タキソール に関する公開一覧

タキソール」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「タキソール」の詳細情報や、「タキソール」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「タキソール」の意味・用法はこちら

41〜60件を表示(10,682件中)3/535ページ目

  1. 【課題・解決手段】本発明は、B7相同性3タンパク質(B7−H3)抗体及び抗体薬物コンジュゲート(ADC)(前記抗体及びADCを使用する組成物及び方法を含む)に関する。

    抗BH7−H3抗体及び抗体薬物コンジュゲート

  2. 【課題・解決手段】式(I)、(II)及び(III)の構造を有する、エストロゲン受容体調節活性又は機能を有するヘテロアリール化合物、並びにその立体異性体、互変異性体又は薬学的に許容される塩(式中、置換基及び構造的な特徴は本明細書に記載されている)が、本明細書に記載されている。式I、II及びIIIの化合物を含む薬学的組成物及び医薬、並びにそのようなエストロゲン受容体モジュ...

    ヘテロアリールエストロゲン受容体モジュレーター及びその使用

  3. 【課題・解決手段】式Iの構造を有する、エストロゲン受容体調節活性又は機能を有するテトラヒドロ−ピリド[3,4−b]インドール−1−イル化合物、その立体異性体、互変異性体又は薬学的に許容される塩(式中、置換基及び構造的な特徴は本明細書に記載されている)が本明細書に記載されている。式Iの化合物を含む薬学的組成物及び医薬、並びにそのようなエストロゲン受容体モジュレーターを、...

    テトラヒドロ−ピリド[3,4−b]インドールエストロゲン受容体モジュレーター及びその使用

  4. 【課題】ペプチド−ポリヌクレオチド複合体を含む薬学的組成物、及びその使用方法の提供。【解決手段】ペプチド−ポリヌクレオチド複合体が、約50:1を超え、約200:1未満のペプチド:ポリヌクレオチドの比率を有し、前記ペプチドが(a)非溶解性であり、細胞のエンドソームからのポリヌクレオチドの放出に影響を及ぼすことができ、かつ(b)特定のアミノ酸配列に対して少なくとも80%の...

    ポリヌクレオチドトランスフェクションのための組成物及び方法

  5. 【課題】過剰増殖症(hyperprolific disorders)および線維性疾患の治療方法、前記化合物を用いて創傷治癒に起因する瘢痕を減少させる方法の提供。【解決手段】結合組織成長因子(CTGF)の発現を阻害することのできる修飾された新規なアンチセンスオリゴヌクレオチド(ASO)を含む化合物および組成物の提供。

    結合組織成長因子を対象とするアンチセンスオリゴヌクレオチドおよびその使用

  6. 【課題】プレカナチド(plecanatide)誘導体、ウログアニリン、グアニリン、リンホグアニリンおよびSTペプチドの類似体であり、より優れた性質を有する新規なグアニル酸シクラーゼC(GC−C)アゴニストおよびそれらの治療的使用の提供。【解決手段】グアニル酸シクラーゼCに結合し、環状グアノシン一リン酸(cGMP)の細胞内産生を刺激する、α-アミノアジピン酸を含有する特...

    グアニル酸シクラーゼのアゴニストおよびその使用

  7. 【課題】抗分化抗原群列3(CD3)抗体および同抗体の使用方法を提供する。【解決手段】モノクローナル抗体、ヒト抗体、ヒト化抗体、またはキメラ抗体である、抗CD3抗体。抗CD3抗体の、細胞増殖性疾患または自己免疫疾患の治療、またはその進行の遅延化に、それを必要とする対象においての使用。細胞増殖性疾患が癌である、抗CD3抗体の使用。自己免疫疾患がリウマチ性関節炎、若年性リウ...

    抗CD3抗体および使用方法

  8. 【課題】正常細胞上への治療の有害作用を最小にしつつ、Rb-ポジティブ癌を含む選択されたRb陽性異常細胞増殖を治療するための、改良された化合物などの提供。【解決手段】下式などの化合物。(式中、R1は独立して、鎖中の炭素の代わりに任意にO又はNヘテロ原子を含んでもよいアリール、アルキル、シクロアルキル又はハロアルキルであり、及び2つのR1は、それらが結合する環原子と共に、...

    RBポジティブ異常細胞増殖に対するHSPC温存治療

  9. 【課題】特定のタンパク質に結合する抗体薬物コンジュゲート(ADC)の提供。【解決手段】抗体またはその抗原結合断片を含む抗体薬物コンジュゲートであって、該抗体または該抗原結合断片が、特定のアミノ酸配列を含む161P2F10Bタンパク質に特異的に結合し、該抗体が、VH領域およびのVL領域のアミノ酸配列を含み、且つ、該抗体が、モノメチルオーリスタチンF(MMAF)にマレイミ...

