キレート剤 に関する公開一覧

キレート剤」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「キレート剤」の詳細情報や、「キレート剤」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「キレート剤」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(70,416件中)1/3,521ページ目

  1. 【課題・解決手段】水溶性の中性ポリマーを表面に吸着させた酸化アルミニウムを担体として使用することで、少量の体液試料からセルフリーDNAを効率よく回収することを可能とする。

    セルフリーDNAの回収方法

  2. 【課題・解決手段】本発明は、特定の二環式含窒素複素環化合物のPDE7阻害剤としての新規用途ならびにPDE7阻害作用を有する新規二環式含窒素複素環化合物、その製造方法およびその使用、ならびに前記PDE7阻害剤または化合物を含有する医薬組成物等を提供する。具体的には、本発明は、式(I):〔式中、記号は明細書に記載の意味を有する。〕で表される化合物またはその薬理的に許容し得...

    二環式含窒素複素環化合物

  3. 【課題・解決手段】支持体と画像記録層を有する平版印刷版原版であって、上記画像記録層は赤外線レーザー露光によって画像形成可能であり、上記画像記録層の未露光部は印刷機上で湿し水及び印刷インキの少なくともいずれかにより除去可能であり、上記画像記録層が、(1)赤外線レーザー露光によって生じる色相変化がΔa/Δb≧0.6である発色系、及び、(2)熱可塑性ポリマー粒子を上記画像記...

  4. 【課題・解決手段】ゲノム編集効率、特にT1世代以降におけるゲノム編集効率がより高い植物ゲノム編集技術を提供すること。RPS5Aプロモーター、及び該プロモーターの制御下に配置されたCasタンパク質コード配列を含む、ポリヌクレオチドを用いる、植物ゲノム編集技術。

    Casタンパク質発現カセット

  5. 【課題】本発明の課題は、半導体デバイス用の処理液であって、残渣物除去性能の経時安定性に優れ、且つ、処理対象物に対する腐食防止性能にも優れた処理液を提供することである。また、上記処理液を用いた基板の洗浄方法、及び、半導体デバイスの製造方法を提供することである。本発明の処理液は、半導体デバイス用の処理液であって、ヒドロキシルアミン及びヒドロキシルアミン塩からなる群より選ば...

    処理液、基板の洗浄方法、半導体デバイスの製造方法

  6. 【課題・解決手段】表面欠陥の低減に有効な研磨用組成物を提供する。本発明により提供される研磨用組成物は、砥粒、水溶性高分子および塩基性化合物を含む。上記水溶性高分子は、下記条件(1),(2)の両方を満たすポリマーAを含む。(1)一分子中にビニルアルコール単位および非ビニルアルコール単位を含む。(2)[(C1−C2)/C1]×100により算出される吸着パラメータが5以上で...

  7. 【課題・解決手段】本発明に係るインクジェット3D造形用光硬化性サポート材組成物は、イオン性基と対イオンとを含有する水溶性エチレン性不飽和単量体と、光重合開始剤とを含んでいる。上記イオン性基は、カルボン酸基、リン酸基、及びスルホン酸基からなる群から選択された少なくとも1つであることが好ましい。上記対イオンは、ナトリウムイオン、カリウムイオン、及びアンモニウムイオンからな...

  8. 【課題・解決手段】使用前の保存時にカプセルが破砕されず、皮膚上に適用後、手指で磨り潰したときにカプセルが容易に破砕されるとともに、カプセル皮膜のゲルの残渣が皮膚上に残留しない又はカプセル皮膜のゲルの残渣が減少する油状成分を内容物とするカプセルを提供することを課題とする。油状成分を内容物とする、寒天皮膜の乾燥工程を経ない寒天皮膜カプセルであって、前記寒天皮膜にシリカが配...

  9. 【課題・解決手段】本発明の課題は、有機溶媒の経時安定性に優れ、且つ、欠陥抑制性にも優れた溶液を提供することにある。また、本発明の他の課題は、上記溶液を収容した溶液収容体、上記溶液を含有する感活性光線性又は感放射線性樹脂組成物、並びに、上記溶液を用いたパターン形成方法及び半導体デバイスの製造方法を提供することにある。本発明の溶液は、有機溶媒と、安定化剤と、を含有する溶液...

  10. 【課題・解決手段】従来は導電性を向上させるには導電性粒子を多く添加する必要があり、多く添加すると初期粘度が高くなると共に保存安定性を安定化させることが困難であった。しかし、本発明では、モノマーを選定することで導電性粒子を多く添加してなくても導電性を向上させると共に、特定の導電性粒子を使用することで保存安定性を安定化できる。(A)〜(D)成分を含む熱硬化型導電性接着剤;...

  11. 【課題・解決手段】要約 抗サイログロブリン抗体の干渉の影響を受けることなく、単独検査でより正確なサイログロブリン量を測定可能な、サイログロブリンの測定方法及び測定試薬が開示されている。サイログロブリンの測定方法は、生体から分離された試料と、界面活性剤及び酸性化剤のいずれか又は両方を含む前処理液とを混和する前処理工程を含み、生体から分離された試料中のサイログロブリンを...

