コショウ に関する公開一覧

コショウ」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「コショウ」の詳細情報や、「コショウ」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「コショウ」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(5,560件中)1/278ページ目

  1. 【課題】コショウ科コショウ属植物抽出物に含まれるピペリン類化合物を高精度に定量する方法を提供する。【解決手段】コショウ科コショウ属植物抽出物に含まれる第1〜第n(n≧2)ピペリン類化合物を定量する方法は、各ピペリン類化合物と内部標準物質とを含むNMR試料溶液をNMRで処理することで得られるNMRスペクトルから、各ピペリン類化合物の純度を算出する工程と、純度が算出された...

    コショウ科コショウ属植物抽出物中のピペリン類化合物の定量方法

  2. 【課題】 リン酸塩不使用の場合であっても、プレスハムの形態を有する畜肉練り製品に対して好ましい食感を付与することができる、畜肉練り製品の食感を改良するための食感改良剤および食感改良キット、ならびに畜肉練り製品の製造方法を提供すること。【解決手段】 本発明の食感改良剤は、動物性油脂と植物性油脂との分散体を含有し、動物性油脂は、ラードおよびヘットからなる群から選択され...

  3. 【課題】組換え植物細胞において、長鎖多価不飽和脂肪酸、特にドコサヘキサエン酸を合成する方法の提供。【解決手段】エステル化形態で脂肪酸を含み、該脂肪酸は、オレイン酸、パルミチン酸、リノール酸(LA)を含むω6脂肪酸、α‐リノレン酸(ALA)を含むω3脂肪酸、およびドコサヘキサエン酸(DHA)、並びに、任意にステアリドン酸(SDA)、エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサ...

    植物細胞における長鎖多価不飽和脂肪酸の産生

  4. 【課題】レバウジオシドX(RebX)を含むステビオールグリコシドの精製方法、RebXを含有する甘味料及び甘味料入り組成物、該組成物を含む飲料、並びに、甘味付与可能な組成物の香味及び/または経時プロファイルを改善する方法の提供。【解決手段】RebXを精製するための方法であって、a.ステビオールグリコシド溶液を、吸着剤樹脂が充填された複数のカラムを含むマルチカラムシステム...

    ステビオールグリコシドの精製方法およびその使用

  5. 【課題】肌のバリア障害の防止又は排除に関して特に高い活性を有する特定された種類の化粧品を提供する。【解決手段】水に加えて、少なくとも0.7重量%の濃度の少なくとも1つの水素化リン脂質、少なくとも1つの二価及び/又は三価アルコール、及び少なくとも1つの蝋を含有する化粧品を記載する。前記化粧品において、前記水素化リン脂質と前記蝋の重量比が1:0.3〜1:1.5の間、より好...

    化粧品及び化粧品を製造するための方法

  6. 【課題】本発明は、関心のあるトランスジーンを含むが、マーカー遺伝子を欠くトランスジェニック種子を同定するための方法および組成物を提供する。【解決手段】検出可能な表現型を生じる同定配列の使用は、関心のある遺伝子に連鎖していないトランスジーン配列が関心のある遺伝子をコードする配列から分離している種子および植物をスクリーニングする効率を増大する。

    マーカーフリーのトランスジェニック植物を得るための方法および組成物

  7. 【課題・解決手段】本明細書において定義される、式(I)の化合物、それを調製するためのプロセス、それを含む殺有害生物性組成物、特に殺虫性、殺ダニ性、殺軟体動物性及び殺線虫性組成物並びに昆虫、ダニ類、軟体動物及び線虫有害生物などの有害生物を駆除及び防除するためにそれを使用する方法。

    殺有害生物的に活性なチオフェン誘導体

  8. 【課題・解決手段】本明細書において定義される、式(I)の化合物、それを調製するためのプロセス、それを含む殺有害生物性組成物、特に殺虫性、殺ダニ性、殺軟体動物性及び殺線虫性組成物並びに昆虫、ダニ類、軟体動物及び線虫有害生物などの有害生物を駆除及び防除するためにそれを使用する方法。

    有害生物防除活性ピラゾール誘導体

  9. 【課題・解決手段】本発明は、すり身製品のゲル強度を改善するマイクロ波複合加熱方法を開示し、食品加工の技術分野に属する。本発明において、伝導を用いてまずすり身を十分にゲル化し、さらにマイクロ波加熱してすり身ゲルをゲルクラッキング区間を急速に通過させ、このようなマイクロ波複合加熱の方式は、すり身のゲル強度を改善し、それに必要な弾性を備えさせるだけではなく、多くの時間を節約...