    161P2F10Bタンパク質に結合する抗体薬物コンジュゲート(ADC)

  10. 【課題・解決手段】本発明は、ピラノース環がα−D−ガラクトピラノースであり、Aが(2)および(3)から選択される一般式(1)の化合物に関する。式(1)の化合物は、ガレクチン−3などのガレクチンとヒトなどの哺乳動物のリガンドとの結合に関連する障害の治療方法における使用に適している。さらに、本発明は、ガレクチン−3などのガレクチンとヒトなどの哺乳動物のリガンドとの結合に関...

    ガレクチンのα−D−ガラクトシド阻害剤

  11. 【課題・解決手段】本発明は、プロテインチロシンキナーゼに対する阻害作用を有するアミノピリミジン系化合物、それを含む医薬組成物、およびその調製と使用に関する。具体的に、本発明は、式(I)で表されるアミノピリミジン系化合物、およびその薬学的に許容される塩、立体異性体、溶媒和物、水和物、結晶多形、プロドラッグもしくは同位素異性体を開示し、ただし、R1、R2、L、Y、R6、W...

    プロテインチロシンキナーゼの活性を阻害するためのアミノピリミジン系化合物

  12. 【課題・解決手段】B細胞活性化因子受容体(BAFF−R)を標的とするキメラ抗原受容体(CAR)を発現するT細胞が、本明細書において提供される。本明細書において記載されるBAFF−Rを標的とするCAR(BAFF−R CAR)は、BAFF−Rと結合するドメインを含む。BAFF−R CARを作製及び使用する方法も提供される。

    BAFF−R標的化キメラ抗原受容体修飾T細胞及びその使用

  13. 【課題・解決手段】本発明は、CD45+、CD135+、CD34+、CD90+、および/またはCD110+細胞などの細胞の枯渇、ならびに、とりわけ、さまざまな造血性疾患、代謝障害、がん、および自己免疫疾患の治療に有用な組成物および方法を提供する。例えば、ヒトなどの患者のCD45+、CD135+、CD34+、CD90+、またはCD110+細胞の集団を枯渇させることによって...

    細胞の枯渇のための組成物および方法

  14. 【課題・解決手段】少なくとも幾つかの実施形態の架橋性タンパク質又はポリペプチド及び1種類以上の架橋材料を含む、メッシュベース組成物。

    メッシュベースのインサイチュ架橋性組成物

  15. 【課題・解決手段】本開示は、CpGオリゴヌクレオチドにより介在される免疫反応が、たとえばホスホロチオエートなどの修飾ヌクレオチド間結合の立体化学により影響を受け得るという認識に関する。一部の実施形態では、本開示は、たとえばホスホロチオエート結合などの修飾ヌクレオチド間結合を複数含有するCpGオリゴヌクレオチドを含有するキラル制御されたCpGオリゴヌクレオチド組成物に関...

    オリゴヌクレオチド、その組成物および方法

  16. 【課題・解決手段】本発明は、腫瘍及び癌を含むが、これらに限定されない細胞増殖の異常に関係する障害の治療のためのピリミジン系化合物の分野にある。

    ピリミジン系の抗増殖剤

  17. 【課題・解決手段】本発明は、肝細胞癌の治療のためのウットロシドB組成物及び方法を含む。肝臓がんの化学療法の選択肢は限られており、HCC患者の予後は、低迷したままである。ソラフェニブが、現在のところ肝細胞癌の治療に利用できる唯一の薬物である。

    肝細胞癌の治療薬としてのウットロシドB及びその誘導体

  18. 【課題】B7−H1に特異的に結合する単離された抗体またはその抗原結合断片。【解決手段】B7−H1を対象とするヒトモノクローナル抗体、ならびにB7−H1の活性および/または発現に関連する疾患の診断における、およびその治療のためのこれらの抗体の使用を開示する。加えて、そのような抗体を発現するハイブリドーマまたは他の細胞系も開示する。本抗体は、アイソタイプ対照抗体と比較して...

    B7−H1に対する標的結合剤

  19. 【課題】容認できない毒性を引き起こさずに生存を増加させるために、既存の治療法に加えることができる新しいがんの治療法の提供。【解決手段】がんの、ヒトPD−L1に結合する抗体と組み合わせた治療における使用のための医薬であって、IL−2バリアント免疫サイトカインを含み、ここで、IL−2バリアント免疫サイトカインが、特定の配列のポリペプチド配列を含むことを特徴とし、ヒトPD−...

    腫瘍を標的としたIL−2バリアント免疫サイトカインとヒトPD−L1に対する抗体との併用療法

  20. 【課題】前立腺癌においてNAALADL2が発現される、該前立腺癌の治療又は予防のための方法の提供。【解決手段】NAALADL2及びCD3に結合する二重特異性抗体の治療有効量を、その必要のある対象に投与することを含む。

    治療的及び診断的標的としての不活性N−アセチル化−α−結合型酸性ジペプチダーゼ−様タンパク質2(NAALADL2)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. ...
  10. 535