コモンレール に関する公開一覧

コモンレール」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「コモンレール」の詳細情報や、「コモンレール」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「コモンレール」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(10,402件中)1/521ページ目

  1. 【課題】筒内直接噴射式の内燃機関における有害物質の排出量をより一層削減する。【解決手段】燃料を吸込んで吐出し圧送する燃料供給ポンプ6と、インジェクタを介して内燃機関の気筒内に噴射するべき燃料を蓄圧する蓄圧管5と、前記燃料供給ポンプ6と前記蓄圧管5とを接続し燃料供給ポンプ6が吐出する燃料を蓄圧管5に向けて流通させるとともに燃料の逆流を防止するチェックバルブ821を備えた...

    内燃機関の燃料蓄圧装置

  2. 【課題】軸に発生するトルク変動を抑制し、ラトル音の発生を抑制できるトルク変動抑制機構を提供する。【解決手段】トルク変動抑制機構23は、回転自在な軸8と、軸8に設けられた被駆動ギア22と、被駆動ギア22に噛合され被駆動ギア22を回転駆動させる駆動ギア21と、軸8によって駆動される被駆動部24と、被駆動ギア22に設けられ被駆動部24からの力によって軸8に発生する負トルクを...

    トルク変動抑制機構

  3. 【課題】噴孔開口から噴射される燃料噴霧を燃焼室内に効果的に分散させる。【解決手段】筒状のノズルボディ23と、ノズルボディ23内に往復移動自在に収容された芯弁24と、ノズルボディ23の先端部23Aのうち、芯弁24の先端側に対応する部位から先端部23Aの外周面に向けて延びると共に、外周面の開口27Aから燃料を噴射する噴孔27と、を備え、ノズルボディ23の筒軸方向視において...

    燃料噴射ノズル

  4. 技術 エンジン

    【課題】燃料戻し管を先に組み立ててからインジェクタに取り付ける場合でも、組付誤差を吸収可能にするとともに、インジェクタへの取付けを容易にする。【解決手段】エンジンは、複数のインジェクタ75と、余剰燃料戻し管5と、を備える。インジェクタ75は、燃料タンクからの燃料を燃焼室内に噴射する。余剰燃料戻し管5は、複数のインジェクタ75からの余剰燃料を燃料タンクへ戻す。余剰燃料戻...

    エンジン

  5. 【課題】簡素な構成でローラとシューの摩擦を低減し、信頼性を高めることの可能な燃料噴射ポンプを提供する。【解決手段】カム3は、カム山を有し、自身の回転軸周りに回転する。ハウジング2は、カム3を収容するカム室21、および、そのカム室21に連通する摺動室22を有し、潤滑油が供給される。ローラ5は、カム3の表面に接して自転可能である。シュー6は、ローラ5のうちカム3とは反対側...

    燃料噴射ポンプ

  6. 【課題】可変ノズルを備えた過給機を有する内燃機関システムにおいて、ユーザがアクセルペダルを戻した減速時に、期待する適度な減速感を体感することができる、内燃機関の制御装置を提供する。【解決手段】制御装置は、アクセルペダル踏込量検出手段からの検出信号に基づいて、アクセルペダルが戻された減速時のアクセルペダルの戻し状態であるアクセル戻し状態を算出するアクセル戻し状態算出手段...

    内燃機関の制御装置

  7. 【課題】 堆積物のミキサへの堆積量の推定精度を向上する。【解決手段】 内燃機関の排気浄化装置は、内燃機関の排気通路に設けられ、前記排気通路に添加剤を添加する添加弁と、前記排気通路の前記添加弁よりも下流側に設けられ、排気を浄化する触媒と、前記排気通路の前記添加弁よりも下流側であって前記触媒よりも上流側に設けられ、前記添加剤と前記排気との混合を促進するミキサと、前記添...

    内燃機関の排気浄化装置

  8. 【課題】構造や制御の複雑化を防止することができるディーゼル機関システムを提供する。【解決手段】ディーゼル機関と、ディーゼル機関のコモンレールに液体燃料を圧送するように構成された燃料圧送ポンプと、を含むディーゼル機関システムであって、回転軸芯を中心として回転可能に構成されたディーゼル機関の回転シャフトと、回転シャフトの回転に連動して回転軸芯を中心として回転可能に構成され...

    ディーゼル機関システム

  9. 【課題】コンパクトなリリーフシート部材で、リリーフシート部材のシート部の変形を抑制することができる高圧燃料供給ポンプ等を提供する。【解決手段】高圧燃料供給ポンプは、リリーフ弁機構200Aを有する。リリーフ弁機構200Aは、バルブ202(リリーフ弁)と、リリーフシート201(リリーフシート部材)と、を備える。バルブ202(リリーフ弁)は、リリーフシート201(リリーフシ...

    高圧燃料供給ポンプ及びリリーフ弁機構

  10. 【課題】タペット摺動部のキャビテーションエロージョンを抑制する燃料噴射ポンプを提供する。【解決手段】燃料噴射ポンプ101の駆動機構50を構成するローラ51は、カム17に当接し、カム17の形状に沿って回転しつつ往復移動する。タペット54は、タペット室41の内壁により構成されるガイド部42に案内され、ローラ51の移動に連動して、最下点と最上点との間を往復移動する。駆動機構...

