非経口 に関する公開一覧

非経口」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「非経口」の詳細情報や、「非経口」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「非経口」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(89,235件中)1/4,462ページ目

  1. 【課題】(R)または(S)−N−(4−シアノ−3−(トリフルオロメチル)フェニル)−3−(4−シアノフェノキシ)−2−ヒドロキシ−2−メチルプロパンアミドの固体形態およびその調製方法に関する。【解決手段】一態様では、本発明は(R)または(S)−N−(4−シアノ−3−(トリフルオロメチル)フェニル)−3−(4−シアノフェノキシ)−2−ヒドロキシ−2−メチルプロパンアミド...

    選択的アンドロゲン受容体調節因子の固体形態

  2. 【課題】TDF様受容体の機能的モジュレーターとして作用する分子を設計、同定、および製造する際に有用な、構造に基づく方法および組成物を提供する。【解決手段】特定のアミノ酸配列を有する組織分化因子関連ポリペプチド(TDFRP)化合物、並びに、これらのポリペプチドの変種、類似体、相同体、または断片、ならびにこれらに関連する低分子。薬学的に許容される担体を伴うかまたは伴わない...

    TDF関連化合物およびその類似体

  3. 【課題】Haemophilus influenzae(NTHi)の類型不能株の遺伝子およびその使用を提供すること。【解決手段】本発明は、Haemophilus influenzae(NTHi)の類型不能株のポリヌクレオチド配列、そのポリヌクレオチドによってコードされるポリペプチドならびにその使用に関する。本発明はまた、中耳または鼻咽頭のNTHi感染の間またはその感...

    類型不能HAEMOPHILUSINFLUENZAEの中耳炎単離株の遺伝子

  4. 【課題】抗原結合分子の薬物動態を向上する方法、抗原結合分子の抗原への結合回数を増やす方法、薬物動態が向上した抗原結合分子、抗原結合分子の抗原への結合回数が向上した抗原結合分子、および、それらの製造法等の提供。【解決手段】抗原に対するpH5.8でのKDとpH7.4でのKDの比であるKD(pH5.8)/KD(pH7.4)の値が2以上である抗原結合分子。抗原結合分子のpH5...

    複数分子の抗原に繰り返し結合する抗原結合分子

  5. 【課題】細胞分化シグナル伝達タンパク質Nell1ならびにその機能的誘導体を使用することによる心臓血管障害の治療的処理を提供する。【解決手段】Nell1が心臓および血管の適切な形成を促進することによる正常な心臓血管の発達に必須であることが、本発明に従って確認されている。したがって、本発明は、Nell1タンパク質または核酸分子を使用することにより心臓血管障害を治療するため...

    細胞分化シグナル伝達タンパク質NELL1を用いた心臓血管障害の治療

  6. 【課題】補体タンパク質B因子に結合し、副補体経路を選択的に阻害するモノクローナル抗体およびその抗原結合断片の新規設計型を提供する。【解決手段】本発明は、3番目のショートコンセンサスリピート(「SCR」)領域内のB因子に選択的に結合すると共にC3bBb複合体の形成を防止するマウスモノクローナル抗体1379(「mAb1379」)に由来する人工ヒト抗B因子抗体またはその抗原...

    人工ヒト抗B因子抗体

  7. 【課題】核ホルモン受容体、特にアンドロゲン受容体の機能を調節する一連の化合物を提供すること。【解決手段】本発明は、ヒダントインの化合物、および加齢関連疾患、例えば、前立腺癌などのアンドロゲン受容体関連病態の治療にこのような化合物を用いる方法、ならびにこのような化合物を含有する製薬組成物に関する。一実施形態において、製薬組成物は、式IIに記載の化合物、または薬学的に許容...

    前立腺癌およびアンドロゲン受容体関連病態の治療のためのアンドロゲン受容体の調節剤

  8. 【課題】嚢胞性線維症膜貫通コンダクタンス調節因子(「CFTR」)のモジュレーター、その組成物、およびそれを用いる方法を提供すること。【解決手段】本発明の化合物、およびそれらの薬学的に許容される組成物は、嚢胞性線維症膜貫通コンダクタンス調節因子(「CFTR」)をはじめとするATP結合カセット(「ABC」)トランスポーターのモジュレーターまたはそれらのフラグメントとして有...

  9. 【課題】組換え型VWFを含む安定な医薬製剤を提供すること。【解決手段】本発明は、組換え型VWFの凍結乾燥に有用な製剤を提供し、これは高度に安定な医薬組成物をもたらす。安定な医薬組成物は、組換え型VWFの投与により利益が得られる障害または状態に罹患している個体の処置において治療薬として有用である。一実施形態では、(a)rVWF;(b)1種または複数種の緩衝剤;(c)1種...

    凍結乾燥した組換え型VWF製剤

  10. 【課題】ピリド[4,3−b]インドール化合物を提供すること。【解決手段】本開示は、剛性の部分を有するピリド[4,3−b]インドールを対象とする。一実施形態において化合物は、不飽和の炭化水素部分を有するピリド[4,3−b]インドールである。別の実施形態において化合物は、シクロアルキル、シクロアルケニルまたはヘテロシクリル部分を有するピリド[4,3−b]インドールである。...

