非経口 に関する公開一覧

非経口」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「非経口」の詳細情報や、「非経口」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「非経口」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(91,304件中)1/4,566ページ目

  1. 【課題】アポリポタンパク質A1又はトランスサイレチンの産生を促進する物質の提供。【解決手段】クロロゲン酸類又はその塩を有効成分とするアポリポタンパク質A1又はトランスサイレチン産生促進剤。クロロゲン酸類又はその塩を有効成分とする血中アポリポタンパク質A1又はトランスサイレチン濃度上昇剤。

  2. 【課題】本発明は、疲労感の軽減、または凝りの改善に効果的な組成物および剤を提供することを目的とする。【解決手段】本発明は、ケルセチン配糖体を有効成分として含有する、疲労感軽減用または凝り改善用組成物に関する。

    疲労感軽減用または凝り改善用組成物

  3. 【課題】UCP発現促進作用を示す薬剤及び飲食品を提供すること。【解決手段】ロフェノール化合物及びシクロラノスタン化合物からなる群から選択される1又は2以上の化合物を有効成分とする、UCP発現促進剤。

  4. 【課題】CA−IXを標的とした低分子薬剤であって、特異性が高く、クリアランスが速く、がんの診断及び治療に使用でき、更にはがんのセラノスティクスにも応用できる薬剤を提供する。【解決手段】 下記一般式(2)で示される化合物。【化1】(式中、M3+は3価の金属元素である。)。

    がんの診断及び治療用放射性薬品

  5. 【課題】安全性が高く、継続的に摂取が可能な概日リズム調節剤を提供する。【解決手段】特定のトリテルペン類を有効成分とすることにより上記課題を解決する。

    概日リズム調節剤

  6. 【課題】アネキシンA5の新たな用途を提供する。【解決手段】アネキシンA5タンパク質の産生促進剤、アネキシンA5タンパク質又はアネキシンA5タンパク質誘導体を有効成分として含有するインスリン分泌刺激剤。

    インスリン分泌刺激剤

  7. 【課題】高脂血症又は脂肪肝疾患の予防又は治療用組成物及び肝臓保護用組成物の提供。【解決手段】化学式1で表されるプロテクチンDX又はこれの薬学的に許容可能な塩。それらを有効成分として含む、組成物。【効果】プロテクチンDXを含む組成物は、0PR150発現を増加させ、ERストレスを減少させて肝細胞内の中性脂肪蓄積減少及び肝臓重量を減少させたばかりでなくHFD食餌マウス血清の...

    プロテクチンDXを有効成分として含有する高脂血症又は脂肪肝疾患の予防又は治療用組成物

  8. 【課題】眼精疲労の改善、又は目のピント調節力低下の改善に効果的な組成物および剤の提供。【解決手段】ケルセチン配糖体を有効成分として含有する組成物。ケルセチン配糖体がα−グルコシルルチン、好ましくは、α−モノグルコシルルチンである組成物。

    眼精疲労改善用または目のピント調節力低下改善用組成物

  9. 【課題】酵素活性が高い状態で酵素を含む乾燥藍葉を提供すること、該乾燥藍葉を効率よく製造する方法を提供すること。染毛、染色用、沈殿藍用または藍顔料に適した乾燥藍葉を提供すること。医薬品用、化粧品用、石鹸用、染色用、または機能性食品用の沈殿藍または藍顔料を提供すること。【解決手段】生藍葉のマイクロ波乾燥あるいは熟成乾燥方法において、マイクロ波照射により生藍葉中の酵素の活性...

    マイクロ波乾燥あるいは熟成乾燥藍葉の製造方法、装置およびその用途

  10. 【課題】広範なタンパク質について、濃縮可能でありかつ安定性が高いタンパク質複合体を含有する水性懸濁剤を提供する。【解決手段】緩衝液中で表面電荷を有するタンパク質とポリアミノ酸とが複合体を形成して懸濁する水性懸濁液で、前記複合体含有水性懸濁液から少なくとも一部の水分を除去することにより前記タンパク質の濃縮が可能であり、前記複合体中で、前記タンパク質が振とうストレス耐性、...