    燃料噴射ポンプ

  11. 【課題】ホース締結部のシール性向上とホースの柔軟性向上とを両立させることができる耐熱ホースを提供する。【解決手段】管状の内層1と、内層の外周面に接して設けられた外層2とを備えた耐熱ホースであって、内層が、(A)成分を主成分とし(B)〜(D)成分を含有するとともに、(A)成分100重量部に対し(C)成分を0.3〜5重量部の割合で含有するゴム組成物からなり、外層2が、(a...

    耐熱ホース

  12. 【課題】封鎖弁の開弁速度が低いときにも高いときにも、給油を良好に行う。【解決手段】内燃機関の給油制御装置1は、燃料タンク2と、燃料タンク内のガス領域に連通されたベーパ管16と、ベーパ管内に配置されたステップモータ駆動式封鎖弁24と、アクチュエータ30によって開放又は閉鎖されるように構成されている給油リッド29と、電子制御ユニット40と、を備える。給油リッドを開放すべき...

    内燃機関の給油制御装置

  13. 【課題】ニューラルネットワークモデルを用いて入力パラメータに基づいて出力パラメータを算出する場合に、入力パラメータの種類を増やすことなく出力パラメータの算出精度を向上させる。【解決手段】内燃機関の制御装置は、複数の入力パラメータを取得するパラメータ取得部81と、ニューラルネットワークモデルを用いて少なくとも一つの出力パラメータを算出する演算部82と、内燃機関を制御する...

    内燃機関の制御装置、車載電子制御ユニット、機械学習システム、内燃機関の制御方法、電子制御ユニットの製造方法及び出力パラメータ算出装置

  14. 【課題】燃料噴射弁のノズル近傍における噴霧間の空気を有効に利用することを可能とするノズルおよび燃料噴射弁を提供する。【解決手段】内燃機関の燃焼室に燃料を噴射するための燃料噴射弁に備えられたノズルであって、前記ノズルは、前記ノズルの中心軸を囲む様に配置された複数の噴孔を備え、前記複数の噴孔は、噴孔径の異なる2種類の噴孔からなり、かつ、隣り合う噴孔の噴孔径が異なるように配...

    ノズル及び燃料噴射弁

  15. 【課題】第1及び第2スイッチに極力熱ストレスをかけることなく第2ソレノイドに通電できるようにした燃料噴射制御装置を提供する。【解決手段】放電スイッチ81は、第2制御IC53が第2ソレノイド32に通電するときに第2昇圧回路55の昇圧電源から第2ソレノイド32への第1通電経路の通電をオン・オフする。第1検出素子91は、放電スイッチ81に通電される通電状態に依存した値を検出...

    燃料噴射制御装置

  16. 【課題】球状化焼鈍の処理時間を短縮しても十分に軟質化することができる冷間加工用機械構造用鋼及びその製造方法を提供する。【解決手段】C:0.32〜0.44質量%、Si:0.15〜0.35質量%、Mn:0.55〜0.95質量%、P:0.030質量%以下、S:0.030質量%以下、Cr:0.85〜1.25質量%、Mo:0.15〜0.35質量%、Al:0.01〜0.1質量%、...

  17. 【課題・解決手段】歯付き面と、2つの円弧部(14、15)の間に配置される少なくとも1つの直線部(16)とを有する第1長円スプロケット(10)を備え、円弧部は固定半径(R1、R2)を有し、直線部は所定長さを有し、歯付き面を有するスプロケット(300)を備え、スプロケットは無端歯付き部材(200)により第1長円スプロケットに係合され、第1長円スプロケット(10)が、スプロ...

    同期ベルト駆動システム

  18. 【課題】本願は、剛性の高い構造となるシリンダヘッドを備えたエンジン装置を提供することを目的とする。【解決手段】エンジン装置1は、吸気ポートに新気を導入させる吸気流路と排気ポートから排気ガスを導出させる排気流路とが形成されるシリンダヘッド2を備えている。シリンダヘッド2の左右一側壁及び前後一側壁に冷却水流路37,38が設けられている。

    エンジン装置

  19. 【課題】フィルタの損傷を抑制することが可能な内燃機関の排気浄化装置を提供することを課題とする。【解決手段】内燃機関に燃料を噴射する燃料噴射弁と、前記内燃機関の排気通路に設けられ、排気を浄化する触媒と、前記排気通路のうち前記触媒よりも下流側に設けられ、粒状物質を捕集するフィルタと、前記燃料噴射弁から噴射された燃料を未燃の状態で前記内燃機関から前記排気通路に導入する燃料導...

    内燃機関の排気浄化装置

  20. 【課題】ディーゼルエンジンにおいて、排気中のスモーク量をスモーク限界閾値未満に抑制しつつ、三元触媒による排気浄化を適切に行なうことを可能にする。【解決手段】ディーゼルエンジンは、燃焼室(15)と、噴射ノズル(16a)と、三元触媒とを備える。ピストンの頂部には、燃焼室キャビティ(14b)が形成される。逆スキッシュ流の最大速度をVsとし、燃焼室キャビティ14bの開口周縁部...

    ディーゼルエンジン

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 521