    剛性の部分を有するピリド[4,3−b]インドール

  11. 【課題】収率を改善し、結晶性形態で化合物を与えることができる合成のための新規方法の提供。【解決手段】本発明は、ナトリウム−依存性グルコース共輸送体SGLTに阻害効果を有する化合物の精製に有用な複合体の製造方法を提供する。該方法により、典型的には結晶形態で与えられる該方法により形成される標的化合物および複合体を得るのに必要とされる工程を大幅に減少することができる。

    SGLT2阻害剤の製造方法

  12. 【課題】少ない量のスクアレンを含むインフルエンザワクチンの提供。【解決手段】インフルエンザワクチンは、少なくとも1つのインフルエンザAウイルス株および少なくとも1つのインフルエンザBウイルス株に由来する血球凝集素を含む。それらは、スクアレンを含むサブミクロンの油滴を有する水中油型エマルジョンアジュバントも含む。一部の実施形態では、血球凝集素濃度は、1株につき>12μg...

  13. 【課題】対象者の知能を向上させる薬剤を製造する。【解決手段】本発明に係る方法は、対象者の知能を向上させる薬剤を製造するための(a)オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸、又はその組み合わせ、(b)ウリジン、そのアシル誘導体、ウリジン・リン酸又はCDPコリン、及び、(c)コリン又はコリン塩の使用であって、前記薬剤は、前記ウリジン、そのアシル誘導体、ウリジン・リン酸又はCDPコリ...

    PUFAを含有する組成物及びそれを使用した方法

  14. 【課題】患者のための治療成績を改善するADHFの治療を提供すること【解決手段】本開示は、治療の必要な被験体に治療的有効量のAICAリボシド類似体またはその薬学的に許容される塩もしくはプロドラッグを投与することにより、急性心不全を治療するための方法および組成物を提供する。本発明によれば、治療の必要な患者にAICAリボシド類似体またはその薬学的に許容される塩もしくはプロド...

    急性心不全の治療のための方法および組成物

  15. 【課題】癌療法のためのABCB5標的化の提供。【解決手段】本発明は、少なくとも部分的には、化学抵抗性のABCB5+腫瘍幹細胞がメラノーマのような癌の発生に寄与し、これらの細胞を標的化して、癌を治療することができるという発見に基づく。ABCB5標的化は、特に、現在難治性の転移性疾患を持つ患者において、播腫性疾患に対する単独型の治療的アプローチとして、または化学治療剤に対...

    癌療法のためのABCB5標的化

  16. 【課題】胃酸関連疾患の治療の新規な製剤の提供。【解決手段】胃酸関連疾患の治療のために経口投与される固体投与形の医薬組成物であって、(i)或る量の、少なくとも1種の腸溶性被覆されていない特定の酸感受性置換ベンゾイミダゾールH+,K+−ATPアーゼプロトンポンプ阻害剤;(ii)前記の量の前記プロトンポンプ阻害剤を、経口投与後に胃酸による酸分解から保護するのに十分な量の重炭...

    新規な置換ベンズイミダゾール投与形態およびそれらの使用方法

  17. 【課題】スリンダク誘導体、その使用及びその調製。【解決手段】シクロオキシゲナーゼ阻害活性をもたないスリンダク誘導体及びそれを含む医薬組成物並びに癌の治療又は予防への使用を提供する。上記スリンダク誘導体は、慢性炎症状態を治療するのにも好適である。また、上記誘導体の調製方法も提供する。

    スリンダク誘導体、その使用及びその調製

  18. 【課題・解決手段】本発明に係る化合物およびEETアゴニストとして働くEET類似体EET類似体を含む組成物は、薬物によって誘導された腎毒性、高血圧、および、他の関連状態の治療における医薬として有用である。また、本発明は、かかる化合物および組成物の製造方法を開示する。

    ポキシエイコサトリエン酸類似体およびその製造方法

  19. 【課題・解決手段】本発明は、免疫療法;がん、感染性障害および/または免疫関連障害の治療;ならびに医薬品開発のための標的として適切なLY6G6Fタンパク質、VSIG10タンパク質、TMEM25タンパク質およびLSRタンパク質に関する。本発明はさらに、可溶性LY6G6F分子、可溶性VSIG10分子、可溶性TMEM25分子および可溶性LSR分子、LY6G6F細胞外ドメイン、...

    免疫関連疾患およびがんの治療のためのポリペプチドおよびポリヌクレオチドならびにそれらの使用

  20. 【課題・解決手段】生物学的サンプル中の第1種のIg−CTFを検出する方法であって、生物学的サンプルを、第1種のIg−CTF又は抗体の抗原結合フラグメントに優先的に結合する第2種の第1抗体に曝露すること、混合物を形成すること、混合物を、第1種のIgに優先的に結合する第3種の第2抗体又は抗原結合フラグメントに曝露すること、及び生物学的サンプル中のIg−CTFを検出することを含む。

    アディポネクチン受容体C末端フラグメント(CTF)免疫グロブリン

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 4462