風味 に関する公開一覧

風味」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「風味」の詳細情報や、「風味」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「風味」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(51,150件中)1/2,558ページ目

  1. 【課題】 大豆由来粉を生地原料に含む焼き菓子類を製造するにあたり、好ましくない大豆臭が抑制され、且つケーキ類又はクッキー類等に適した良好な風味を有する焼き菓子類を提供する。【解決手段】 大豆由来粉を配合して生地を調製する工程を含む焼き菓子の製造方法において、前記大豆由来粉として、成分(A):きな粉以外の大豆由来粉、及び、成分(B):きな粉、を配合する。また、前記製...

  2. 【課題】乳酸菌粉末を含有する、pHが4.6を超える飲料について、好ましくは飲料のスッキリ感や後味の良さを維持しつつ、乳酸菌に由来する飲料の培地臭を抑制する。【解決手段】乳酸菌粉末と、20000ppb未満のヌートカトン、50000ppb未満のリナロール、および50000ppb未満のバレンセンからなる群より選ばれる少なくとも1種とを含有する、pHが4.6を超える飲料。

  3. 【課題】老齢動物の硬い食肉を、従来のアルカリ剤型軟化剤よりも軟らかくする老齢動物の食肉軟化剤の提供。【解決手段】アルカリ剤及び糖アルコールを、アルカリ剤100質量部に対し糖アルコールを90〜200000質量部の割合で含む、老齢動物の食肉軟化剤。好ましくは、糖アルコールがソルビートである、食肉軟化剤。アルカリ剤及び糖アルコールを接触させておく工程が、これらを含む水溶液、...

  4. 【課題】 マンゴーの風味を効果的に増強できるマンゴー風味増強用組成物およびマンゴー風味が増強された飲食物の製造方法を提供する。【解決手段】 単糖および2糖の合計が47質量%以上の糖組成である還元水飴を有効成分とする、マンゴー風味増強用組成物ならびにこれを用いるマンゴー風味が増強された飲食物の製造方法。本発明によれば、濃厚な甘味や独特の芳香といったマンゴーの風味が増...

  5. 【課題】廃棄ロスを抑制し、短期間で熟成肉を製造することができるようにした熟成肉の製造方法、熟成肉の製造装置及び熟成肉製造用チャンバの提供。【解決手段】熟成肉の製造方法は、真空引きされる雰囲気中に食肉Mを置く工程と、真空引きされる雰囲気内を0〜10℃の温度とする工程と、真空引きされる雰囲気を高真空とする工程とを含む熟成肉の製造方法。食肉を0〜10℃の温度で冷蔵する熟成肉...

    熟成肉の製造方法、熟成肉の製造装置及び熟成肉製造用のチャンバ

  6. 【課題】冷凍〜冷蔵の温度帯での保存、流通及び/又は販売に適し、品質の良好な衣付き揚げ物を提供可能なフローズンチルド衣材付き具材の製造方法及びフローズンチルド衣付き揚げ物の製造方法を提供すること。【解決手段】本発明のフローズンチルド衣材付き具材の製造方法は、1)ローカストビーンガムを含む衣材を具材に付着させて得た衣材付き具材を凍結させる冷凍工程と、2)凍結した前記衣材付...

  7. 【課題】湯伸びを防止して、強い粘弾性と豊かな風味を長時間において保持することができる麺の品質改良剤、麺、および麺の製造方法を提供することを目的とする。【解決手段】麺の品質改良剤として、水100重量部に対して、有機酸が略3.36×10−1〜5.04×10−1重量部、糖類が略4.80×10−2〜7.20×10−2重量部、食塩が略9.60×10−2〜1.44×10−1重量部...

  8. 【課題】細胞レベルでの総合的な脂肪代謝を効果的に改善する脂肪代謝改善剤を提供すること、当該脂肪代謝改善剤の製造方法を提供すること、また、当該脂肪代謝改善剤を含有する組成物、成形体を提供すること。【解決手段】本発明の脂肪代謝改善剤は、バラ花弁抽出物を有効成分として含有することを特徴とする。前記バラ花弁抽出物は、バラ科バラ属に属する植物からの抽出物であることが好ましい。前...

    脂肪代謝改善剤、脂肪代謝改善剤の製造方法、組成物および成形体

  9. 【課題】 本発明は、塩化ナトリウムの使用量を抑えつつも、調理感が良好で、外観(色相)も同品質の即席麺を製造するために用いられる麺線、及び当該麺線を用いた即席麺の製造方法を提供することを目的とする。【解決手段】 本発明者らは、麺線に塩化ナトリウムに代えて塩化マグネシウムを加え、更に還元糖を加えることにより、その後の即席麺の製造工程で好適な調理感や外観が付与されること...

  10. 【課題】 本発明は、充分な塩味と食感を有しつつ、苦味が抑制された塩化マグネシウム含有即席麺を製造することを目的とする。【解決手段】 本発明者らは、塩化マグネシウムを麺線の製造後に添加することで、塩化マグネシウムを麺線の外側に分布させると共に、かんすいと塩化マグネシウムの反応を抑制し、効率よく塩化マグネシウムの塩味を発現させることに成功した。さらに、具体的なメカニズ...

