Ig受容体 に関する公開一覧

Ig受容体」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「Ig受容体」の詳細情報や、「Ig受容体」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「Ig受容体」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(175件中)1/9ページ目

  1. 【課題】医薬分子の構築に使用でき、特に、クリックケミストリーを介して機能成分に結合することができるコア構築物の提供。【解決手段】中心コアを含むコア構築物であって、前記中心コアは、(1)複数のリジン(K)残基又は(2)(Xaa−K)n配列を含み、各前記K残基とその次のK残基との間がグリシン及びセリン残基を有する充填配列により区切られ、前記K残基の数が2〜15であり、前記...

    コア構築物及び医薬分子の構築におけるコア構築物の使用

  2. 【課題】抗IL-6受容体(IL-6R)抗体を含む、患者における巨細胞性動脈炎(GCA)を治療するための医薬の提供。【解決手段】抗IL-6R抗体は1用量あたり162mgの固定用量として毎週又は2週ごとに皮下投与。コルチコステロイドの初回コースが患者にさらに投与され、GCAの兆候及び症状が低減し、臨床的寛解が維持され、患者に投与されるコルチコステロイドは減量または中止され...

    皮下投与される抗IL−6受容体抗体

  3. 【課題】研究調査に必要とされる時間を最小限に抑えてできる限り早く治療を始められるように、対象の患者に最大の利益を提供する抗体を同定する解決策を提供する。【解決手段】 (a)患者から得られた少なくとも1つの固形腫瘍サンプルから解離細胞サンプルを提供することと、(b)フロー領域とフロー領域に流体接続された少なくとも1つの分離領域とを有するマイクロ流体デバイスに解離細胞サ...

    患者特異的抗癌治療剤の製造方法及びその治療方法

  4. 【課題】ホスホリパーゼD4(PLD4)に結合する抗体を含む医薬の提供、並びに当該医薬を用いた活性化B細胞の検出及び抑制。さらに、その活性抑制機能に起因する、自己免疫疾患ならびにアレルギー疾患の治療。【解決手段】PLD4の細胞外ドメインに結合するモノクローナル抗体、又はその抗原結合領域を含む断片を医薬として用いる。

    抗ホスホリパーゼD4抗体を含む医薬

  5. 【課題】標的化成分及びエフェクター成分を含む様々な分子構築物の提供。【解決手段】中心コアと、複数のリンクアームと、必要に応じてカップリングアームを含むリンカーユニット。また、この分子構築物を用いて様々な疾患を治療する方法も開示する。

    標的化成分及びエフェクター成分を有する分子構築物

  6. 【課題】標的化成分及びエフェクター成分を含む様々な分子構築物の提供。【解決手段】中心コアと、複数のリンクアームと、必要に応じてカップリングアームを含むリンカーユニット。更に、分子構築物を用いて様々な疾患を治療する方法も開示する。

    標的化成分及びエフェクター成分を有する分子構築物

  7. 【課題・解決手段】本開示は、標的化成分及びエフェクター成分を含む様々な分子構築物を提供する。分子構築物を用いて様々な疾患を治療する方法も開示する。

    標的化成分及びエフェクター成分を有する分子構築物

  8. 【課題・解決手段】本開示は、式(I)の新規なイミダゾピリダジン化合物およびその薬学的に許容可能な塩、それらを含有する医薬組成物、それらを製造するための方法、ならびにそれらのPI3Kを阻害する上での実質的な効果およびPI3Kの阻害に応答する疾患、例えば、炎症性疾患、自己免疫疾患または癌の治療における潜在的使用を提供する。

    新規なイミダゾピリダジン化合物およびそれらの使用

  9. 【課題】可動部を備えたハイブリッド免疫グロブリン、並びに関連する組成物及び使用方法及び製造方法の提供。更に、類似の遺伝子デバイス、並びに関連する組成物及び使用方法及び製造方法の提供。【解決手段】連続アミノ酸の第1区域と連続アミノ酸の第2区域ははそれぞれ、その予め定めた末端にシステイン残基またはセレノシステイン残基を有し、それらのシステイン残基またはそれらのセレノシステ...

    可動部を備えたハイブリッド免疫グロブリン

  10. 【課題・解決手段】本発明は、肺炎連鎖球菌(Streptococcus pneumonia)によって引き起こされる感染症の治療のための組成物および方法に関する。特に、本発明は、肺炎球菌感染症を予防または治療するためのヒト高度免疫グロブリンおよびその組成物を提供する。本発明は、高力価のオプソニン貪食作用抗肺炎球菌抗体を含有する高度免疫グロブリンを産生する方法、上記オプソニ...

