シクロヘキサノール に関する公開一覧

シクロヘキサノール」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「シクロヘキサノール」の詳細情報や、「シクロヘキサノール」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「シクロヘキサノール」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(48,476件中)1/2,424ページ目

  1. 【課題】本発明の課題は、一段階の反応で脂環式含酸素化合物を合成できる、収率の高い脂環式含酸素化合物の製造方法を提供することにある。【解決手段】水酸基若しくはカルボニル基を2個以上、又は水酸基とカルボニル基を合わせて2個以上有する炭素数5以上の脂肪族含酸素化合物を、塩基性触媒と接触させて脱水環化反応させることにより脂環式含酸素化合物を製造する、脂環式含酸素化合物の製造方法。

  2. 【課題】耐熱性に優れるシリコーンゴム組成物およびシリコーンゴム架橋体を提供する。【解決手段】(a)1分子中に少なくとも2個のアルケニル基を有するオルガノポリシロキサン、(b)ヒドロシリル架橋剤、(c)ヒドロシリル化触媒、(d)フタロシアニン系化合物、(e)フェニル基含有オルガノポリシロキサン、を含有するシリコーンゴム組成物とする。(e)のシロキサン単位は、ジフェニルシ...

  3. 【課題】複合材料における樹脂を効率よく除去できる樹脂の溶解方法を提供する。【解決手段】強化繊維と、樹脂とを含む複合材料を外部から液体が流入可能、かつ外部へ液体が流出可能な溶解カゴ内に自重圧力(複合材料の質量/溶解カゴの底面積)が6.0g/cm2以下となるように配置する工程と、前記複合材料を配置した前記溶解カゴ内に前記樹脂を溶解させる溶解液を供給する工程と、を含む樹脂の溶解方法。

    樹脂の溶解方法及び再生強化繊維の製造方法

  4. 【課題】水酸基を有する親水性高分子を含む被覆層を有する分離材に関して、動的吸着量の更なる向上を図ること。【解決手段】多孔質ポリマー粒子と、前記多孔質ポリマー粒子の表面の少なくとも一部を被覆する被覆層と、を備える分離材が開示される。被覆層が、水酸基を有する親水性高分子と、親水性高分子に結合したグラフト鎖と、を含む。グラフト鎖が、イオン交換基を有するモノマー単位を含む重合体である。

  5. 【課題】優れた耐電圧特性と低漏れ電流特性を示し、さらに高耐湿熱性を具備した固体電解コンデンサの製造方法を提供する。【解決手段】リン酸エステル化合物を溶媒にて所定濃度に希釈した前処理液を用い、誘電体酸化皮膜が形成された弁作用金属上に保持させる処理を施し、次いで該弁作用金属上に導電性高分子からなる固体電解質を形成することで、優れた耐電圧特性と低漏れ電流特性を示し、耐久性、...

  6. 【課題】エポキシ樹脂の硬化剤としたときに得られる硬化物が、低吸水性であり、熱時の弾性率が低く、更には良好な硬化性、成形性、難燃性を有する、フェノール樹脂を提供すること。【解決手段】本発明のフェノール樹脂組成物は、下記一般式(1)で表され、ゲルパーミエーションクロマトグラフィー(GPC)による重量平均分子量が1200以上1600以下の範囲である。(一般式(1)中、Rは、...

    フェノール樹脂及びその製造方法、並びにエポキシ樹脂組成物及びその硬化物

  7. 【課題】ディスペンス塗布法により塗布でき、低温での接合が可能で、しかも、接続部分の抵抗値を低くでき、かつ接続部分を樹脂により強固に接着できる電極の接続方法を提供すること。【解決手段】本発明の電極の接続方法は、(A)はんだ粉末と、(B)エポキシ樹脂と、(C)活性剤と、(D)硬化剤と、を含有し、前記(A)成分が、(A1)融点が150℃以下のはんだ粉末を含有する導電性接着剤...

    電極の接続方法および電子基板の製造方法

  8. 技術 化合物

    【課題】液晶表示装置、エレクトロルミネッセンス表示装置及びプラズマディスプレイ、CCDやCMOSセンサなどの固体撮像素子に使用するカラーフィルタを形成する着色樹脂組成物の原料となる耐熱性に優れた顔料化合物の提供。【解決手段】例えば、C.I.アシッドブルー90、塩化マンガン四水和物とをイオン交換水中で混合し、得られた反応懸濁液を放冷後、ろ過し、ろ取した固体をイオン交換水...

  9. 【課題】 本発明の課題は、半導体微粒子組成物の諸特性、特に量子ドットの蛍光特性を損なうことなく、塗工液やインキ、特にインクジェット法で印刷可能なインキを提供することであり、それを使用して、特性や経時安定性に優れた塗工物や印刷物、より具体的には、蛍光特性に優れた波長変換フィルムやカラーフィルター、発光素子を提供することである。【解決手段】 上記課題は、半導体微粒子と...

