高温割れ に関する公開一覧

高温割れ」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「高温割れ」の詳細情報や、「高温割れ」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「高温割れ」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(2,070件中)1/104ページ目

  1. 【課題・解決手段】改善された抵抗スポット溶接から形成される溶接、ならびに改善された抵抗スポット溶接の方法を開示する。抵抗スポット溶接は、2つの電極(106A、106B)のうちの少なくとも1つの電極に、複数の電磁石(108A、108B)を有する磁石キャリアを位置決めすることを含む。本方法は、2つの電極の間に第1の金属シート(102)および第2の金属シート(104)を位置...

    電磁石によって強化された抵抗スポット溶接

  2. 【課題】金属炭化物、金属窒化物の析出物量を制御した溶接物の提供。【解決手段】溶接材料によって接合された、第1の金属体と第2の金属体とを含み、前記溶接材料は、Cr:18.0〜22.0重量%、Mn:2.5〜3.5重量%、Fe:3.0重量%以下、N :15ppm〜120ppmまたは200ppm〜1500ppm、およびNi:67重量%以上を含む組成を有する、溶接物。

    融接における金属炭化物/窒化物の析出制御

  3. 【課題】耐食性に優れる積層造形体を提供すること。【解決手段】本発明の積層造形体1は、CrおよびMoを含み、質量比でNiの含有量が最も多いNi基合金からなり、表面の一部または全部に、Crを主体とする酸化膜が形成される。このCrを主体とする酸化膜は、内部に比べてO含有量が多く、かつCr含有量がNi含有量よりも多い領域を有している。この酸化膜は、表面からの厚さが1〜20nm...

    積層造形体および積層造形体の製造方法

  4. 【課題】全姿勢溶接での溶接が可能な耐候性鋼のAr−CO2混合ガスシールドアーク溶接用フラックス入りワイヤを提供する。【解決手段】鋼製外皮にフラックスを充填してなる耐候性鋼のAr−CO2混合ガスシールドアーク溶接用フラックス入りワイヤにおいて、鋼製外皮とフラックスの合計で、C:0.01〜0.08%、Si:0.1〜1.0%、Mn:1.0〜3.0%、Cu:0.2〜0.7%、...

  5. 【課題】 優れた機械的性能の溶接金属が得られ、溶接時のアークが安定しスパッタ発生量が少なく、優れたビード外観が得られるパルスMAG多層盛溶接方法を提供する。【解決手段】C:0.05〜0.20%、Si:0.4〜1.5%、Mn:1.5〜3.0%、Cu:0.05〜0.5%、Ti:0.1〜0.5%、Mo:0.15〜0.50%、B:0.0015〜0.0100%を含有し、Al:...

  6. 【課題】シールドガスとして炭酸ガスを使用し全姿勢溶接での溶接が可能な高張力鋼の炭酸ガスシールドアーク溶接用フラックス入りワイヤを提供する。【解決手段】鋼製外皮にフラックスを充填してなる高張力鋼の炭酸ガスシールドアーク溶接用フラックス入りワイヤにおいて、鋼製外皮とフラックスの合計で、C:0.03〜0.10%、Si:0.45〜0.75%、 Mn:1.8〜3.0%、Ni:...

  7. 【課題】高温で使用されるオーステナイト系耐熱鋼の溶接に用いる、高温での使用開始初期の耐割れ性に優れ、かつ高いクリープ強度を有する溶接金属が得られるオーステナイト系耐熱鋼用溶接材料の提供。【解決手段】質量%で、C:0.03%〜0.10%、Si:0.15%〜0.40%、Mn:0.8%〜2.3%、P:0%〜0.02%、S:0%〜0.003%、Cu:2.0%〜4.0%、Ni:...

  8. 【課題】 裏ビード及び表ビード形状が良好で、スパッタ発生量が少なく、溶接欠陥が無い健全な溶接金属が高能率に得られる3電極片面ガスシールドアーク溶接方法を提供する。【解決手段】 開先角度30〜55°のVまたはY形状の開先裏面に裏当材を当接して片面溶接するに当たって、開先内に鋼粒を被溶接材板厚の1/5〜1/2の高さまで充填し、先行電極ワイヤ、中間電極ワイヤ及び後行電極...

    3電極片面ガスシールドアーク溶接方法

  9. 【課題】溶接金属の低温割れを防止できる厚鋼板の多層盛りアーク溶接方法を提供する。【解決手段】少なくとも第1パスを300kJ/cm以上の大入熱でサブマージアーク溶接を行ない、さらに最終パスまでサブマージアーク溶接または炭酸ガスアーク溶接を順次施して溶接金属を形成し、サブマージアーク溶接によって得られる溶接金属のMo、Cr、V、B、Nの含有量(質量%)をそれぞれ[%Mo]...

    厚鋼板の多層盛りアーク溶接方法

  10. 【課題】急速溶融急冷凝固を伴うプロセスに適しており、かつ優れた特性を有する造形物が得られるFe基金属粉末の提供。【解決手段】造形用金属粉末の材質は、Fe基合金である。このFe基合金は、15.0質量%以上21.0質量%以下のNi、5.0質量%以下のCo、7.0%以下のMo、0.1質量%以上6.0質量%以下のTi、及び0.1質量%以上3.0質量%以下のAlを含む。この合金...