    肺炎球菌感染症の治療および予防のための抗肺炎球菌高度免疫グロブリン

  11. 【課題】分泌様免疫グロブリン、特に分泌様IgAおよび/または分泌様IgMを含む組成物を製造するための方法、ならびに該方法によって得ることができる組成物の提供。【解決手段】(a)非精製形態のJ鎖含有免疫グロブリンを含む血液由来のタンパク質組成物を得る工程、(b)工程(a)の組成物と分泌成分を混合する工程、を含む、インビトロにおいて分泌様免疫グロブリンを含む組成物を製造す...

    分泌様免疫グロブリンを含む組成物

  12. 【課題】修飾を含む組換えポリペプチドの存在及び/又は活性を測定するための方法、システム及びキットを提供する。【解決手段】修飾を含む組換えポリペプチドの存在を検出する方法であって、修飾を含む組換えポリペプチドを含む試料を、修飾に選択的に結合する捕捉剤と、修飾に対する捕捉剤の選択的結合を可能にする条件下でインキュベートし、それによって、ポリペプチド-剤複合体を形成する工程...

    修飾依存的活性アッセイ

  13. 【課題・解決手段】本発明は、組換え体発現系によるタンパク質発現を評価する方法である。本方法は、質量分析法を用いてタンパク質発現を定量する。本方法は、ワクチン組成物の効力試験に特に用途を有する。

    組換え体発現系のアッセイ

  14. 【課題】免疫基盤ボツリヌス毒素血清A型活性アッセイを提供する。【解決手段】a.BoNT/Aにより切断可能である配列を含むヒトSNAP−25の少なくとも一部から本質的になるSNAP−25ポリペプチドを発現する確立された細胞株からの細胞を、BoNT/Aを含むことが疑われる被験試料と接触させること、b.該細胞からSNAP−25切断生成物を単離すること;c.SNAP−25切断...

    免疫基盤ボツリヌス毒素血清A型活性アッセイ

  15. 【課題】前立腺がん、特に悪性のホルモン感受性前立腺がんの検出、監視及び予知についての新しく効果的な代替の診断観点の提供。【解決手段】悪性のホルモン感受性前立腺がん組織において、正常な組織又は良性の前立腺腫瘍組織と比較して発現が増加するホスホジエステラーゼ4D7(PDE4D7)の、悪性のホルモン感受性前立腺がん診断マーカーとしての使用する方法。悪性のホルモン感受性前立腺...

    悪性のホルモン感受性前立腺がんのマーカーとしてのホスホジエステラーゼ4D7

  16. 【課題】修飾を含む組換えポリペプチドの存在及び/又は活性を測定するための方法、システム及びキットの提供。【解決手段】修飾に対する捕捉剤の選択的結合の可能な条件下で、修飾を含む組換えポリペプチドを含有する試料を、修飾に選択的に結合する捕捉剤とインキュベートし、精製とアッセイの工程からなる、修飾を含むポリペプチドの検出を可能にする、方法、システム及びキット。

    修飾依存的活性アッセイ

  17. 【課題・解決手段】多量体IgA型遺伝子組換え抗体;多量体IgA型遺伝子組換え抗体を有効成分として含有する医薬;IgA型抗体重鎖タンパク質、抗体軽鎖タンパク質、抗体J鎖タンパク質及び分泌成分タンパク質を1つの細胞内で共発現させる工程を含む、多量体IgA型抗体の製造方法;抗体を多量体IgA型化する工程を含む、前記抗体の抗原結合活性又は中和活性を向上させる方法。

    多量体IgA型遺伝子組換え抗体及びその利用

  18. 【課題】全身性硬化症を治療する方法の提供。【解決手段】トシリズマブ等の抗インターロイキン-6受容体(IL−6R)抗体を、毎週又は2週ごとに1用量あたり162mgの固定用量として投与する方法。IL−6媒介疾患が関節リューマチ、若年性突発性間節炎、乾癬性間節炎及びキャッスルマン病から選ばれる疾患である前記方法。

    皮下投与される抗IL−6受容体抗体

  19. 【課題・解決手段】本発明は、クロストリジウム神経毒の生物活性を決定するための方法及びキットに関する。本発明の方法は、細胞における神経毒ポリペプチドの生物活性の直接決定を可能にする。細胞における神経毒基質の全量又は含有量を決定するために、神経毒に感受性のある細胞、例えば神経性細胞を神経毒(例えばBoTN/A)と共にインキュベートし、次いで固定し、切断された神経毒(例えば...

    細胞において神経毒ポリペプチドの生物活性を決定する手段及び方法

  20. 【課題】ヒトインスリン受容体(HIR)に結合するヒト化マウス抗体の提供。【解決手段】ヒトインスリン受容体(HIR)に結合するヒト化マウス抗体であって、前記抗体は:a)定常領域および可変領域を含むアミノ酸の重鎖であって、前記可変領域はアミノ末端およびカルボキシル末端を有し、フレームワーク領域間に挿入された相補性決定領域を含み、前記相補性決定領域は前記可変領域のアミノ末端...

    ヒトインスリン受容体を介する医薬品の送達

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9