体部1Bに形成され、基本表面1Aにおける長手方向に沿った複数の位置に配置される複数の送り穴9と、本体部1Bにお...

    キャリアテープ及びキャリアテープ巻取方法

  7. 【課題】大量の潤滑油を必要とせず、かつ皿ばねが設計した動作回数よりも早期に損傷することを防止しうる回転軸装置を提供する。【解決手段】回転軸装置は、軸線方向を上下方向に向けて回転可能に配置された中空状の主軸1と、主軸1内に主軸1に対して軸方向に移動しうるように配されたドローバー3と、ドローバー3の周囲に配された複数の皿ばね4からなりかつドローバー3を主軸1に対して上方に...

    回転軸装置

  8. 【課題】ローラの交換性を向上させる。【解決手段】用紙給紙装置41は、筐体2に対し給紙カセット挿抜方向に沿って挿抜可能な給紙カセット12と、給紙カセット12から給紙された複数の用紙Pを分離するリタードローラ18とリタードローラ18の回転軸であるリタードローラ軸18Sを軸支する内側フレーム74とを有し給紙カセット12に対して着脱可能な着脱ユニット70とを有し、給紙カセット...

    媒体搬送装置及び画像形成装置

  9. 【課題】製造コストを低減できる樹脂管の接続装置を提供する。【解決手段】接続装置5は、上側分割体10と、下側分割体20と、分割体の一端部を回動可能に連結するヒンジ手段Hと、分割体の他端部同士を近付けるように締め付ける締結手段とを備えている。分割体の本体部11,21の内周には、嵌合溝12,22が形成されている。締め付け時に、嵌合溝のテーパ面12a,22aが樹脂管1,2のフ...

    樹脂管の接続装置

  10. 【課題】注入器の先端の筒先に装着して使用される医療用採液チップ及び採液ノズルを提供する。【解決手段】注入器のバレルの筒先に着脱可能に装着される医療用採液チップ1であって、前記注入器の前記筒先の内周面は、先端に近づくにしたがって内径が大きくなるメステーパ面であり、前記医療用採液チップ1は、一端に前記筒先に挿入されるオス部材11を備え、他端に採液針20を備え、流路8が、前...

    医療用採液チップ、採液ノズル、及び注入器セット

  11. 【課題】簡易的な構造によりガイドワイヤの表面と生体管腔内の部分との間の摩擦抵抗を低減できるガイドワイヤを提供すること。【解決手段】ガイドワイヤ1は、長尺のワイヤ本体10と、ワイヤ本体10の先端部の外周に配置され先端部を覆う外層部4と、一部が外層部4の外側に向かって突出し生体管腔内の部分と接触し外力を受けると回転する回転体71と、を備える。

    ガイドワイヤ

  12. 技術 椅子

    【課題】簡易な構造でありながらロッキング機能に優れた椅子を提供する。【解決手段】椅子は、座2よりも高い位置に配置された上部支持フレーム8を有する。上部支持フレーム8は背もたれ3を後ろから囲うように平面視で曲がった形態であり、左右のサイド部9は、サイド支持体13の上水平状部15に後傾動可能に連結されている。背もたれ3は、その下部が上部支持フレーム8のリア部10に後傾動可...

    椅子

  13. 【課題】オスルアーを取り囲む外筒の内面に螺状突起が形成されたオスコネクタの洗浄性を向上させる。【解決手段】オスコネクタ1は、流路18が形成されたオスルアー11と、オスルアー11の根元から外向きに突出した底板13と、底板13に設けられた外筒15と、外筒15の内面に形成された螺状突起16とを備える。底板13及び外筒15のうちの少なくとも一方に貫通孔21,22が形成されている。

    オスコネクタ

  14. 【課題・解決手段】モジュール式回転切削工具は支持体中に挿入するための切削ヘッドを備える。切削ヘッドは、その外周面上に形成されたトルク面および挟持面を有する連結ピンを有する。連結ピンはピン前部とピン後部とに分割される。ピン前部は周方向溝によって画定される。軸方向の抜け防止のための停止面は、ピン前部とピン後部との間に形成される。トルク面および挟持面は、異なるピン部分に配置...

    モジュール式回転切削工具

  15. 技術 電磁弁

    【課題】スプールのランドの外周面がスリーブの弁孔の内周面に長時間押し付けられた後にスプールをスリーブに対して移動させる場合にも、スプールを円滑に移動させることが可能な電磁弁を提供する。【解決手段】電磁弁1は、複数のポート31〜34が弁孔30の中心軸方向に並んで形成された筒状のスリーブ3と、弁孔30の内周面に対向する外周面を有する複数のランド41〜43が軸方向に並んで形...

    電磁弁

  16. 【課題】未修正エンドエフェクタの強度を増加させる、複合エンドエフェクタを有する縫合デバイスを提供する。【解決手段】複合エンドエフェクタを有する縫合デバイス100であって、複合エンドエフェクタは、遠位端に未修正固定要素を有する縫合糸本体102と、未修正固定要素の近位端上に配された上覆取付部品と、を備える。得られる複合エンドエフェクタは向上した強度を有し、溶接又は化学的固...

    創閉鎖デバイス用の改良エンドエフェクタ

  17. 【課題】製造コストが増大する事態を抑えた上で流体の流れに乱れが生じる事態を防止する。【解決手段】先端開口22から駆動流が噴射されるノズル20と、ノズル20の周囲を取り囲むように配置され、ノズル20の先端開口22の延長上となる部位に合流部13が設けられた本体部10とを備え、ノズル20の先端開口22から駆動流を噴射することにより吸引流入口16aを通じて吸引流を本体部10の...

    エジェクタ

  18. 【課題】電解槽における電極更新の際の作業効率を向上させることができる、電解槽の製造方法を提供する。【解決手段】 陽極と、前記陽極に対向する陰極と、前記陽極と前記陰極との間に配され、かつ、電解用電極及び隔膜を含む既存積層体と、を備える既存電解槽に、新たな電解用電極及び新たな隔膜を含む新たな積層体を配することにより、新たな電解槽を製造するための方法であって、 前記既存...

    電解槽の製造方法

  19. 【課題】電解槽における電極更新の際のコストを低減すると共に作業効率を向上させ、更に補修後の電解性能も維持できる、電極の製造方法を提供する。【解決手段】 既存電極の表面を補修することにより、新たな電極を製造するための方法であって、 前記既存電極の表面の少なくとも1つの領域に、厚みが315μm以下である電解用電極を固定する工程(A)を有する、電極の製造方法。

    電極の製造方法

  20. 【課題】 ダブルローラタイプのトリポート型等速自在継手において、摺動抵抗、スライド抵抗、あるいは誘起スラストを低減させる。【解決手段】 トリポード型等速自在継手1は、トラック溝5に挿入されたアウタリング11と、トリポード部材3の脚軸7に外嵌され、ローラ11を回転自在に支持するインナリング12とを備える。アウタリング11の外周面のうち、アウタリング11の幅方向中心を...

    トリポード型等速自在継手

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 23