  10. 【課題】色度、臭気及び湿気安定性が良好であり、ウレタン化触媒存在下での貯蔵時の黄変度が低いポリイソシアネート組成物を提供する。【解決手段】脂肪族ジイソシアネート及び脂環族ジイソシアネートからなる群より選択される少なくとも1種のジイソシアネートから誘導された、イソシアヌレート基を有するポリイソシアネートと、組成物の総質量に対して0.1ppm以上20ppm以下の下記一般式...

  11. 【課題】製造時に高温処理を行う工程が存在する場合でも、当該工程が存在しない場合と同様に、黄変着色の少ないポリイソシアネート組成物を提供する。【解決手段】ポリイソシアネート組成物は、脂肪族ジイソシアネート及び脂環族ジイソシアネートからなる群より選択される少なくとも1種のジイソシアネートから誘導された、イソシアヌレート基を有するポリイソシアネートと、一般式(1)に示される...

  12. 【課題】本発明の別の目的は、染料を含むことの可能な着色組成物を用いて低温硬化によって形成された着色パターンと、低温硬化によって絶縁膜と、低温硬化により形成された配向膜とを有するアレイ基板を用いて構成された優れた電気特性と表示特性と信頼性能を有する液晶表示素子を提供することにある。【解決手段】赤色、青色、緑色の着色パターンと絶縁膜を有する表示素子用アレイ基板であって、(...

    アレイ基板、液晶表示素子およびアレイ基板の製造方法

  13. 【課題】溶液法により有機薄膜を作製する有機半導体組成物、該有機半導体組成物を用いて得られる有機薄膜及び該有機薄膜を有する高い移動度を保持しつつ、移動度のバラつきが小さい実用的な有機薄膜トランジスタを提供する。【解決手段】有機半導体組成物は、有機半導体化合物、絶縁性化合物、該有機半導体化合物と該絶縁性化合物の良溶媒である有機溶媒A、及び該有機半導体化合物と該絶縁性化合物...

    有機半導体組成物、有機薄膜及び有機薄膜トランジスタ

  14. 【課題】乾燥補助物質の意図しない凝固を大きなコストアップなく回避しながら、基板の表面を良好に処理することが可能な基板処理方法および基板処理装置を提供する。基板の表面において乾燥補助物質を、大きなコストアップなく良好に凝固することが可能である基板処理方法および基板処理装置を提供する。【解決手段】無極性物質である昇華性物質と、両親媒性を有する混合用溶媒とが混ざり合った混合...

    基板処理方法および基板処理装置

  15. 【課題】高輝度かつ高コントラストであり、しかも耐溶剤性に優れた着色硬化膜を得ることができる感光性着色樹脂組成物を提供すること。【解決手段】(A)式(1)で表される染料を含む着色剤、(C)重合性化合物、(D)オキシム系開始剤を含む光重合開始剤、及び(E)溶剤を含有する感光性着色組成物。(式(1)中、RX1〜RX16は、各々独立に、水素原子、ハロゲン原子又は−ORP1を表...

  16. 【課題】ポジ型レジスト材料においてもネガ型レジスト材料においても、高感度かつLWRやCDUが小さいレジスト材料、及びこれを用いるパターン形成方法を提供する。【解決手段】下記式(1)で表されるスルホニウム塩を含む酸発生剤を含むレジスト材料。式中R1、R2は、単結合、エーテル結合、エステル結合、炭素数1〜20の2価の脂肪族炭化水素基。L1は、エステル結合、エーテル結合、ア...

  17. 【課題】ポジ型レジスト材料においてもネガ型レジスト材料においても、高感度かつLWRやCDUが小さいレジスト材料、及びこれを用いるパターン形成方法を提供する。【解決手段】下記式(1)で表されるスルホニウム塩を含むクエンチャーを含むレジスト材料。R1及びR2は、単結合、エーテル結合、炭素数1〜20の2価の炭化水素基である。L1はエステル結合、エーテル結合、アミド結合である...

  18. 【課題】LWR性能、解像性及び焦点深度に優れる感放射線性樹脂組成物、レジストパターン形成方法、重合体及び重合体の製造方法並びに化合物の提供を目的とする。【解決手段】本発明は、オキソ基を有する多環構造を含む構造単位及び酸解離性基を有する重合体と、感放射線性酸発生体とを含有し、上記多環構造を構成する炭素鎖の少なくとも一部が上記重合体の主鎖の一部を構成する感放射線性樹脂組成...

  19. 【課題】本発明の目的は、除菌剤を含みながらも、経口毒性や皮膚刺激性が低く、高い安全性を有する洗浄剤組成物を提供することである。【解決手段】洗浄剤組成物において、一般式(1)に示す化合物とポリオキシアルキレンアルキルエーテルを組み合わせて配合することによって、経口毒性や皮膚刺激性が低く、高い安全性を具備できる。

    洗浄剤組成物

  20. 【課題】本発明の目的は、除菌剤及びl−カルボンを含みながらも、経時的に生じる変色を抑制できる洗浄剤組成物を提供することである。【解決手段】洗浄剤組成物において、除菌剤として一般式(1)に示す化合物を使用し、これをl−カルボンと共に配合することによって、経時的に生じる変色を抑制できる。

    洗浄剤組成物

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 2424