PRF に関する公開一覧

PRF」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「PRF」の詳細情報や、「PRF」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「PRF」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(4,409件中)1/221ページ目

  1. 【課題】X線画像と超音波画像との位置合わせを可能とすること。【解決手段】実施形態の医用情報処理装置は、第1の特定部と、第2の特定部とを備える。第1の特定部は、超音波プローブの位置を特定する。第2の特定部は、前記超音波プローブの構造を示す3次元データと、前記超音波プローブを撮像した2次元のX線画像とに基づいて、前記第1の特定部によって特定された位置における前記超音波プロ...

    医用情報処理装置、X線診断装置及び医用情報処理プログラム

  2. 【課題】補体因子H(CFH)に結合し、向上したC3dおよびC3bの結合を誘導することができる、組換えタンパク質の提供。【解決手段】補体因子H(CFH)に結合し、これにより未結合CFHと比較して、結合CFHによる向上したC3dおよびC3bの結合を誘導することができる、組換えタンパク質であって、野生型CFHに結合し、1×10−13M以下のKDを有する複合体を形成でき、スト...

    診断的および治療的使用を有するタンパク質

  3. 【課題】RNA依存性標的DNA修飾およびRNA依存性転写調節のための方法および組成物を提供する。【解決手段】ターゲティング配列を含み、修飾ポリペプチドと共に、標的DNAおよび/または標的DNAと結合したポリペプチドの部位特異的修飾を与える、DNA標的化RNA。部位特異的修飾ポリペプチド。標的DNAおよび/または標的DNAと結合したポリペプチドの部位特異的修飾の方法。標...

    RNA依存性標的DNA修飾およびRNA依存性転写調節のための方法および組成物

  4. 【課題】周期的に移動するとともに比較的高速に移動する強反射体にサイドローブが反射されることによって発生するクラッタ成分を抑制することが可能なMTIフィルタを生成すること。【解決手段】実施形態の超音波診断装置は、計算部と、決定部とを備える。計算部は、複数の走査線により形成される走査範囲での超音波走査により収集された同一位置の反射波データのデータ列から、走査範囲の相関行列...

    超音波診断装置、医用画像処理装置及び医用画像処理プログラム

  5. 【課題】AOD(音響光学偏向器)エクスカーションの制限によりスループットが制約されることを抑制するレーザシステムおよび方法を提供する。【解決手段】レーザシステム及び方法は、それぞれのツーリング動作の前と後に整定時間を挿入する。一般的に、AODエクスカーションのピークは、特徴部間の移動とツーリングの移動との間で速度が遷移する際に生じる。この遷移は、ツーリングの前(ツーリ...

    AOD移動減少用AODツール整定のためのレーザシステム及び方法

  6. 【課題】信号処理のハードウェア規模の増大と、信号処理による消費電力の増加とを抑制しつつ、グループ目標内の複数目標を個々の目標に分離して追尾することができる誘導装置を得ること。【解決手段】誘導装置50は、着目する目標がグループ目標である場合に、グループ目標内の複数の目標間のドップラ周波数差を観測し、ドップラ周波数差が極大値又は最大値となる観測位置を逐次演算する航法演算部...

    誘導装置及び飛しょう体

  7. 【課題】ランダムオラクルを用いずにユニバーサル比率が最適なIDベースハッシュ証明系構成装置を提供する。【解決手段】IDベースハッシュ証明系構成装置は、内積値暗号のセットアップアルゴリズムと、疑似ランダム関数PRFの鍵空間からランダムに選択された鍵とを用いて、公開パラメータとマスター秘密鍵とを出力するセットアップ部と、{0,1}からn個のビット値をランダムに選択した上で...

    IDベースハッシュ証明系構成装置、IDベース暗号装置、IDベースハッシュ証明系構成方法及びプログラム

  8. 【課題】 クラッタ及び干渉波の不要波が存在する複雑な環境下におかれている場合でも、比較的小さい処理規模で不要波を抑圧する。【解決手段】 実施形態のレーダシステムは、受信開口をM個のサブアレイに分割したアレイアンテナを用いてNヒットの送信パルスの反射信号を受信し、M個のサブアレイそれぞれの受信信号から少なくともM本の受信ビームを形成し、M本の受信ビームからレンジセル...

    レーダシステム及びそのレーダ信号処理方法

  9. 【課題】水と脂肪を含む被検体の温度検知を低コストで実現する、超音波画像化装置の提供。【解決手段】本発明に係る超音波画像化装置は、水と脂肪を含む被検体を、温度検知をする、超音波画像化装置であって、被検体が有する複数の部位それぞれにおける水の含有比率と脂肪の含有比率とに基づいて、複数の部位それぞれの音速の温度依存特性を取得する、温度依存特性取得手段と、被検体を貫く複数の経...

    超音波画像化装置、超音波画像化方法、超音波画像化プログラム、及び超音波CT装置

  10. 【課題】超音波走査に用いられる超音波プローブと生体信号の計測に用いられる生体信号計測装置との組合せがどのような組合せであっても、画像データと生体信号とを同期させること。【解決手段】実施形態の超音波診断装置は、同期部を備える。同期部は、被検体に対する超音波走査を行うことによりエコー信号又は超音波データを出力する複数の超音波プローブのうち超音波走査に用いられる超音波プロー...

