シートカバー に関する公開一覧

シートカバー」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「シートカバー」の詳細情報や、「シートカバー」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「シートカバー」の意味・用法はこちら

81〜100件を表示(986件中)5/50ページ目

  1. 【課題・解決手段】型内発泡成形体とインサート材とが一体化されて形成された型内発泡成形体ユニットから、ポリウレタンフォームを剥離しにくくさせる。発泡複合成形体(1)は、インサート材(3)における、型内発泡成形体(4)から露出した部分と、ポリウレタンフォーム(2)とが接している。

    発泡複合成形体、および発泡複合成形体の製造方法

  2. 【課題】シートカバーの玉縁が取り付けられるカバーピース同士の縫い目に吊り込み用の吊り込み具を簡便に設定すること。【解決手段】クッションカバー20(シートカバー)を構成する互いに縫い合わされた2枚のカバーピース21,22と、これらカバーピース21,22の互いに縫い合わされる縁部21A,22A間に介設されて各縁部21A,22Aとのひとまとめの縫合(SU)により各縁部21A...

    乗物用シート

  3. 【課題】導電糸の摩耗を抑制しつつ、給電を行うことができるシートベルト装置を提供する。【解決手段】シートベルト装置10は、経糸及び緯糸4が互いに直交して延在するように織り込まれ、経糸が導電糸2及び非導電糸3を含み、非導電糸3が導電糸2より太いウェビング1を用いて構成されたシートベルト12と、シートベルト12の巻き取りを行うリトラクタ13と、車両に対し固定されたバックル1...

    シートベルト装置

  4. 【課題】ISOFIXアンカを乗物用シートの貫通孔内に配置して、貫通孔の前部開口に取付けられISOFIXアンカへの取付部材の取付作業性の良好なカバー部材に対し、蓋部材を見栄えよく取付けることができる構造の乗物用シートを提供する。【解決手段】シートクッション3の後端部に設けられた貫通孔11の内部にワイヤ60が配設される。貫通孔11の前部開口33の開口縁部11aを覆う前板部...

    乗物用シート

  5. 【課題】比較的簡素な構成によって、一対の介装部を表皮の裏側で拡開させて配置可能な意匠部材を提供することにある。【解決手段】意匠部材10Aが縫目に取付けられる前の状態を基準として、ヒンジ部位20,30では、一対の介装部14A,14Bが互いに離れる方向に曲がっているとともに、脚部位22,32では、ヒンジ部位20,30よりも一対の介装部14A,14Bが近接して対面状に配置さ...

    意匠部材及び意匠部材の取付け方法

  6. 【解決手段】シートクッションにシートカバーを取り付けるためのクリップは、シートカバーに固定されるように構成されたロック部と、ロック部に接続され、且つシートクッションのワイヤに固定されるように構成されたフックと、を備え、フックは、ワイヤ保持空洞部を画成する。

    車両シートカバー固定クリップ

  7. 【課題】シートヒータを、サーモスタットとともにシートカバーの裏側に性能よく配置することにある。【解決手段】シートカバー4Sが、シートの着座側に露出して配置されている第一シートカバー部位31と、第一シートカバー部位31とは異なる第二シートカバー部位32とを有し、シートの着座面(天板メイン部4a)を覆っている第一シートカバー部位31の裏側にシートヒータ10の発熱部位HAが...

    乗物用シート

  8. 【課題】圧電感度に優れた圧電基材を提供する。【解決手段】圧電基材100は長尺状の内部導体12Aと、前記内部導体12Aの外周面を一端から他端にかけて、内部導体12Aが見えないように一方向に螺旋角度β1で螺旋状に隙間なく巻回されて被覆する長尺状の第1の圧電体14Aと、前記第1の圧電体14Aの外周に配置された外部導体16とを備え、下記式(a)を満たす。静電容量測定値/静電容...

    圧電基材、力センサー、及びアクチュエータ

  9. 【課題】シートの意匠面を構成する表皮ピースの縫い代部に付属部材を性能よく取付けることにある。【解決手段】第一表皮ピースSP1の第一縫い代21と第二表皮ピースSP2の第二縫い代22とを位置合わせして縫合したのち、縫い代部31をなす第一縫い代21と第二縫い代22の少なくとも一方に付属部材40Aを取付ける。

    シートカバー及びその製造方法

  10. 【課題】クッション体の伸縮性をより適切に向上させることにある。【解決手段】弾性的に伸縮可能な複数の支持体4a,4b,4を備え且つ内装品に使用可能な板状のクッション体2において、複数の支持体4a,4b,4は、それぞれクッション体2の荷重入力方向となる厚み方向に延びているコイルばね状の樹脂製線材であり、隣り合う支持体同士が、クッション体2の面方向において部分的に重複した部...