  11. 【課題】汎用の有機溶剤に対する溶解性が良好で、かつ金属密着性に優れ、耐レトルト性に優れ、特に食品、飲料缶に適した塗膜を与えるポリエステル樹脂及び塗料用樹脂組成物を提供する。【解決手段】ジカルボン酸成分とグリコール成分からなるポリエステル樹脂であって、グリコール成分の60モル%以上が2−メチル−1,3−プロパンジオールであり、酸価が20mgKOH/g以上、ガラス転移温度...

  12. 【課題】原材料の成分比率を維持しつつ、簡便に摂取することができ、経口摂取に優れた阿膠含有粉末、これを含む錠剤及び食品、並びに阿膠含有粉末の製造方法を提供すること。【解決手段】質量平均分子量が10000〜500000である阿膠と、多糖類、オリゴ糖類、単糖類、および糖アルコールからなる群から選ばれる少なくとも1種を含む包括剤と、を含み、阿膠に対する包括剤の含有率が質量比で...

  13. 【課題】作り方が簡単でお粥の製造時間を短縮させることができる、インスタントお粥の製造方法の提供。【解決手段】水に昆布、ダイコン、玉ネギ、及び白ねぎを混合して60分乃至70分間加熱して肉水を製造する段階と、前記肉水に海老、カキ、イカ、イガイ、ニラ、塩、及びごま油を混合して10分乃至15分間加熱して肉水混合物を製造する段階と、前記肉水混合物にメイン材料を混合して20分乃至...

  14. 【課題】海苔の品質を向上させたバラ干し海苔製造装置の提供。【解決手段】バラ干し海苔製造装置のほぐし装置23は、搬送部と、第1回転体231と、第2回転体232と、を有し、搬送部は、搬送面221に載置された海苔を搬送し、第1回転体は、円筒形状に形成され、放射方向に延びるブラシを有し、当該ブラシの先端が、搬送面に近接する位置を通過するように配置され、搬送部の搬送方向に回転し...

    バラ干し海苔製造装置

  15. 【課題】フライ油脂の劣化を防止するフライ調理方法及びシリコーンオイル含有油脂の劣化抑制方法の提供。【解決手段】フライ油脂としてシリコーンオイル含有油脂を用い、フライ油脂表面を強制冷却する、フライ調理方法。前記強制冷却を、フライ時及び/又はフライ前後のフライ油脂の加熱時に行うことが好ましい。さらに、シリコーンオイル含有油脂の加熱時において、シリコーンオイル含有油脂の表面...

    フライ調理方法及びシリコーンオイル含有油脂の劣化抑制方法

  16. 【課題】認知機能を向上、維持および/または改善する組成物の提供。【解決手段】本発明によれば、紅茶香気成分を有効成分として含んでなる、認知機能の向上、維持および/または改善に用いるための組成物が提供される。紅茶香気成分は、ゲラニオール、リナロールオキシドおよび2−フェニルエタノールからなる群から選択される少なくとも1種とすることができる。本発明の組成物は、気道を介した吸...

    認知機能向上用組成物

  17. 【課題】熱処理、特に熱処理中の熱、水分分布及び除湿の改善された監視と制御を可能にする、バルク食品製品の熱処理のための方法の提供。【解決手段】バルク食品製品、特に、カカオ、ナッツ、コーヒー、種子、穀類、麦芽、ピーナッツ、ブラン、グレーン、又はひまわり種のような脂肪種子の、熱処理、特に焙煎を実施する方法であって、食品製品を、熱処理のための予め設定された温度にさらし、熱処理...

    バルク食品製品の熱処理

  18. 【課題・解決手段】本発明は、液体希釈剤(3)の添加によって発酵ターゲット飲料をその場で生成するためのパーツキットであって、(c)濃縮飲料抽出物を収容する第1のチャンバ(1)と、(d)第1のチャンバから流体的に分離される第2のチャンバ(2)であって、少なくとも80体積%の純度のエタノールを収容する第2のチャンバ(2)とを含むパーツキットにおいて、第2のチャンバのエタノー...

    液体希釈剤の添加によって発酵ターゲット飲料をその場で生成するためのキット

  19. 【課題・解決手段】電力供給源(40)と、エアロゾル発生物品(50、60)を受けるためのくぼみ(14)と、くぼみ(14)の中に位置付けられた複数の半導体ヒーター(22)とを備えるエアロゾル発生装置(10)が提供されている。各々の半導体ヒーター(22)は、基板層(32)と、基板層(32)の上に提供された加熱層(36)とを備え、加熱層(36)は連続的な層である。エアロゾル発...

    半導体ヒーターを備えるエアロゾル発生装置

  20. 【課題・解決手段】式I式中X、Y、R1およびR2が、請求項1に指し示される意味を有する、で表される化合物は、ピルバートデヒドロゲナーゼキナーゼ(PDHK)のインヒビターであり、なかでも、がんなどの疾患の処置のために採用され得る。

    ピペリジニル誘導体

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 2558