    すり身製品のゲル強度を改善するマイクロ波複合加熱方法

    • 公開日:2020/10/22
    • 出願人: 江南大学
    • 発明者: 范大明 、...
    • 公開番号:2020-530305号
  10. 【課題・解決手段】本発明は、緑色光合成植物、特に高等植物の成長を促進するための、新規かつ有効な組成物および方法を提供する。該方法は、二酸化炭素注入水を含む化合物を葉面散布剤として植物およびその葉へ施用することに依拠し、該化合物は、植物細胞内の光呼吸を阻害し、それにより、植物の成長を増強するのに十分な量で細胞内二酸化炭素レベルを増大する。

  11. 【課題】エアロゾルフォーマと共に揮発して形成されたエアロゾルを吸引した時に口腔内全体で感じる香気成分を多量に含む素材や香料を大量に配合させ、リキッド型電子タバコのように、口腔内で種々のフレーバーを感じることができる、スティック型電子タバコを提供する。【解決手段】被加熱芳香発生体を加熱してエアロゾルと共に吸引した時に口腔内全体で、コーヒー、コーラ等の飲料、チョコ、バニラ...

    スティック型被加熱芳香発生体組成物、その組成物を用いたスティック型被加熱芳香発生体、及び、そのスティック型被加熱芳香発生体を用いた喫煙カートリッジ

  12. 【課題】有害節足動物の防除方法を提供すること。【解決手段】式(I)[式中、A1は、CR1b等を表し、A2は、CR1c等を表し、Tは、1以上のハロゲン原子で置換されているC1−C10鎖式炭化水素基等を表し、Qは、酸素原子等を表し、R1a、R1b及びR1cは、同一又は相異なり、C1−C6アルキル基等を表し、R2は、C1−C6アルキル基等を表し、R3は、C1−C6鎖式炭化水...

  13. 【課題】有害節足動物の防除方法を提供すること。【解決手段】式(I)〔式中、Qは、Q1で示される基、又はQ2で示される基を表し、Zは、酸素原子等を表し、A2、A3及びA6は、窒素原子等を表し、A4はCR1a等を表し、A5が窒素原子等を表し、A7は、NR6g等を表し、G1、G2、G3及びG4は、窒素原子等を表し、R1aは、シアノ基及びハロゲン原子からなる群より選ばれる1以...

  14. 【課題・解決手段】本発明は、L-グルホシネート又はその塩と、クロルチアミド、ジクロベニル、フルポキサム、インダジフラム、イソキサベン、トリアジフラム、1-シクロヘキシル-5-ペンタフルオロフェニルオキシ-14-[1,2,4,6]チアトリアジン-3-イルアミン(CAS 175899-01-1)、ジフルフェンゾピル、ジフルフェンゾピル-ナトリウム、ナプタラム及びナプタラム...

  15. 【課題・解決手段】本発明は、L-グルホシネート又はその塩と少なくとも1種のプロトポルフィリノーゲン-IXオキシダーゼ阻害剤とを含む除草剤混合物に関する。本発明はさらに、バーンダウンプログラム、産業植生管理及び林業、野菜作物及び多年生作物、並びにターフ及び芝生において望ましくない植生を防除するための方法に関する。

  16. 【課題・解決手段】本発明は、植物1のための園芸用装置1000であって、(i)園芸用光101を植物1に提供するように構成された園芸用照明システム100と、(ii)園芸用光101の一部を植物1に反射するように構成された1つ以上の反射要素310と、(iii)制御システム200と、を備え、制御システム200が、1つ以上の反射要素310による園芸用光101の反射に応じて、園芸用...

    一定の光強度のための調光方法

  17. 【課題・解決手段】本発明は、核酸を標的とし、編集するための系、方法、及び組成物を提供する。具体的には、本発明は、RNA標的化Cas13タンパク質、少なくとも1つのガイド分子、及び少なくとも1つのアデノシンデアミナーゼタンパク質またはその触媒ドメインを含む天然には存在しないRNA標的化系または操作されたRNA標的化系を提供する。

    標的化された核酸編集のためのCRISPR/CAS−アデニンデアミナーゼ系の組成物、系及び方法

  18. 【課題・解決手段】ペレットチューインガムの感覚刺激特性、特に口当たり及び表面清涼効果を改善又は増強するのに有用な組成物が開示される。組成物は、ショアA硬さが(40)未満、具体的には(35)未満のコアチューインガム領域と、急速な吸熱性表面コーティング溶解によって示されるような、顕著な清涼効果を提供する、容易に砕けるコーティング領域とを含む。

    チューインガム組成物及びその作製方法

  19. 【課題】 破骨細胞分化抑制作用と骨芽細胞分化促進作用を有し、骨と歯の代謝の調節に有用な医薬や飲食物の提供。【解決手段】 コショウ科植物由来リグナン化合物を有効成分として含有する、破骨細胞分化抑制剤、骨芽細胞分化促進剤、骨吸収抑制剤、骨形成促進剤、骨代謝調節剤、骨減少性疾患の予防及び/又は治療剤。

    骨減少性疾患の予防及び/又は治療用組成物

  20. 【課題】下味冷凍食品における解凍時の離水を抑制してジューシーさを向上させると共に肉類の臭みを低減し、食味や食感に優れた食品を提供する。【解決手段】調味料と、有機酸モノグリセリドと、有機酸モノグリセリドとは異なる乳化剤とを含有する肉類用下味冷凍ソース。肉類と、この肉類用下味冷凍ソースを含有する下味冷凍食品。有機酸モノグリセリドとは異なる乳化剤としては、ショ糖脂肪酸エステ...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 278