    クッション体及びその製造方法

  11. 【課題】形状出し部材をパッドに一体化することにより、形状出し部材のシートフレームへの固定を不要として、形状出し部材を設けることによる着座用シートの重量増加を抑制する。【解決手段】シートカバー13の裏面側でクッションパッド12の表面側にシートの外形形状に沿って形成された枠体21と、枠体21に一体化されバックパッド12内に埋設される埋設部22とを備える形状出し部材20を設...

    着座用シート

  12. 【課題】不定形シートの読み取りをより簡易な構成で実現することができる画像処理装置及び画像処理方法を提供することである。【解決手段】実施形態の画像処理装置は、表面読取部と、裏面読取部と、裏面画像処理部と、表面画像処理部と、を持つ。表面読取部は、シートの表面を含む範囲を読み取る。裏面読取部は、前記シートの裏面を含む範囲を読み取る。裏面画像処理部は、前記シート裏面が読み取ら...

    画像処理装置及び画像処理方法

  13. 【課題】読み取り対象のシートを含む範囲を読み取るとともに、読み取った画像データ内におけるシート部分の領域を識別する処理を、より簡易な構成で実現することができる画像処理装置及び画像処理方法を提供することである。【解決手段】実施形態の画像処理装置は、読取部と、階調変換部と、画像処理部と、を持つ。読取部は、読み取り対象のシートの背面に位置し、前記シートの背面側に所定の色を有...

    画像処理装置及び画像処理方法

  14. 【課題】延反から切り出された第1カバーパーツの縞柄の傾斜角度と、第2カバーパーツの縞柄の傾斜角度とのズレを抑制する。【解決手段】縞柄の第1カバーパーツ22と、その縞柄と同柄の第2カバーパーツ24とを少なくとも有し、第1カバーパーツと第2カバーパーツとが縫製されたシートカバーの作成方法において、縞柄の延反60を、第1カバーパーツと、第2カバーパーツと、それらを連結する連...

    シートカバーの作成方法

  15. 【課題】カバーを開けて装置のメンテナンス作業を行う際に、作業スペースを拡大することができる画像形成装置を提供する。【解決手段】画像形成装置1は、画像形成部4と、筐体110と、カバー160とを備える。筐体110は、画像形成部4を収容する。カバー160は、筐体110に設けられる。カバー160は、筐体110に回動自在に連結される第1カバー部161と、第1カバー部161に回動...

    画像形成装置

  16. 【課題】ロアアンカが挿通されるアンカ挿通孔の見栄えの向上を図ることが可能となるシートカバーを提供する。【解決手段】シートカバーは、アンカ挿通孔を挟んで前後方向における前側に配置される第1カバーピースと後側に配置される第2カバーピースとを備え、第1カバーピースは、アンカ挿通孔の前後方向における前側端縁部の幅とほぼ等しい左右方向の幅で、該アンカ挿通孔の前側端縁部に対向する...

    シートカバー及び乗物用シート

  17. 【課題】被駆動部を備えた乗物用シートに搭載されるアクチュエータにおいて、搭載される乗物用シートの重量が重たくなることを抑制することができると共に製造コストが高くなることを抑制することができるアクチュエータを提供する。【解決手段】 アクチュエータは、固定部80と、固定部80に対して相対的に移動可能に設けられた可動部81と、固定部80と可動部81との間に配置された膨縮可...

    アクチュエータおよび乗物用シート

  18. 【課題】シートクッションの傾動により、離座促進位置に位置した際に、着座者が不安を抱くことなく、シートクッションから離座することができるシート装置を提供する。【解決手段】リンク機構27はシートクッション20に対して、複数の上下位置への後端の変位を許容して座面20aの前傾及び後傾を可能とする。シート装置10は、各上下位置にシートクッション20が位置する毎に、その上下位置を...

    シート装置

  19. 【課題】織物製の面状体において、袋織組織で構成された挿通部における過度の目開きを極力阻止することにある。【解決手段】面状体20が、シートフレームの枠内の一辺に沿って配置されている第一構成糸31と、第一構成糸31に交差状に配置されている第二構成糸32とが交絡状態とされて構成された織物であるとともに、シートパッドを支持可能な一重組織の本体部24と、保持体の少なくとも一部(...

    乗物用シート

  20. 【課題】付属部材を、ガイド部材によって所望の姿勢で維持しつつ、表皮の裏面に適切に縫合することにある。【解決手段】ガイド部材20に、表皮(SC)の裏面側に配置された付属部材10aの上側部位(18b)を支持する上側ガイド部位24aと、上側ガイド部位24aよりも表皮(SC)の裏面から離れている付属部材10aの下側部位(18a)を支持する下側ガイド部位22aとが設けられている...

    ガイド部材

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. ...
  12. 154