    タンパク質水性懸濁剤

  11. 【課題】新ペプチド修飾剤およびその調製方法を提供すること。【解決手段】本発明は、式(1){式中、aは1〜10、より好ましくは1〜3の整数であり;bは0〜7の整数であり;Zは末端基であり、およびYは二価の基である}のペプチド修飾剤化合物またはその塩に関する。本発明の更なる態様は、式(1)の化合物の調製における中間体、およびペプチド誘導体の合成における式1の化合物の使用に関する。

  12. 【課題】増殖性疾患の処置において使用できる化学修飾された哺乳類サイトカインタンパク質類を同定する。【解決手段】本発明は、腫瘍を有効な量のペグ化インターロイキン−10(PEG−IL−10)に接触させるステップを含む、腫瘍または癌の増殖を阻害または減少させる方法を提供する。一実施形態においては、PEG−IL−10は、モノ−PEG−IL−10である。PEG−IL−10には、...

  13. 【課題】補助的免疫抑制処置を行わないMAPC療法の提供。【解決手段】本発明は、補助的な免疫抑制処置の必要がないMAPCsによる種々の損傷、障害、機能不全及び疾患などの治療に関する。本発明は、(i)胚幹細胞、胚生殖細胞、及び生殖細胞ではなく;(ii)内胚葉性、外胚葉性及び中胚葉性の胚系統の少なくとも2種それぞれの少なくとも1種の細胞型に分化することができ;そして(iii...

    補助的免疫抑制処置を行わないMAPC療法

  14. 【課題】ロキソプロフェン又はその塩と、相互作用性成分との間の相互作用が抑制された医薬組成物の提供。【解決手段】次の成分(A)、(B)及び(C):(A)ロキソプロフェン又はその塩(B)カフェイン(C)ケイ酸アルミン酸マグネシウム、及びメタケイ酸アルミン酸マグネシウムからなる群より選ばれる1種以上を含有する、解熱鎮痛用の固形製剤である医薬組成物。

  15. 【課題】GI管内に薬物および他の治療剤を送達するための嚥下可能なデバイス、製剤および方法を提供すること。【解決手段】多くの実施形態は、上記剤を送達するための嚥下可能なデバイスを提供する。特定の実施形態は、薬物を腸壁または他のGI管腔に送達するためのカプセルなどの嚥下可能なデバイスを提供する。実施形態はまた、カプセル内に収容され、該カプセルから腸壁に進入させられ、そして...

    嚥下可能な薬物送達デバイスを用いる腸管の内腔へ送達するための治療剤製剤

  16. 【課題・解決手段】本開示は、Aベータで特定された立体配座エピトープを含めたN末端エピトープ、それに対する抗体ならびに免疫原およびそれに特異的な抗体を作製および使用する方法に関する。

    アミロイドベータのN末端エピトープおよびそれに対する立体配座選択的抗体

  17. 【課題・解決手段】本開示は、Aベータで特定された立体配座エピトープを含めたエピトープ、それに対する抗体ならびに免疫原およびそれに特異的な抗体を作製および使用する方法に関する。

    アミロイドベータのエピトープおよびそれに対する立体配座選択的抗体

  18. 【課題・解決手段】IDH1変異またはIDH2変異を持つ患者においてがんを処置するための、方法および組成物が提供される。一実施形態では、治療有効量の変異IDH1阻害剤を対象に投与することによって、血液悪性腫瘍を処置する方法が本明細書で提供され、ここで血液悪性腫瘍は、IDH1の変異対立遺伝子の存在、およびRAS変異、例えばNRAS変異またはKRAS変異の非存在によって特徴...

    悪性腫瘍の処置の方法

  19. 【課題・解決手段】本発明は、抗ミオスタチン抗体およびそれを使用する方法を提供する。いくつかの態様において、本発明の単離された抗ミオスタチン抗体は成熟ミオスタチンに結合し、細胞への該抗体の取り込みは、抗原と複合体形成した場合に増強される。本発明はまた、本発明の抗ミオスタチン抗体をコードする単離された核酸を提供する。本発明はまた、本発明の核酸を含む宿主細胞を提供する。本発...

    抗ミオスタチン抗体および使用方法

  20. 【課題・解決手段】本開示は、条件付活性ヘテロ二量体ポリペプチドを提供する。条件付活性ヘテロ二量体ポリペプチドは、ヘテロ二量体のポリペプチドの二量体化を誘導する二量体化物質の存在下で活性である。本開示の条件付活性ヘテロ二量体ポリペプチドは、様々な研究及び治療法に有用であり、それらの方法も提供される。

    条件付活性ヘテロ二量体ポリペプチド及びその使用方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 4566