ギ酸 に関する公開一覧

ギ酸」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「ギ酸」の詳細情報や、「ギ酸」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「ギ酸」の意味・用法はこちら

101〜120件を表示(103,358件中)6/5,168ページ目

  1. 【課題】高湿度環境下においても、液体現像剤中のトナー粒子の分散安定性が維持され、経時による現像安定性に優れた液体現像剤を提供すること。【解決手段】トナー粒子、キャリア液、及び塩基性トナー粒子分散剤を含有する液体現像剤であって、トナー粒子がポリエステル樹脂Aを含有し、ポリエステル樹脂Aが、炭素数1以上6以下の脂肪族モノカルボン酸に由来するモノマーユニット及び炭素数7以上...

    液体現像剤

  2. 【課題】本発明の課題は、迅速に生物種を特定することが可能な生物種の判別方法を提供することにある。【解決手段】上記課題を解決するために、被験生物の生物種を判別する方法であって、被験生物の有する脂質の情報に基づいて生物種を判別することを特徴とする、生物種の判別方法を提供する。

    生物種の判別方法

  3. 【課題】熱可塑性樹脂フィルムなどの基材に積層した接着層の上に硬化性樹脂塗液等を塗工する際の濡れ性に優れており、塗工後に硬化して形成した硬化性樹脂層と基材の両方の層との密着性に優れた接着層を形成するための水性分散体を提供すること。【解決手段】100質量部の酸変性ポリオレフィン樹脂と、10質量部超の側鎖に親水基を有するビニル系ポリマーとを含有することを特徴とする水性分散体。

  4. 【課題】カソード溶液のCO2のガス流路への混入を抑制することを可能にした二酸化炭素の電解セルを提供する。【解決手段】実施形態の二酸化炭素の電解セル1は、水または水酸化物イオンを酸化して酸素を生成するアノード11と、アノード11にアノード溶液を供給するアノード溶液流路12とを備えるアノード部10と、二酸化炭素を還元して炭素化合物を生成するカソード22と、カソード22にカ...

    二酸化炭素の電解セルと電解装置

  5. 【課題】CO2ガスのカソード溶液流路への侵入を抑制すると共に、メタノールやエタノール等の液体成分のカソード溶液流路への取り出しを可能にした二酸化炭素の電解セルを提供する。【解決手段】実施形態の二酸化炭素の電解セル1は、水または水酸化物イオンを酸化して酸素を生成するアノード11と、アノード11にアノード溶液を供給するアノード溶液流路12とを備えるアノード部10と、二酸化...

    二酸化炭素の電解セルと電解装置

  6. 【課題】洗浄剤及び洗浄方法を提供すること。【解決手段】一般式(1):R−O−CH2−CHX−O−H(式中、Xが水素原子を表すとき、Rは、メチル基、エチル基、n−プロピル基、i−プロピル基、i−ブチル基、s−ブチル基、及びt−ブチル基からなる群から選択される基を表し、Xがメチル基を表すとき、Rは、メチル基、エチル基、n−プロピル基、i−プロピル基、n−ブチル基、i−ブチ...

  7. 【課題】厚さ制御可能なビスマスナノシート及びその合金の製造方法の提供。【解決手段】不活性ガスの保護下で、ビスマスの塩類化合物を原料とし、エチレングリコールエチルエーテルを溶剤とし、NaBH4又はLiBH4等の強還元性のある溶液を還元剤とし、水溶液による還元の方法により、厚さが0.7nmの単原子層程度の厚さのビスマスナノシートを得ることができ、かつ、厚さ制御可能である。...

    厚さ制御可能なビスマスナノシート及びその合金の製造方法及び使用

  8. 【課題・解決手段】式I:CCXXXCXXXXXXXXC(I)(Xはシステイン残基以外の任意のアミノ酸残基を表す。)で示されるアミノ酸配列を含むペプチド、及び式II:CXXXXXXXXXXXC(II)(Xは前記と同様である。)で示されるアミノ酸配列を含むペプチドを含み、かつ、ナマコ綱に属する無脊椎動物における放卵又は放精誘起活性を有するヘテロ二量体ペプチド。

    放卵又は放精を誘起するペプチド

  9. 【課題・解決手段】本発明の目的は、新たな水頭症の予防又は治療用医薬組成物、及び患者への負担の大きくない診断用キットを提供することであり、また、新たな水頭症の予防及び治療方法、並びに患者への負担の軽減された水頭症の診断方法を提供することである。本発明は、Tsukushiタンパク質を含む水頭症の予防又は治療用医薬組成物、Tsukushiタンパク質のアミノ酸置換又は該置換を...