    サイログロブリンの測定方法及び測定試薬

  12. 【課題・解決手段】本発明の課題は、安定性に優れた有機溶剤を得ることができ、かつ、半導体デバイスの欠陥発生を抑制できる有機溶剤の精製方法、および、有機溶剤の精製装置を提供することを目的とする。本発明の有機溶剤の精製方法は、安定化剤を含有する有機溶剤を蒸留して、上記有機溶剤中の上記安定化剤を減少させて、上記有機溶剤中の上記安定化剤の含有量を0.1〜30質量ppmにする蒸留...

    有機溶剤の精製方法および有機溶剤の精製装置

  13. 【課題・解決手段】要約 試料の種類や他成分の有無に関わらず、試料に含まれる心筋トロポニン量をより正確に測定し得る、心筋トロポニンの測定方法及び測定試薬が開示されている。心筋トロポニンの測定方法は、生体から分離された試料と、界面活性剤及び酸性化剤のいずれか又は両方を含む前処理液とを混和する前処理工程を含み、生体から分離された試料中の心筋トロポニンをイムノアッセイにより...

    心筋トロポニンの測定方法及び測定試薬

  14. 【課題・解決手段】本発明の課題は、メタルハードマスクおよびこれの残渣物の除去性に優れつつ、絶縁膜のエッチングを抑制できる処理液、および、積層体の処理方法を提供することである。本発明の処理液は、半導体デバイス用の処理液であって、含フッ素化合物と、複素環基を有さずベンゼン環を有する水溶性芳香族化合物と、を含有し、pHが5以下である。

    処理液および積層体の処理方法

  15. 【課題・解決手段】メタルハードマスクおよびこれの残渣物の除去性に優れつつ、エッチング停止層のエッチングを抑制できる処理液、および、積層体の処理方法を提供する。処理液は、半導体デバイス用の処理液であって、含フッ素化合物と、金属イオンと、を含有する。

    処理液、および積層体の処理方法

  16. 【課題】簡便・安全で精度の高い衛生材料または吸収性物品中の吸水性樹脂の含有量の測定方法を提供する。【解決手段】水溶性カチオンをイオン解離性基の形態で有する吸水性樹脂を含む衛生材料、吸収性物品、またはその製造過程の中間製品中の吸水性樹脂の含有量の測定方法において、 A)前記吸水性樹脂の既知量を含む基準試料中の所定の水溶性カチオンの量を測定し、得られた測定結果に基づいて...

    衛生材料、吸収性物品またはその製造過程の中間製品の中に含まれる吸水性樹脂の含有量の測定方法、およびこれを用いた衛生材料または吸収性物品の製造方法

  17. 【課題・解決手段】低粘度と水分散性、乾燥性、耐水性が両立したイソシアネート組成物は、一般式(I)で表されるイソシアネート化合物を含む。一般式(I)中、Aは、活性水素含有親水性化合物とイソシアネート基との反応構造を含む残基であり、mの平均数とnの平均数の和(m+n)は3である。ただし、mは1以上の整数である。Rは、一般式(II)で表される基である。化1】。

    イソシアネート組成物、イソシアネート組成物の水分散体、およびその製造方法、塗料組成物、並びに塗膜

  18. 【課題・解決手段】イソシアネート基平均数が3.1以上20未満であり、ヘキサメチレンジイソシアネートから誘導されるポリイソシアネートと1級アルコールとの反応速度(Vh)に対する、ポリイソシアネート組成物と1級アルコールとの反応速度(Vp)の比(Vp/Vh)が、4以上300未満である、ポリイソシアネート組成物は、乾燥性、塗液の耐ワキ性、塗液の耐タレ性、耐塗膜黄変性に優れる。

  19. 【課題・解決手段】劇症型急性肺炎の予防及び/又は治療に有効な手段を提供することを課題とする。CD69アンタゴニスト、例えばCD69を特異的に認識する抗体(抗CD69抗体)を含む、劇症型急性肺炎を予防及び/又は治療するために使用される薬剤又は医薬組成物、CD69アンタゴニスト、例えばCD69を特異的に認識する抗体(抗CD69抗体)を含む、肺胞内の好中球凝集抑制剤、CD6...

    CD69アンタゴニストを含む劇症型急性肺炎治療用組成物

  20. 【課題・解決手段】本発明は、外観は無色だが、肌や口唇などの体表面に塗布した際に発色する油性メーキャップ化粧料を提供することを課題とする。本発明は、(a)赤色218号及び赤色223号から選ばれる1種又は2種、及び、(b)前記成分(a)と質量比(a):(b)=0.1:100で混合して得られる混合物の500〜600nmの波長領域における吸光度の最大値と最小値の差が0.2以下...

    油性メーキャップ化粧料

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 3521