  11. 【課題】 本発明の目的は、熱処理による変形を抑制することができるようにする、或いは溶接高温割れを生じ難いようにして信頼性を高めた接合構造又は高圧燃料供給ポンプを提供することにある。【解決手段】 オーステナイト系ステンレスの接合部材及び被接合部材がレーザー溶接によって接合される接合構造において、接合部材及び被接合部材のうち少なくともいずれか一方の部材が熱処理を施され...

    接合構造及びその接合構造を備えた高圧燃料供給ポンプ

  12. 【課題】 交流及び直流溶接電源の両方において、強度及び靭性に優れた溶接金属が得られ、耐溶接欠陥性及び耐高温割れ性に優れ、全姿勢溶接で溶接作業性が良好なオーステナイト系ステンレス鋼溶接用被覆アーク溶接棒を提供する。【解決手段】 心線と被覆剤の一方または両方で、心線質量比でC:0.04%以下、Si:0.3〜1.0%、Mn:2〜5%、Ni:9〜12%、Cr:18〜24%...

  13. 【課題】還元性/浸炭/硫化環境下であっても、高い耐酸化性と優れた高温強度、そしてσ相析出や475℃脆性を抑制可能とする優れた組織安定性を兼備したフェライト系ステンレス鋼溶加材を提供する。【解決手段】溶加材全質量に対する質量%で、Cr:12.0〜16.0%、C:0.020%以下、Si:0.60〜2.50%、Mn:0.30%以下、P:0.020%以下、S:0.0030%以...

    フェライト系ステンレス鋼溶接用溶加材

  14. 【課題】コストを抑えながら弁体の耐食性を向上させることを可能とした弁部品及びその製造方法を提供することにある。【解決手段】弁部品30は、金属製の弁体5を金属製の弁軸6の先端部に固定する。弁体5は、略円錐台形状をなし、貫通孔5a、外周面5b、上底面5c及び下底面5dを含み、下底面5dが上底面5cより大きい外径を有する。弁体5の貫通孔5aに弁軸6の先端部が挿入され、弁体5...

    弁部品及びその製造方法

  15. 【課題】高速アーク溶接時にビード形状及び外観に優れ、スラグ巻き込みがなく、上向き姿勢の溶接でも垂れが生じない、新規な高速溶接用フラックス入りワイヤを提供する。【解決手段】高速溶接に用いられる焼成型のサブマージアーク溶接用フラックスであって、質量分率での含有量がCaF2:10.0〜20.0%、MgO:8.0〜15.0%、Na2O及びK2Oの合計:2.1〜3.5%、MnO...

    サブマージアーク溶接用フラックス

  16. 【課題】溶融金属の垂れ落ち、スパッタ発生量、スラグ垂れ落ち及びアーク安定性の溶接作業性、並びにビード形状及びスラグ剥離性の全ての性能がバランスよく優れた、全姿勢溶接に好適であるガスシールドアーク溶接用のフラックス入りワイヤを提供する。【解決手段】鋼製外皮にフラックスが充填されたガスシールドアーク溶接用のフラックス入りワイヤは、ワイヤ全質量あたり、TiO2、Al2O3、...

  17. 【課題】良好な引張強度を有し、溶接作業性と低温靱性に優れるフラックス入りワイヤの提供。【解決手段】フラックス入りワイヤは、鋼製外皮と外皮に内包されるフラックスとを有する。ワイヤはその全質量中の各成分の含有率が、Fe:83.0%以上93.0%以下、TiO2:5.0%以上7.0%以下、Si:0.2%以上1.0%以下、C:0.02%以上0.10%以下、Mn:1.0%以上3....

  18. 【課題】固体酸化物形燃料電池の集電部材などの高温に曝される用途に十分対応できるような、クロム被毒の防止性能を有するステンレス鋼部材を提供すること。【解決手段】Cr:11〜40質量%を含有するフェライト系ステンレス鋼を基材とし、該基材上に形成された被膜として、最表面にCo酸化物を含む層を有すると共に、該Co酸化物を含む層よりも前記基材側にCoWO4を含む層を有する、厚さ...

    耐熱性の被覆層ないし被膜を有するステンレス鋼部材およびその製造方法

  19. 【課題】表面凹凸の高さと波長を考慮した厳しい基準で評価される極めて優れた耐リジング性、および良好な加工性を両立したフェライト系ステンレス鋼板を提供する。【解決手段】Cr:11.00〜19.00%、Al:0.050〜0.200%、Ti:0.050〜0.180%の1種以上、およびB:0.0020〜0.0100%を含有し、γmax値が20.0〜43.0であり、Ar1点が約8...

    フェライト系ステンレス鋼板およびその製造方法

  20. 【課題】母材となるフェライト系ステンレス鋼板の熱影響部における、腐食孔の発生・成長を効果的に抑制する。【解決手段】第1フェライト系ステンレス鋼板(2)と第2フェライト系ステンレス鋼板(2)とを少なくとも含む溶接構造体(1)であって、第1フェライト系ステンレス鋼板(2)と第2フェライト系ステンレス鋼板(2)との間に、オーステナイト単相組織のステンレス鋼の溶接金属部(3)...

    フェライト系ステンレス鋼板の溶接構造体および溶接方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 104