    水頭症の治療用医薬組成物

  10. 【課題・解決手段】ハロゲンまたはハロゲン化合物が含まれ且つヨウ素価が120以下であるカルボキシル基含有ニトリルゴム(A)と、ポリアミン系架橋剤(B)と、金属系受酸剤(C)とを有する架橋性ゴム組成物。

  11. 【課題・解決手段】5−{[(3R)−1−アクリロイルピロリジン−3−イル]オキシ}−6−エチル−3−({4−[4−(4−メチルピペラジン−1−イル)ピペリジン−1−イル]フェニル}アミノ)ピラジン−2−カルボキサミド又はその製薬学的に許容される塩を含む安定な医薬組成物を提供する。前記医薬組成物は、塩化カリウム、及び/又は塩化ナトリウムを含み、類縁物質の増加を抑制する。

  12. 【課題・解決手段】本発明は、シスチンおよびグルタミンの少なくとも一つを有効成分として含有する、消化管における吸収低下の改善用組成物、または消化管における吸収の促進用組成物を提供する。本発明の上記組成物は、種々の原因により引き起こされる消化管における吸収の低下、特に、ストレスや運動による消化管における吸収の低下を良好に改善することができ、また、消化管における吸収を促進す...

    消化管における吸収低下の改善用組成物、および消化管における吸収の促進用組成物

  13. 【課題】 リソグラフィー工程でハードマスクとして使用できるレジスト下層膜であり、薬液を使った湿式法、特にSPM(硫酸と過酸化水素水の混合水溶液)で除去が可能なシリコン含有レジスト下層膜を提供する。【解決手段】 全加水分解性シラン中にエポキシ基を有する加水分解性シランを10〜90モル%の割合で含む加水分解性シランのアルカリ性物質水溶液による加水分解縮合物を含み、該加...

  14. 【課題・解決手段】本発明は、式(I):(式中、 環Aは、R1、R2およびR3で置換されていてもよい、N原子を1個以上有する6員のヘテロアリール基であり; Zは、置換されていてもよいアルコキシ基、置換されていてもよいアミノ基、置換されていてもよいヘテロシクロアルキル基または置換されていてもよいヘテロアリール基であり;および R1、R2およびR3は、各々独立して、水...

    抗マラリア活性を有する新規ピリミジン誘導体

  15. 【課題・解決手段】本発明の目的は、ルーメンにおける高い保護性を備え、且つ、消化管における溶出性にも優れる反芻動物用飼料添加組成物を提供することにある。本発明は、(A)融点が50℃より高く90℃より低い硬化植物油及び硬化動物油から選ばれる少なくとも1つ、(B)レシチン、(C)生物学的活性物質、(D)天然植物油及び水を含有し、小角広角X線散乱法によって40℃で15分間保持...

    反芻動物用飼料添加組成物

  16. 【課題・解決手段】本発明の目的は、生物学的活性物質を30重量%以上含有し、分散型であって、ルーメンにおける高い保護性を備え、且つ、消化管における溶出性にも優れる反芻動物用飼料添加組成物を提供することにある。本発明は、(A)融点が50℃より高く90℃より低い硬化植物油及び硬化動物油から選ばれる少なくとも一つ、(B)0.05重量%以上6重量%以下のレシチン、(C)30重量...

    反芻動物用飼料添加組成物

  17. 【課題】優れた耐結露白化性および耐食性を有する表面処理鋼板を提供する。【解決手段】鋼板と、前記鋼板の表面に形成された亜鉛を含むめっき層と、前記めっき層上に形成された皮膜とを有し、前記皮膜が、平均粒径20nm以上200nm以下のポリウレタン樹脂からなる樹脂粒子を含む樹脂成分と、PとTiとVとSiとを含み、皮膜3中にPを2.5質量%以上7.5質量%以下含み、皮膜の断面にお...

    表面処理鋼板

  18. 【課題・解決手段】ビニル系化合物の懸濁重合に有用な分散助剤を提供する。分散助剤を、下記一般式(1)で示される構成単位をポリビニルアルコールのモノマーユニットあたり0.1〜10モル%含有し、鹸化度が15〜70モル%であるポリビニルアルコール系重合体(A)を含有するものとする。(但し、Rはアルキル基を表す。)。

    懸濁重合用分散助剤及びそれを用いるビニル系重合体の製造方法

  19. 【課題・解決手段】このダイシングダイボンディングシートは、基材と、前記基材上に形成された粘着剤層と、前記粘着剤層上に形成された中間層と、前記中間層上に形成されたフィルム状接着剤と、を備えており、前記中間層は樹脂製であり、前記中間層の前記フィルム状接着剤を備えている側の界面は剥離処理されており、前記中間層の引張弾性率は3500MPa以上である。

    ダイシングダイボンディングシート、及び半導体チップの製造方法

  20. 農業及び園芸等の作物生産において、害虫等による被害は今なお大きく、既存薬に対する抵抗性害虫の発生等の要因から新規な農園芸用殺虫剤の開発が望まれている。本発明は、一般式(1):【化1】R1及びR4が、水素原子;であり、R2及びR3がハロゲン原子;であり、R5が、ハロアルキル基;であり、Ra、Rb及びRcが、水素原子;であり、A1がCH基、A2が、窒素原子であり、A3がN...

    N‐アルキルスルホニルインドリン化合物及び該化合物を含有する農園芸用殺虫剤並びにその使用方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. ...
  13. 5168