    超音波診断装置及び超音波診断システム

  11. 【課題】本発明は、従来と比べてより確実に精度よくボルトの軸力を測定することができるボルト軸力測定方法を提供する。【解決手段】本発明のボルト軸力測定方法は、ボルト1の頭部3に形成された段付き凹部5に対応するように段付き凸部29を有するプローブ24の前記段付き凸部29を前記頭部3の前記段付き凹部5に対して挿入するプローブ挿入工程と、前記プローブ24から前記ボルト1の軸部の...

    ボルト軸力測定方法及びこの方法に使用するボルト

  12. 技術 締付装置

    【課題】本発明は、ボルトの締め付けと同時にボルト軸力を精度よく測定することができる締付装置を提供する。【解決手段】本発明の締付装置(20)は、ボルト(1)の延びを検出するセンサ(プローブ(24))と、前記ボルト(1)を回転させるソケット(22)と、前記センサをボルト(1)の頭部(3)に向けて付勢する付勢手段(弾発コイルばね(28))と、を備え、前記センサと前記ソケット...

    締付装置

  13. 【課題】本発明は、従来と比べてより確実に精度よくボルトの軸力を測定することができるボルト軸力測定装置を提供する。【解決手段】本発明のボルト軸力測定装置10は、エコー検出部31d及び軸力演算部31bを備え、エコー検出部31dは、頭部エコーに対して頭部エコーゲートを設定するとともに底面エコーに対して底面エコーゲートを設定し、前記ボルトの締結中に複数回発振される超音波パルス...

    ボルト軸力測定装置及びボルト軸力測定プログラム

  14. 【課題】ヒトIL−23タンパク質に結合する抗原結合タンパク質の提供。【解決手段】IL−23抗原結合タンパク質を産生するための、細胞株を含む発現系、およびヒトIL−23に関連する疾患の診断法および治療法。

    ヒトIL−23抗原結合タンパク質

  15. 【課題】灌注又は滴下施用又は浸漬又は土壌注入により土壌/生長基質を処理することで、昆虫、ハダニ、線虫等の有害生物を防除するのに非常に好適である、殺有害生物混合物の提供。【解決手段】1)式(I)で表されるカルボキサミド化合物又はそれらの互変異性体、光学異性体、ジアステレオマー若しくは塩、及び、2)チアクロプリド、アバメクチン、エマメクチン、及びシアントラニリプロールから...

  16. 【課題】組織内にキャビテーションを生成する方法及び装置を提供する。【解決手段】ヒストトリプシ療法の衝撃散乱方法は、初期圧力波形を超音波療法用変換器102から組織内へと供給するステップであって、初期圧力波形は組織内に少なくとも1つの気泡を生成するように構成されるステップと、散乱圧力波形を、少なくとも1つの気泡の寿命期間内に超音波療法用変換器から少なくとも1つの気泡内へと...

    衝撃散乱を使用した気泡雲形成のために最適化されたヒストトリプシ励起シーケンス

  17. 【課題】予め定められたピンの数を減らすことなく、コネクタの幅を狭くすること。【解決手段】実施形態の超音波プローブは、超音波診断装置本体に接続されるコネクタを備える。前記コネクタは、筐体と、端子とを備える。筐体は、複数の面を有し、振動素子と前記超音波診断装置本体とを電気的に接続する電気部品を収納する。端子は、前記筐体が有する前記複数の面のうち、前記コネクタが前記超音波診...

    超音波プローブ及び超音波診断装置

  18. 【課題】本発明が解決しようとする課題は、H因子活性を有し、H因子を超える利点を有し又はH因子の不利な点を有さず、その活性は、H因子のものと比較して好ましくは保存又は改良される組換えタンパク質を提供することである。【解決手段】前記課題は、H因子の少なくともSCR1〜4(SCR1、SCR2、SCR3及びSCR4、この順序で)、SCR19及びSCR20を含む組換えタンパク質...

    H因子活性を有する組換えタンパク質

  19. 【課題】安全で安定した、有効な、且つ費用対効果の高いインフルエンザワクチンの提供。【解決手段】異種ポリペプチドを発現する異種ヌクレオチド配列を含むパラインフルエンザウイルス5型(PIV5)ゲノムを含むウイルス発現ベクター。一部の実施形態では、異種ヌクレオチド配列は、PIV5ゲノムのヘマグルチニン−ノイラミニダーゼ(HN)遺伝子とラージRNAポリメラーゼタンパク質(L)...

    パラインフルエンザウイルス5型ベースのワクチン

  20. 【課題】その必要がある対象において飽食を誘導し、満腹を延長させるための組成物の提供。【解決手段】特定のアミノ酸配列を含むClpBタンパク質の有効量を含む、その必要がある対象の満腹を延長させるか食物摂取量を減少させるのに使用するための組成物。

    その必要がある対象の飽食を誘導し、満腹を延長させる医薬組成物および食品組成物

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 221